都内N小学校 よしだ先生の熱い取り組み
         〜「自分は宝物なんだ!!」と言えるように〜
 東京都内・N小学校。4年生を担当するY・Eさんは、授業以外の場にセパのプログラムを積極的に取り入れ活用しています。「子どもたちのためだけでなく、私自身の喜びにもなっています」と語るYさん。どんな取り組みをしているのか、お話をお聞きしました。(文責・手塚千砂子)


手作り「ほめ日記」に毎日書き込み

 私自身がセパの講座を受けてみて、これは子どもたちの自尊感情を育てるのにとてもいいな、と思いインストラクターの講座を受講、子ども向けのプログラムも学びました。
 クラスで最初に自他ほめトレーニングをしたときは、子どもたちは自分のいいところもわからないし、友だちに対しては攻撃するようなことばかり言って、ぜんぜんできませんでした。そこで一人一人に手作りの「ほめ日記」を渡して自分のいいところをさがす習慣をつけてもらうことにしました。「元気がいいね」「がんばっているね」と自分をほめられるようになった頃から、自他ほめトレーニングはうまくいくようになりました。自分の良さがわからない子どもはお友だちの良さもわからないんですね。また、親が子どものマイナス面ばかり見て育てているうちの子は、私が毎日どんなにほめてあげても、なかなか自尊感が育っていかない、というジレンマがあります。
 「ほめ日記」は毎日提出してもらい、私がそこにほめ言葉を書き込んで返す、ということをしています。作業としては時間もかかり、帰宅も遅くなるのですが、私が見逃している本人のプラス面がわかったり、気持ちがわかったりして、子どもたちを理解するのにとっても役に立っています。それに「ほめ日記」を読む時間はすごく幸せを感じるひと時でもあります。



学芸会で 「ひとりひとりが宝物!!」

2005年11月、学芸会で「少年少女冒険隊」という劇をしました。内容は「親に反抗して子どもたちが家を出て宝物をさがしに行く。しかし途中で、<宝物は自分たちひとりひとりなんだ>と気がつく」というものです。

この劇の意味を子どもたちがしっかり心と体でつかみ、自尊感情を育てられるように、「主役は自分、自分は宝物」という合言葉を作り、練習の合間に自他ほめトレーニングやフィーリングトレーニングを何回か行いました。

またフィーリングトレーニングの誘導の文言をアレンジしてセリフに取り入れさせてもらいました。

少年全員:ぼくたち、ひとりひとりが宝物なんだ。

夜回りふくろう:そうなんじゃ、自分のいいところを探したり、友だちの良いところを見つけてほめたりすると、宝物つまり「いのち」はきらきらかがやくんじゃ。
さあ、宝物の自分をだきしめて、心臓のこどうを感じてごらん。一日にだいたい十万回も動いているんじゃ。君たちが生まれてからずっとずっと休みなく動き続けて新鮮な血液を体のすみずみまで送り出してきた心臓じゃ。

少女1:なんてすばらしい体の働き…。

少女全員:わたしたち、ひとりひとりが宝物なのね。 
――とこんなふうに。このセリフのあと全員で♪ひとつしかないもの♪(手塚千砂子作)を合唱するんです。

劇は校長先生はじめ、みなさんから「良かった」とほめてもらいました。練習の指導は大変でしたが、子どもたちの「一生懸命やった!」という満足の笑顔を見て、私自身も充実感と喜びをいただきました。おかげさまで子どもたちにとって「財産」となるような   劇ができたと思っています。

劇のあと、子どもたちは落ち着いてきたように見えます。あと3ヶ月、この子たちと過ごしますが、「自分は宝物だ!!」と胸を張って言えるように支援していきたいと思います。  (2006年1月)

夜回りふくろうと少年少女

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ