三重県四日市市

 「命の声を聴く自己尊重トレーニング」小学生(1年〜6年)を実施。
     子どもたちと1年ぶりに再会しました―手塚千砂子


主催: 「子育ち広場:ドロップin」(三重県四日市市)

講師: 手塚 千砂子

日時: 2008年10月5日 

「子育ち広場:ドロップin」は、母親支援のほかに子どもの体験学習に力を入れている団体です。ここの柱は「自己尊重感を育てる」こと。母親に対しても子どもたちに対しても、常にその視点で活動を考え実施している意識レベルの高い団体だと思います。

 ここの主要なスタッフはセパの会員で、インストラクターの認定も受けていますから、毎月一回、[ドロップin]に集うお母さんたちを対象に講座を開いています。

 また、子どもたちの自然体験ワークの締めくくりには「ほめ日記」を書くこととし、子ども自身が自分の良かった点を自覚できるように指導しています。



 私が四日市で子どもたちとワークをするのは、今年で4年目。昨年ワークに参加した子どもたちが成長している姿を見るのは嬉しいものです。特に自尊感がしっかりしてきているのを見るのは、とても頼もしく、また嬉しく思います。

 「自然体験を通して自尊感情が育っていることが、今回の自尊トレーニングの中ではっきり分かりました。自然体験に参加している子どもたちは自分のいいところをいっぱいさがし、そのことを楽しんでいました。一方、自然体験に参加していない子どもたちは、はじめのうちは自分の良さをなかなか探せません。しかし、そのうちたくさん書いている子の影響を受けて、だんだん書けるようになっていきます。自尊感の高い子どものエネルギーなのでしょうか。」とスタッフの一人が話していました。

 肯定的な気持ちを持っている子のエネルギーは周囲の子にも伝わって影響を与えるものです。逆に、破壊的な気持ちや自己否定的な気持ちを持っている子のエネルギーもまた周囲の子に伝わり、影響を与えるのですね。ですから、一人の子どもが自己尊重の気持ちを持つことは、本人の能力開発や人格形成に良いだけでなく、周りの子たちにとっても良いことになるのです。





子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ