子どもたちが体験しました

私の“いのちの声”はどんな声?


 昨年9月、岐阜県瑞穂市のNPO法人「キッズスクエア瑞穂」で「命の声を聴く自己トレーニング」が行われました。講師は手塚千砂子SEPA代表。

 集ってくれたのは、小学4年生から中学2年生まで男女22人の子どもたち。最初は緊張していた子も、心とからだをゆっくりとほぐして最後にはキラキラとこぼれる笑顔を見せてくれました。子どもたちは、どんな“いのちの声”を感じとったのでしょうか。思い思いの感想を書き記してくれました。


感想

*お母さんに「行ってみやぁ」と言われて来て、何をするのかはよく知らなかったんだけど、なんとなく「命の声」が聞けたような気がしたから、来てよかったと思いました。<小6女PN林檎>

*とても楽しかったです。「命の声」を聞くことができなかったので、家でもやってみたいと思いました。(中1.Nさん)

*さいしょに命の声や体の声がきこえなかったけど、さいごのほうは少しきこえたかんじがしたよ。(小4.Cさん)

*最初はほんとうに「命の声」なんて聞けるなあと思っていたけど、なんとなく聞こえたようなきがして、きけるんだなあと思った。ほっとしたようなかんじがした。よかったです。(小5.Mさん)

*自分の声は、聞こえなかったけど、こんどは聞こえるようになりたい。(小6.Hくん)

*やってみて、心がいい気もちになれてよかったです。自分のことをふりかえるとたくさんのいい所があってうれしかったです。(・・・)家でもやってみたいです。(小4.Mさん)

*いろいろなことをして楽しかったです。ねころんだりして、しずかだったのでおちついたし、ねむくなりました。(中1.Hさん)

*いつも自分についてなんて、あまり考えないけど、「好きなことetc・・・は、たくさんあるんだなあ」「やりたいことがたくさんあるんだなあ」と思いました。(・・・)初めて会った人のいいところが見つけられたのだから、みんな一人一人には数え切れない程のいいところ(長所)があるんだと思いました。(中2.Sさん)

*「自己そん重トレーニングをやって」はじめはドキドキしていて、「どんなことやるのかなあ」と思っていました。けどはじまったら、なんとなーくだけど気持ちがらくになりました。なんだか体がふわふわしているみたいでした。自分の長所をみつけたりするときも、どんどんみつかったのでうれしかったです。ほかの人をほめるときも、自分までうれしくなりました。家でもたまに今日やったことをやろうと思いました。(小5.Sさん)

*最初、命の声なんて聴けるのかよくわからなかったし、聴けるはずがないとか、声なんて出すの? とか思っていました。(・・・)でも実際体験してみて、なんとなく、体や命にはなしかけてみると答えがかえってくるようなきがしました。自分が生きているんだ、ということが、すごく実感させられました。(中1.Aさん)

*自分の心の中について知ることができました。やっているうちに、体がらくになったり心が落ちついてきました。命の声を聞けてよかったです。本当に聞こえてきました。やってみてよかったです。(小5.Rさん)

*最初、すごくきん張したけど、きて『よかった!』と思いました。(・・・)いろいろなことをして、たくさん話せてうれしかったし、よかったです。またこういう「きかい」があったらきたいです!!(中1.Mさん)

わた  セパ通信2号(2004年3月発行)より

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ