自分のいいとこ探しワークショップ in 東京・葛飾
2005年11月6日 主催:NPO子ども劇場全国センター
             共催:NPOかつしか子ども劇場
 (参加者:小学4年生〜中学2年生 18人)    

かつしかの子どもたちの感想(一部分)です。

――すべての子どもたちに、こういうことを感じてほしいでいすね。大人たちが癒されるような感想ばかりでした――
(手塚千砂子 )



*「自分のいいところは何もないと思っていたけれども、(中略)自分にはこんなにいいところがあるんだぁと思えるようになりました。ここに来て良かったです。」 中1 Fさん


*「学校では、最近少しでも自慢したり、ぼくはすごいんだよと言うと、ナルシーなどと言われて、自分のいいところを忘れていましたが、今日、自分のいいとこさがしに参加して、忘れていたいいところをたくさんはっけんできて、命に感謝をして、とってもよかった。もっと自分をじまんしていいところを探して生きていきたい。」 小5 T君


*「体が気持ちよくなった。あったかくなった。少しだるかったのがなくなった。空を飛んでいるようだった。ふわふわぁ〜となった。」 中1


*「50回くらいあかるくからだがあたたかかった。あい手のきもちをつたえ合うのはいいなとおもった。」 小4 H君


*「いいところが意外といっぱいあってよかった。こんなにあったんだと思った。安心した。ありがとうございました。」 中1 Pさん


*「自分のできることがたくさん見つけられてよかった。最後の、命に“ありがとう”をいったときは、なつかしいときに思うようなきもちになった。<かのうせい>という言葉を知った。こんなにいろんなことを自分はできるんだから、もっともっといろいろなことをしようと思った。」 小5 Sさん


*「今まで知らなかったいいところを発見することができました。となりの人に私のすごいことを言われて、とてもうれしい気持ちになりました。」 小6 Mさん


*「命や心や体に“ありがとう”といったとき、からだが温かくなって、とてもいい気分になりました。私は本当に命は大切なんだと思いました。これからも命や体や心に“ありがとう”といいたいと思います。いいとこさがしをしてよかったです。」 小6 Kさん


*「なんだか生きている事を実感できたと思いました。」 中1 Sさん


*「今までで一番リラックスできたような感じがしました。<自分のいいところ>がたくさん見つかって、自分でも少しビックリしました。体中がポカポカして、気持ちよかったです。」 中2 Tさん




セパ通信 8号(2005年12月発行)より

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ