私の“いのちの声”はどんな声?

2003年8月 岐阜県瑞穂市にて
講師 手塚千砂子 
レポート 椙浦 良子(キッズスクエア瑞穂・理事長)

言葉にならないこころの声を聴く。

そう、心の声が聞こえてきたら、どんなにわかりあうことに近づけるだろう。そして、自分のこころの声も聴くことができたらなら…

自分でも気づかない、いのちの声を聴いてみよう。


“いのちの声”ってどんな声?

 小学4年生から中学2年生までの男女22人。いつも、会のキャンプや高学年部の活動で、いろんな表情を見せてくれる子どもたち。「いのちの声を聴くトレーニング」なんて誘われたけど、実はよくわからない様子。40畳ほどの広い和室で、いつもとは違う雰囲気にちょっと緊張した面もち。ひそひそおしゃべりしている。


会場の明かりがおとされると、障子窓からの自然光。そして、ゆったりした音楽が流れてくる。

「それでは……、ゆっくり、横になって……。

そして…、目を閉じて…。

ゆっくり、深−く息をしてみましょう」

 子どもたちは、てれながらも横になり、自分の身体と心に静かに意識を集中しはじめる。

「今日のからださんは、どうですか?
おなかは痛くないですか?
冷たいところはありませんか?
それとも、気持いい感じですか?」


 子どもたちを自分の“いのちの声”に導くのは、トレーナーの手塚千砂子さん(自己尊重プラクティス協会代表)。

 ゆったり、ゆったりと、途切れることなく、温かなトレーナーの声が部屋の中に満ちてくると、ざわめいていた風が凪ぐかのように、心がしずまっていくのがよくわかる。

 私自身、前日にこの「いのちの声を聴く自己尊重トレーニング」の初級リーダー養成講座を受け、自分のからだと心に向かいあうという体験をした。そして今日は、子どもたちがどんな風に心の声をキャッチし、自分のいのち、他者のいのちに思いをはせるのか、とても興味をもって、そのようすを見守っていた。


深い呼吸から、腰…。脚…。腕…。手足…。

一ヵ所ずつゆらゆらと、ぷらぷらと、リラックスさせながら、トレーナーの確信に満ちた声に心をゆだね、ふだんはあまり意識もしない自分のからだの奥深くをていねいに感じていく。

 自分が昨日やったときは、それほど長い時間に感じなかったのに、見ていると時間はとても長く感じる。ゆっくりと、ほんとにゆっくりと、自分のからだを感じ、からだからの返事を聴く。

「足がちょっとあたたかくなってきた感じ」

「手がじんじんしてきたような…」

「おなかのほうまであったかくなってきた」

「最初は何をするかどきどきしていたけど、落ちついてきた」

 静かな空間に、ほんとうにささやくような声で、素直に自分のからだを感じている子どもたちの声が返ってくる。

自分のからだの声に耳を澄まし、あわただしい生活の中では体験したことのないような、“いのち”の深い確かさと連なろうとする時間の流れ。

「それでは…,右手を左の胸にあててみてください…。

そこには…心臓がありますよ。動いているのが感じられますか?

一日に何回動いていると思いますか?……

だいたい10万回。

みなさんが生まれてから、ずっと、ずっと毎日動きつづけて、新鮮な血液をからだのすみずみにまで送りだしてきた心蔵ですよ…」

 「それでは、左手も重ねて自分を抱きしめるようにして、心臓の鼓動を感じてみてください」

 “からだの声”に耳をすましてきた子どもたちの意識が、ふっと“いのちの声”に届く瞬間。

こんなふうに自分を抱きしめてあげるという経験は自分もなかった。子どもたちだって、学校で「いのちを大切にしよう」なんてかけ声をかけられることはあっても、自分のいのちを、そして、今、生きている自分を愛おしみ、抱きしめていいなんて教えてもらったことがあるだろうか。

 「ずっと動いてくれている心臓さんにありがとうという思いを伝えましょう。心臓さんありがとう、からださんありがとう。

そうするとお返事が返ってきますよ」

 目を閉じたままの子どもにマイクを向けると、

「あったかいのがふ〜っと…」

「スッと、らくになった」

「なんだかいいきもちになった」

 中には、「う〜ん、何もこれといって返事がこないなあ」という子ももちろんいる。でも、トレーナーの、

「お返事がこなかった人も大丈夫。身体はちゃんと感じてくれますよ」

こんな言葉で、不安も和らげてもらいながら、次のスッテプに進む。


自他ほめトレーニング

「こんなに大切な私。
 いいところいっぱいありますね」

自分のいいところ探しが始まる。横になったまま、自分のことを思いおこし、そのあと紙に書くのだが、どんどん書ける子もいるが、迷って迷ってひとつ書き、そこでペンが止まり、またじっと考える子も。
そういう時間が15分。そうだよなあ、ふだん、先生から親から叱られてばっかりって子が、すらすら書けるわけがない。

「OOができる。OOが好き。夢がいっぱいある。

カレーがつくれる。

元気に遊べる。

静かにしているのがすき。…どれもいいところなんですよ」

 そんな励ましの声をかけてもらう。

みんなが書けたところで、丸い輪になり、自分のいいところを一人ひとり発表していく。

「お手伝いをよくする」

「たくさん友達がいる」

「ドッチボールがすき」。

てれたり、無表情を装っても、自分をほめると、キラキラと笑顔がこぼれる子どもたち。

つづいて、今度は隣の人をほめていく。

「いつも元気なところがいいと思います」

「だれにでも優しいところがいい」

「今日は、初めて会ったんだけど、話の聞き方がじょうず」などなど。

 最後に、再び横になり、ゆっくりと深い呼吸。

「自分のいいところを探してみて、友だちのいいところをほめてみてどうでしたか。心の声を聴いてみましょう」。そんな問いかけに、

「なんとなくうれしい感じ」

「なんとなくほっとして、らくになった」

 始まるときにはバラバラだった部屋の空気が、ぽっと熱をもって、ひとつにつながっている。

「自分のいいところをほめたり、友達のいいところをみつけたり、ありがとうっていうメッセージを伝えると、いのちはきらきら輝くんですよ」

 手塚さんのメッセージもまた、きらきらと輝きながら子どもの心の中に染みていく。

 最後に書いてもらった感想の中で多かったのが、

「自分のことをふりかえる時、たくさんのいいところがあってうれしかったです。ほかの人をほめるときも、自分までうれしくなりました」という率直な喜び。

そして、ある中学生は、「最初、いのちの声なんて聴けるのかよくわからなかったし、声なんてだすの? とか思っていました。でも、ワークを体験して、からだやいのちに話しかけてみると、答えがかえってくるような、“あっ、こんなことなんだ“という気がしました。自分が生きているんだっ、ということがすごく実感させられました」と、ストレートな感想をつづる。

 こういうこと、子どもたちの日常には学校でも家でもなかなかないようなあとしみじみ思う。毎日 一緒に生活しているクラスやクラブなんかでやったらきっといいだろうなあって。ふだんの生活では、伝えきれない思いもでて、きっと仲間関係が深く、楽しくなっていくだろうな。それがきっと一人ひとりの自己肯定感・自己尊重感につながっていくんだろうなあ。初級リーダー研修を受けた仲間と一緒に、私も地域の大人や子どもたちに、絶対やっていきたい!

(NPO法人子ども劇場全国センター発行「るーぷる」2003年10月号に掲載された記事です。)

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ