岡山

瀬戸内海の小島で子どもたちと
「自分のいい所、ほかの人のいい所、たくさんさがしたよ」




岡山県笠岡諸島で小学生、中学生合わせて33人が21泊(7月22日〜8月12日)という長期体験合宿が実施されました。これは文部科学省委託「青少年の意欲向上・自立支援事業」として行なわれたもので、名づけて「桃太郎の田舎に泊まろう・瀬戸内島めぐり ぼっけえキャンプ21」(「ぼっけぇ」とは「すごい、ものすごい」という意味)。主催者は子ども劇場笠岡センターが中心に、他のNPO法人等と立ち上げた「桃太郎実行委員会」。(代表・宇野まさえさん)。

 21泊という長期合宿は主催者も初めてなら、参加する子どもたちも初めて。
ボランティアスタッフももちろん初めてというドキドキワクワクの「ぼっけえキャンプ」。海水浴、魚釣り、シーカヤック、星座観察などの自然体験、うどん打ち、塩づくり、釣った魚の料理をするなどの生活体験、地引網などの仕事の体験、白石島の白石踊り、織物、民話などの文化体験など等、大人も体験したくなる魅力的なプログラムでいっぱいでした。
セパのインストラクターでもある代表の宇野まさえさんは「子どもたちが、本来もっている生きる力を引き出し、コミュニケーション能力や自立心、自己尊重感を高めてくれるように」と、最初の2日間に「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を組み込みました。

 このワークショップは宇野さんと手塚千砂子とで担当。クラスを4つ(中学生/小学5,6年/小学4,5年/小学3,4年)に分けて行ないました。

 一つのクラスがワークをしている間、他のみんなはスグ目の前の海で釣りをしたり、泳いだり。ワークを受ける子どもたちが、自分に集中するにはちょっと厳しい環境でしたが、子どもたちは「遊びたい気持ち」を抑えて、2時間のワークを良くがんばりました。

 さらに21日間、「今日の自分のいい所、ほかの人のいい所」などを書く「日記」をつけて毎晩提出するというワークも付きました。




ボランティアの人たちにも事前講義


 「子どもたちと生活を共にする高校生、大学生のボランティアスタッフには子どもたちを丸ごと受け入れてほしい。そのためにはまず自分をほめてください、と合宿前の研修会で自己尊重の講義とほめる実習をしました」と宇野さん。

 合宿初日には手塚千砂子がボランティアの人を対象にワークショップを。夜遅く“疲れて眠くなる時間帯”に行なったにもかかわらず、熱心に取り組んでくれました。



子どもたちは変わった

「3週間のキャンプを終えて、まず良かったと思うことは、何の事故もなくみんなが元気で帰ってこられたこと。延50人のボランティアスタッフは、みごとに子どもたちを受け入れ、子どもの心をつかんでくれました。すばらしかったです。

 子どもの中には初めのうちは自分や他の人のいい所を見つけられない子もいましたが、日がたつうちに見つけられるようになり、「日記」にも書き込まれるようになりました。子どもたちは変わりました。最後の日には『帰りたくない』と泣く子も。『自分のいい所をほめてもいいんだよ』というメッセージはちゃんと伝わったという実感があります。」

 「今回はまた大人の研修でもありました。大人がイライラしたら子どものケンカが多くなり、頭ごなしに怒ると子どもは反抗する。大人がゆったりしていれば子どももゆったりと。いい勉強になりました。

 海の神様がついていたと私は思っています。そのくらいすばらしかった! ボランティアスタッフ一同、本当によくやってくれました」
 と話す宇野さん。3週間で5キロ体重が減ったとか。お疲れ様でした。
                                           (文責・手塚千砂子)

 


子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ