自分のいいとこ探しワークショップ in 名古屋
2005年10月15日 主催:NPO子ども劇場全国センター
(参加者:小学4年生〜6年生 8人)    手塚千砂子

「いいところが10くらいあると思う人手を上げて」→0人、「じゃあ、5くらいだと思う人は?」→0人、「じゃあ、ひとつ?」→0人、「いいところがぜんぜんないと思う人」→5人の手があがりました。

「よくわからない人」→3人 各地の子どもたちの反応と、名古屋も同様、例外ではありませんでした。自分にはいいところがない、と思っている子どもがほとんど。さあ、2時間でどのくらい自分のいいところを探せるでしょうか。体や心を使って感じていること、できていることなどをていねいに見ていきます。

 2時間後には、「いいとこないと思ってたけど、探してみたら全部がいいとこだった」と、大人も気がついていない大切なことを、参加者のみんなが心と体で知ることができたようです。「いいところ」がこんなにたくさんありました!! その一部を紹介します。もっともっとたくさんの全国の子どもたちに、このワークショップを受けてもらいたい!と改めて思いました


『人を信じる』

『人の言ったことがわかったり、何かやったりできる』

『やらなければならないことはちゃんとやる』

『頭で考える』

『人をおもいやることができる』

『希望を持っている』

『歩ける 運動ができる 走れる』

『コミュニケーションがとれる』

『集団でいじめられたりしている子を助けてあげる』

『人の痛みがわかる』

『好きなことがある』

『体が大きくなるために、栄養を運ぶことができる』

『好きな人がいる』

『体がいらないものを外に出すことができる』

『感謝ができる』

『頭で判断する』

*ワークショップの感想

O・T(娘)
 今日感じられた事は、ふわ〜ときて、気分転換になった事です。理由は、今までは自分の頭にマイナスの事を言ってしまい、「今日一日働いてくれて、ありがとう」と言う気持ちを伝えられなかったからです。良かった所は、自分の事がわかったり、今どの状況にいるのかなどを知れたりするところです。          


O・R(母)
 
今まで順調に成長してきたと思っていたところ、障がいを持っていると言うことをまるで不治の病のごとく医師から宣告されたように受けとり、相当なストレスを感じていました。
 そのことで、自分自身に責任があると責めてしまったりして、それは子どもにも当然影響を及ぼすことになりました。
 そんな時にこのトレーニングを知り、2人で参加することができ、私たち親子にとっては救われたように思いました。
 命の声を聴く自己尊重トレーニングを体験して、体の中から安心というか、ほっとしたような気持ちになり、楽になれ、肩の荷がおりたといった感じがありました。
 今は以前と違い、前向きになり、生活面学習面においても弾みがつき、意欲が出ている子どもになっていっています。



セパ通信 8号(2005年12月発行)より

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ