(三重県)鈴鹿山脈のふもと・朝明茶屋キャンプ場で
      命の声を聴く自己尊重トレーニング

主宰 スマイル キッズ2009  6月21日(日) 

講師 手塚千砂子



 東京から手塚千砂子先生に来ていただいて、小学生のための「命の声聴く自己尊重トレーニング」を行うようになって3年目です。

 今年は、念願の朝明茶屋キャンプ場でトレーニングをして頂くことができました。朝から雨模様! 木の下でやることを予定していましたが、それはあきらめて谷ロッジをお借りしてトレーニングを始めました。



 山の中は、たとえ小屋の中でも大自然のエネルギーが一杯満ちていると言われる手塚先生の言葉どおり、鶯の鳴き声、風の音、渓流の音、雨の音など自然の素敵な音が聞こえ、山のエネルギーが心身に浸透してくるようでした。


 キャンプ場では、どんな「命」が生きていますか。という先生の問いかけに、初めは「命」と言う言葉に戸惑っていた子どもたちも、ダンゴ虫や鳥やちょう、せみ、ミミズなど、小屋に集合する前に見たものが、どんどん出てきました。 しかし植物はなかなか出てきませんでした。先生の「窓の外も見てごらんなさい。」の言葉に外を見てびっくり。木苺がどっさり成っていました。それから葉っぱや木などの名前も出てきました。


 次のキャンプ場で生きている「命」の役目について考えましょう。の問いかけは子どもにとって難しいかなと思っていましたが、難しいのは私でした。 葉っぱが栄養になって樹が大きくなる。鳥や虫が草花を育てる。木があると影ができて涼しい。酸素をくれる、など、子ども達の言葉で表現していました。



 自分の体と心が出来ることを考えて、書いてください。 という問いにはすらすらと鉛筆が動きます。自分の書いたものを先生に見せに行ってほめてもらう人もいました。






 
 一番難しかったのは自分のいいところ、長所をたくさんさがして書いて、自分をほめましょう。のところです。

 毎年トレーニングを受けている子は、待ってましたとばかり書き始めます。しかし初参加の子には、はじめから「あらへん。」「ない。」と言う子も。ところが、ちょっとしたやりとりで自分のいいところと思えるところが見つかった男の子は所定の用紙では足りず、裏にまで書いていました。ちょっとしたきっかけさえあれば、いいところを一杯見つける事が出来る子どもの力にまた、びっくりしました。たくさん書いた中で、一つだけいいところをみんなの前で発表しました。誇りに満ちた顔が輝いていました。





 それから、部屋を暗くして床に寝そべってフィーリングトレーニングです。命の声を聴きました。



 自分の命に「ありがとう」と言ったとき、どんなお返事がきましたか。の問に「少しふわっとしてあったかくなりました。」「命からもありがとうと返事がきた」「良い気持ちになっておちつきました」などと、きちんとお返事を受け止めたり、自分の命の中の感覚をキャッチできたようです。

 この日、命について考えたこと、感じたことを、子どもたちの心にいつまでも残っていることを願っています。


 ロッジでのトレーニングのあとは外に出てお昼ご飯をいただきました。

 メニューはボランティアの人たちが作って下さったカレーライスと野菜サラダ。おいしかった〜

 














 写真と文:(四日市)子育ち広場∴ドロップin ・セパチーム


子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ