<セパ通信21号 家族特集から抜粋>

家族特集 家族のきずなを深めるセパ



うれしい気持ちが倍以上に

京都府  W・N


 「セパ京都」の山田先生からレッスンを受けるようになって1年が過ぎようとしています。以前は「私はダメで、何もできなくて、人に迷惑をかけていて申し訳ない」といつも自分を責めていました。でも今ではプラス面を見て自然にほめることができるようになっています。周りの人からも「明るくなったね」と言われます。子どもに対しては感情的になることも減って、子育てが楽しくなっています。


 その変化のせいか、または私が「ほめ日記」を書いたり、自分をより良くするための努力をしている姿を見てか、主人がある日、突然「一緒にほめ日記を書こう!!」と言い出しました。手塚先生の本まで、自分からネットで買っていました。そんな主人の姿にビックリするやら嬉しいやらです。
 
それから4歳になる息子と主人の3人で、毎晩寝る前に「ほめ日記」をみんなで言い合ってノートに書いています(息子の分は主人か私が書いています)。とりわけ嬉しいのは息子が最近では「ほめにっきをやろう!」と喜々としてノートを持ってくることです。自分をほめているときの誇らしげな顔や、ほめてもらったときの幸せそうで嬉しそうな表情を見ると、私まで幸せになります。
 
一人でほめ日記をつけていたときも楽しかったですが、家族みんなでやると楽しく嬉しい気持ちが倍以上になります。そして、家族が今ここにいてくれていることに対して、感謝の気持ちでいっぱいになります。もう4〜5ヶ月続いていますが、これからも家族で続けていきたいと思っています。


娘と一緒に「ふりかえりほめ日記」

SEPAちば  竹本 統子


 
2008年12月末。手塚先生がHPの中で、「みなさんは今年一年、どんな『自己発見』がありましたか。どんな喜びや心の幸せがありましたか。『ほめ日記』に書き出してみましょう」と書いていらっしゃいました。2008年3月にインストラクターとして講座を開いて約10ヶ月。いろんな喜びがあり、いろんな発見があったなぁとなんとなく思ってましたが、先生の言葉に「よし、やってみよう!」と、1年をふりかえるほめ日記をやってみました。

このふりかえりほめ日記は、私にとってとても大切な日記になりました。この1年私が何を考え、何を発見し、どんな成長をしてきたのか、ふりかえることで鮮明に分かってきました。そして、1年分の更なる自信を持つことができたのです。この作業が終わった時、気持ちが高揚して、自分に自信があり、新しく始まる1年がとても楽しみになっていました。

5歳の娘(みるき)も1年間のふりかえりほめ日記をやってみました。スケジュール帳を見ながら、私が質問をして娘が答え、それを私が書いていくという方法でやりました。

「ママが役員のお仕事でいなくても、パパとみらい(妹)と待っていられた」

「みらいの七五三の時、神社でちゃんとお話を聞けた」

「歩いたり、かけっこしたり、足は頑張った。足さんありがとう」

「お絵かきしたり、お手紙書いたり、手さんありがとう」

「ごはん食べたり、おやつ食べたり、口さんありがとう」

「心臓さん、どきどき動いてた」

「ぬりえが上手になった」

「みらい(妹)と仲良くできる」

「ママのお手伝いができる」

「きらきらハートがいっぱいある」等。

 子どもはいいところを見つける天才ですね。ここに書いたのはほんの一部分です。本当にたくさんのきらきらハートが出てきました(我が家では、ほめられること、自分のいいところを「きらきらハート」と表現しています)。ふりかえりほめ日記を書いた後、娘に聞いてみました。「みるちゃん、たくさんきらきらハート出てきたね。今、どんな気持ち?」 娘「心がどきどきして、嬉しい気持ち」

 その感性を持ち続け、きらきらハートをたくさん輝かせてほしいです。



家の中がみるみる明るく

長野県  K・N


 「ねえ、今日は自分のえらいとこ、やらないの?」

 夕食時、最近では4歳の次女がこう口火を切り、我が家のラブ.ライフトレーニングが始まります。
 
 私と妻、長女、次女、の家族4人でひとりずつ、今日の出来事の中で一番自分を誉めてあげられる事を発表し合います。

 始めた頃は照れながら話していた娘たちも、今では話したくてうずうずしている様子。

 笑顔で、楽しそうに話をしてくれ、みんなでそれに対して拍手をすると、家の中がみるみる明るくなっていきます。

 私もなるべく自分の胸にしっかりとひびかせながら、家族に話すようにしています。

 小2の長女は、「今日の一番えらかったことは、給食を残さず全部食べた事です。そんなわたしはえらいと思います。」としばらく同じことを言っていたのですが、ある日、「今日、給食のとき、クラスの○○ちゃんが牛乳をこぼしてしまい、それを拭くのを手伝ってあげました。そんなわたしは優しいと思います。」ということを話してくれ、とてもうれしく思いました。

 妻も、子供たちの明るい笑顔を見るのがとても楽しそうです。自分のことを誉め、周りにいる人がいっしょに誉めてくれる。そのことで自己肯定感が更に高まっていくようです。

 日々の生活で、ふとネガティブな気持ちになるときもあるけど、そこからどう前向きな気持ちに持っていけるかどうか、それこそが、日々のトレーニングで培う自己肯定感に他ならないと思います。

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ