(北海道・札幌市)親子でたのしく自己尊重コミュニケーション 

             セパ札幌 藤盛 雅子
       

2009年10月17日(土) 札幌市内で 

講師 手塚千砂子 10組の親子が参加





小学生の子どもと母親のペアで受ける講座を実施しました。

 実は昨年、同じ内容の講座を私と息子で受けました。知らない人達の中で行うワークは、家で2人でほめ合うのとは違った嬉しさが親子共にありました。また「自分をほめている他の子ども達」を見るのも息子には新鮮だったと思います。親子で共有できたやさしい時間を他の多くの親子に体感してもらいたいと思い、今回の講座を企画しました。

 お母さんに褒めてもらっている時の子どものはにかんだ、でもうれしそうな笑顔が印象的でした。小学生の子ども達も、自分や母親を上手にほめていました。母親本人も、当たり前のことと繰り返している家事を、「毎日ごはんを作ってくれてスゴイ!」「自分のことはやらないで家族のことばっかりやっていてすごいと思う」などと、自分の子どもにほめてもらう。子どもは見ていてくれているんだ〜、そしてほめてくれた・・・。とても嬉しかったことでしょう。ほめてもらって涙ぐむ姿もありました。

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ