<セパ通信22号から抜粋>

愛知県 ブラジル人の子どもたちと、ことばの壁を越えて“命の声”を


セパ名古屋 竹内 洋江


 5月21日、22日、豊田市保見団地集会場にて、トヨタ自動車(株)で働くブラジル人の子どもたちを対象に、通訳つきの「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を行いました。(主催・財団法人豊田市国際交流協会)

 ブラジル人学校やNPOの居場所の子どもたちが、21日は9名、22日は18名が参加。他にスタッフやブラジル人学校の先生方も数名参加。


 日系の子どもたちは、顔は日本人と変わらなくても日本語が話せなかったり、また、ブラジル人の子どもでもポルトガル語が話せなかったりと、家族間でさえもコミュニケーションをとることが難しい現実があるようです。ブラジル人学校は月謝が高く、すべての子どもが行けるわけではないし、一方、日本の学校では言葉の問題もあり不登校になっている子どもたちが多く、自己尊重感が育ちにくい環境にあります。

 通訳が入り、フィーリングトレーニングの時間が少なくなってやりにくい面もありましたが、子どもたちの表情がどんどん良くなっていくのを見ると、やりがいを感じると共に、子どもの自尊感を育てる必要性を強く感じました。





 自分のいいところはなかなか見つけられずに緊張していた子も、となりの子にほめてもらうと、さすがにニッコリ。気持ちよさそう〜。

 命にありがとうという時は、とても静かに素直に自分の命を受け入れて抱きしめていました。





子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ