北海道・石狩市

「いのちのブラッシュアップ講座」の二日目
「命の声を聴く自己尊重トレーニング」


浜益小学校でセパの授業をしました

主催: NPO法人子どもコムステーション・いしかり(代表 藤原市子)

講師: 手塚 千砂子

日時: 7月11日 10時30分〜12時10分

市の中心から海岸線を一時間以上、藤原さんが運転する車で浜益区へ。漁業や果樹園、農業等を生業としている集落の小学校でセパの授業を。5.6年生(合計26人)の子どもたちの他、校長先生、担任の先生お二人、養護教員の先生がご参加くださいました。「さすが、大自然の命と触れ合い、地域の人たちと深いつながりをもちながら育った子どもたちは、命の感性も豊かで、やさしいなぁ〜」と、授業を終えた後、強く感じました。(手塚 千砂子)



「よそから講師の先生が来て、今日はどんなことをするのだろう」と、
みんなちょっと緊張気味でした





先生方も輪の中に入って
いただいて自他ほめトレーニング

一人ひとりの輝く顔に、大自然のかおりを感じました


子どもたちが“命の声”に集中する姿には、いつも感動します




子ども達の感想から

 ・ ずっと同じ命なので大切にして、やれることは、なんでもやりたい(6年)

 ・ 命から)「これからいっしょにがんばろう」とお返事が来ました。(5年)

 ・ 命はすごい、いきていることもすごい。またこれから命と体と生きて行きたいと思った。(6年)

 ・ 命はひきつがれて、ひきついでいくものだと思いました。(5年)

 ・ 「命は大切なものなんだ。なくしたら、もう一つなんてどこもないから、一生たいせつにしないと。」 と思いました。 今日はいい体けんになりました。ありがとうございました!(6年)


 ・ (命に)ありがとうといったしゅんかん、ちゅうにういてるみたいだった(5年)

 ・ 「ぼくは動き続けるよ。きみもがんばれ」と(命が)いっている気がした。(5年)

 ・ いつもテレビで人を殺したり、自殺したり、そんなことをしてニュースになっているのを見ています。どうしてか聞いていると、そうだったんだって思うけど、でも、命は大切だから、自分はどんなことがあっても、そんな事をしたりはしないと決意します。(6年)


 ・ もっと大きくなって自分の体と生きていきたい。命は大切なんだなーと思いました。(5年)

 ・ 命は大切なんだと思った。 自殺とかはぜったいしないほうがいいと思った。(5年)


子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ