「自分のいいとこ探し」ワークショップ

いのちの声を聴いてみよう!


2004年8月29日
東京六本木.みなとNPOハウス 主催:NPO法人子ども劇場全国センター
 

 夏休み最後の日曜日、東京.六本木で「いのちの声を聴く自己尊重トレーニング」をとりいれた子ども向けワークが行われました。「自分のいいとこ探し ワークショップ入門編」と題されたこの催しには、小学校高学年を中心に14名が参加。講師はSAPA代表の手塚千砂子、インストラクターの福田房枝がアシスタントをつとめました。

 フイーリングトレーニングでは、自分のからだに集中する場面であっても、じっとしていられない子もいます。ときにはマンツーマンで、そんな子どものサポートをすることも。まさに体当たりで子どもと向き合うワークの醍醐味といえるでしょう。

 「からだにありがとう、って伝えたら、どういたしまして、って返事がきた!」

 「まるで音楽が流れているみたいでした」

 「からだからも、ありがとうって伝わってきた」。

 多くの子どもが「なんとなくだけど、いのちの声がきこえたよ!」と話してくれました。

 自他ほめトレーニングでは、ほめたり、ほめられたりの実践を通して、新しい発見がたくさんあったようです。最初、「自分にいいところなんかない」と言っていた子たちも、「洗濯物をたためる」「犬のお世話ができる」など、こんなこともあんなことも自分のいいところなんだ、と気づくことができ、どの子も時間をかけて自分の“いいところ”をノートいっぱいに書き出すことができました。

 終了後の感想には、「うれしかった」「いいきもちだった」など、肯定的な言葉がたくさん綴られました。

 子どもたちとともに取り組んだ2時間のワークでしたが、はじまる前、緊張した面持ちだった子も、終わりに近づく頃には、いきいきとした表情に変化していました。

 大人の都合が優先されがちな社会においては、子どもたちに自分の体や心を大切にする、という意識がなかなか芽生えにくい残念な現状があります。この日の体験を通して子どもたちは、それぞれの心に大切な自尊感情の芽を、持ち帰ってくれたことでしょう。(K.S)

セパ通信 4号(2004年9月発行)より

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ