熊本

わたしは・ぼくはたいせつないのち
「小学校3年生・人権フェスタの取り組み」
ステージ発表で絵本を群読


人権フェスタ 2006in 城南
会場: 火の君総合文化センター
日時: 12月10日 14時から
小学校教諭 リーダー会員 M・M



 昨年10月、手塚先生の「初級講座」を熊本県城南町の地で受けました。


 学校現場でも近頃『自尊感情を高める・・・』ということをよく聞きますが、自尊感情が高まる方法となると、私はまだこれといった納得するものに出会えていませんでした。自分の思い通りにならないと子ども達が友達を叩いたり、暴言をはいたりする中でどうしてこんな行動をとってしまうのだろうと対応に追われる日々でした。

 道徳や人権学習の授業の中で「友達の気持ちを考える授業」をしても、どうも子ども達にしっくり伝わっていないと感じていました。そんな中での「初級リーダー養成講座」への参加。


 子どもたちの心の中に残るものを

 参加後さっそく私とクラスの子ども達と毎日「ほめ日記」をつけ始めました。

 その頃、城南町より12月の人権フェスタでステージ発表をお願いしたいと言われました。作文や人権に関する劇、人権学習の様子などを発表してほしいということでした。発表まで1か月ちょっとの練習期間。練習すればするだけ何か子ども達の心の中にほんわかと残るもの、そして見ていただくたくさんの大人の方(500人ほど)の心の中にもあたたかく残るものと考えた時、『わたしは・ぼくはたいせつないのち』(手塚千砂子作)の発表しかないと思いました。絵本を群読の形で発表することにしました。


 会場があたたかい微笑みでいっぱいに!

 「わたしの・ぼくのいいところたくさんあるよ」の発表の所では、

○わたしのいいところは、おおきな声で「おはよう。」とあいさつができるところです。

○ぼくのいいところは、給食を残さずにもりもり食べるところです。

○ぼくのいいところは外で元気に遊ぶところです。

○わたしのいいところは絵が大好きなところです。

○ぼくのいいところは、犬の散歩のお手伝いを毎日するところです。


 次々と子ども達が大きな声で発表してくれました。会場があたたかい微笑みでいっぱいになったのを感じました。

 また「自分をほめる」ところでは、


○きのうは、夕食の手伝いをしたことをほめてあげた。

○ぼくは、みんなとサッカーをしたことをほめてあげた。


と発表してくれました。



 「友達のいいところ」を発表する所では、

○ 私が、しょんぼりしていた時「どうしたの」とあきこちゃんが聞いてくれました。うれしかったです。

○ゆうき君、勉強が難しくなった時も最後まで一生懸命解こうとしているね。すごいね。

○いつもにこにこ笑っているけんじ君、こちらまで元気になります。ありがとう。


 という具合に子ども達は、元気よく真剣に発表を続けました。


 最後にテレビのにんたま乱太郎でおなじみの『勇気100パーセント』を歌って終わりました。体を精一杯動かしながら元気に歌う子どもたちに会場は、拍手でいっぱいになりました。

 『わたしは・ぼくはたいせつないのち』のなかのことば一つ一つが子ども達の心の中に染み通っていったようです。発表を見に来られた保護者の方からも「涙が出てきました」「感動しました」とたくさんのほめ言葉をいただきました。


子どもたちがやさしくなって教室の空気が変った!

私が何よりこの発表に取り組んでよかったと思うことは、子ども達の雰囲気が変わってきたことです。とげとげした言葉がなくなり、教室の空気があたたかなものに変わりました。1人の子を責め立てるようなきつい場面がなくなりました。いじめられると思い込んでいた子どもが今は、「いやなことはあるけれどいつもあるわけじゃないし、だいじょうぶ。友達と遊ぶのは楽しいよ。」と言ってくれるようになりました。

 難しい言葉や頭で考えたことではなく、こども達や親の心の中に眠っていた言葉が綴られているこの絵本に出会った時、子ども達は変わることができました。そして「ほめ日記」をつけながら心の中にその言葉を刻みこんだとき、子ども達はやさしくなれたのだと思いました。


子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ