子ども新発見
小学校の授業でやってみました!!

セパのトレーニングが子どもたちにどんな効果をもたらすか?
学校での実践を認定インストラクターに報告してもらいました。


埼玉県 O・M


 昨年の春、移動した小学校の子どもたち(5年生)は今までの私の経験が通用しない状況で、まさに学級崩壊! 自分のやってきたことが根底から崩れてしまうような暗闇に落ち込みました。そんな中今年2月、自分がやれることを全部やってみようと決心して、35人を相手にセパのトレーニングを実践してみました。

 予想どおり一部の子は目を開けて落ち着きなく、おしゃべりしてしまって、集中の高まりを維持することができませんでしたが、子どもたちにとっては普段の授業では味わえないものすごい体験だったのだと、終了後の感想を読んで実感しました。子どもたちは心と体の変化を感じて「ポカポカしてきた」「痛いところが軽くなった」「眠くなった」と命の声を受け止めていました。

 中でも、耳が聞こえないTさんの感想は圧巻でした。Tさんは普段の授業でも最前列の真ん中の席に座り、私の口の動きを目で見ながら授業を受けています。トレーニングのときもいつものとおり「Tさんは目を開けていていいからね」と言って始めました。

 ほかにも宝物のような子どもたちの感想が34人分あります。男の子の感想は一見ぶっきらぼうに書かれていましたが、短い文章の中に新発見が込められていました。いまは6年生になっている子どもたちにあと2回はやってみようと思っています。そして、それぞれの感想にお返事を書いて卒業式に渡すつもりです。まだまだ、落ち込むこともありますが、「やるしかない!やろう!」と決断し行動する私がいます。私ってなんて勇気のある人間なんだろう!  (インストラクター)



▼Tさんは生まれた瞬間にかえっていました 
<体と心の変化>
 私はこんなことを感じました。心臓の、「ドクン、ドクン」となっているところを聞いてみたら、産まれた時の、心臓の音、「オギャー」と泣いている声、よろこびの声が聞こえたような気がしました。
そして、「ドックン、ドックン」と聞こえてくると、「私は、今、生きているんだな――」と思い、ず―っと、そのままにしていると、かんどうして、涙が出てしまいました。(私だけなのではずかしいけど…)涙をなめてみたら、しょっぱかった。なので、「生きているんだな――」と思った。



▼授業の始めに「殴る」と発言した男の子が変化した
<感想>命のことがよく分かってよかったです。命の大切さがよく分かりました。


▼とげとげしていた男の子の気持ちが和らいだ
<体と心の変化>
おだやかになった。やさしい気持ちになった。
<感想>
自分はいいところがないと思うけど、ともだちからみると、いいとこがいっぱいある。


セパ通信 7号(2005年11月発行)より

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ