四日市

日本子ども虐待防止学会
第13回学術集会みえ大会 市民プログラム
「小学生のための自己尊重トレーニング」
じぶんをほめてみよう


主催: 子育ち広場∴ドロップin
講師: 手塚千砂子
日時: 10月21日 13時〜16時

「子育ち広場∴ドロップin」 は、子育て中のお母さんたちが子どもを連れていつでも立ち寄れる“子育て支援の場”です。役員のI・Mさん、I・Tさん、N・Rさんの3人はセパのリーダー会員でもあるので、今回のワークショップでは手塚のアシスタントを担当していただきました。 (文責・手塚千砂子)

じぶんをほめてみよう

じぶんのなかにあるちからをしんじよう

じぶんのいのち

じぶんのそんざいを

たいせつにおもうことは


いきていくちからにつながります


こんなメッセージを書いたチラシをもって参加者を集めるため、上記の3人は市内の小学校15校を回り、校長先生に趣旨と子どもの自己肯定感の大切さを話したとか。

 「たとえその学校から子どもが参加しなくても、チラシを置かせてもらうだけでも意味があると思って・・・。読んだ人の心に何か伝わるかもしれないから」と市川さん。皆さんの熱心さに敬服しました。

26人の命の声に感動!




 
参加者は1年生から5年生まで26人。1〜2年生のグループ/ 3年生以上の女子グループ/ 3年生以上の男子グループの3グループに分かれ、それぞれにアシスタントがついて、助言しながらワークを見守りました。

 26人が一人ひとりが、「からだのはたらきとこころのはたらき」について発言し、それから自他ほめトレーニング。おしゃべりしながらの進行で、時間は割り振った時間より大幅に遅れましたが、エネルギーを集中させてフィーリングトレーニングを行ないました。このフィートレで、私を含め4人のオトナたちは大感激!!

 いつものように、命からの声をキャッチできた人に手を上げてもらうと、目を閉じたまま、いっせいにちゅうちょなく約3分の2の子どもたちが手を上げたのです。

 全員が目を閉じていて、だれとも相談していないし、“お返事”の説明は、私は一切していません。それでなぜ手が上がるのか。もちろんちゃんと体の声、命の声が聞こえたからです。

 子どもたちは命に宿る“宇宙”を表面化することはとても上手です。それにフタをしてしまうのは大人だということが、しみじみわかった瞬間でした。(手塚)




子どもたちの内なる力に感服!
ドロップin代表 I・M


 残り時間30分を切った頃に横になって命の声を聴く体勢に入りました。あれだけ騒がしかった子ども達が寝転び、目を閉じたら、ものの5分とかからずに集中する姿には驚きました。

 その上、「体から何かお返事が聞こえた人は手を上げてください。」という手塚先生の声に、何のためらいもなく手が上がる姿にまたびっくりしました。

 なかには涙がとまらない人もいました。いつも自信のない女の子が「からだにありがとうと言ったら、くじけずにがんばれよ」と聞こえたと発表している姿は感動的でした。ほかに「ありがとうといったら目に力がぐっときた」「これからもがんばるよと返事がきた」「ぼくもがんばるから、きみもがんばって」など、みんなしっかりとキャッチしました。蚊の鳴くような声でしかものが言えなかった男の子も手を上げて「ありがとうと聞こえた。」と発表することができました。その人は、「自分の命について、どう思いましたか」というアンケートに「いいいのちだと思いました」と書いていました。他の人も「とても大切なもの」という声が多かったです。子ども達の内なる力の凄さに感服!!



子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ