自分のいいとこ探しワークショップ
キラキラ輝く☆子どもたち

北海道(石狩市)


8月27日(土)、「命の声を聴く自己尊重トレーニング」の子どもバージョンである「自分のいいとこ探しワークショップ」が、NPO法人 こども・コムステーション・いしかりの主催で行われました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ドタバタ走り回る子どもたち、「ブタ!」「バカ!」と飛びかう憎まれ口。「会場はこちらです」と案内された公民館の広い体育室で、子どもたちは「遊び」の興奮が収まらない様子。




これから自分のいいとこ探しをします。こっちに集まってください」とスタッフ。「え〜!? いやだ」「やりたくな〜い」「いいとこなんかないよ〜」参加者は小学校1年から3年までの10人の男女児童。しぶしぶ集まった子どもたちも、ワークが進むにつれ「いいところ」を次々に見つけて、命の声もしっかりとキャッチできました。

「命をくれたいのちに感謝することができる」と1年生の女の子の言葉には、私の方がドキリ。
「命をくれた命ってなに?」と私。
Aちゃん「お母さん」、Bちゃん「牛や豚もそうだよ」
 「せんそうをとめる心がある」と今度は3年生が。
「戦争をとめるにはどうすればいいの?」
「やられたからって、またこっちもやるとずーっとせんそうがとまらないから、やられてもやらないでやめればいい」
「元気をつくることができる」「自由に動くことができる」「頭を使って考えることができる」「自分を守って人も守ることができる」「命を大切にする」「優しい心を持つことができる」「人と教えあうことができる」

 まだまだたくさんのキラキラした言葉が体育室いっぱいに響きました。






命に感謝をする時間」も静かに自分に向き合って「今までで使ってくれてありがとう」「これからも大切にしてね」「これからもがんばるよ」など、それぞれの命からのメッセージを感じとってくれました。

 子どもたちは、自分の命のすばらしさを話すことが大好きです。まわりの大人たちが日常的にそうした子どもの気持ちを引き出して聞いてさえあげれば、子どもは「命の大切さ」をしっかり心に刻みながら、自分を信じて成長できるはずです。もともと「命への尊重感」はすべての命が持っているのですから。(講師:手塚千砂子)


セパ通信 7号(2005年11月発行)より

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ