北海道
aby’s Friend
〜5年生からはじめる子育てボランティア〜


NPO法人こどもコムステーション・いしかり 代表
藤原 市子さんの熱い思いを聞きました


赤ちゃんをだっこしたことある? 

赤ちゃんが泣きやむ方法を知ってる?

赤ちゃんの笑顔に会いに来てください!

 子どもたちにこんな呼びかけをして「こどもコムステーション・いしかり」は今年も「10代の子どもたちの子育て支援ボランティア養成講座」を実施しました。


 プログラムは…

 
◆11月11日◆


 午前 赤ちゃんの成長について教えてもらおう   

 午後 赤ちゃんの好きなおもちゃのお話      

 ◆11月12日◆

 午前 自分を大切にするワークショップ
 (手塚千砂子が担当)

 ◆11月18日◆

 赤ちゃんと遊ぼう(保育実習体験)


 10代の子どもたちが、赤ちゃんについて学び、実際に小さな赤ちゃんたちと遊んだり世話をする保育ボランティアの実習も行う、というこの講座は今年で3年目。子どもたちの“命への感性”を育てる上で、有効かつ必要な講座だと思います。

 石狩市内の中学、高校に参加を呼びかけたものの今年は小学4年生から中学3年生まで12人の参加。北海道は雪が降る前のこの時期に、いろいろな行事が集中するため、生徒たちの体があいていないのだとか。


お金ではない価値があることを子どもたちに知ってほしい

 代表の藤原市子さん(セパ会員)に、毎年この事業に取り組んでいる“想い”を聞きました。

 「人は生まれて、やがて死ぬ。そうして命をつむいでいく。この当たり前の命の循環を子どもたちにわかってほしいと思っているんです。昔は身近な生活の中に出産や葬式(死)があり、しぜんに命の尊厳というものを心でわかっていったのだと思います。しかし、今はあえて学習の場を作らなければ子どもたちに教えられない時代になってしまいました。この保育ボランティア養成講座を通して、少しでも命の大切さや子育ての楽しさ、大変さを子どもたちに感じてもらいたいと思っているのです。」

 「こどもコムステーションは子どもと親の支援活動(子育ち・子育て支援)をしています。特に子どもたちの自然体験・野外体験や生活体験など体験活動に力を入れています。多くの体験を通していろんな価値を知ってほしいのです。
 そうしないとお金を価値とする社会に出たとき、それに引きずられてしまうのではないか。お金ではない価値を見つけ出すためにはいろんな体験が必要だと思います。
 いじめや子どもの自殺が社会問題になっていますが、それも体験不足に原因があるのではないか。
 自然の中で心ゆくまで遊ぶ、隠れ家を作る、秘密をもつ、ぼんやりする…。そういう中で心を育て自分を発見していくのではないかと思います。
 大人は子どもに自尊感情と想像力を養う手伝いをしなければいけないと思います」



プログラム2日目

命から あったかい返事がきた!
(命の声を聴く自己尊重トレーニング)



 小さな赤ちゃんの命に触れる前に、まず自分の命にしっかり目を向けてほしい、そして自分が持っているたくさんの力を知って勇気や夢につなげてほしい。毎回、そんな気持ちになる子どもたちとの時間です。
 「命にありがとうと伝えたら、じわ〜っと広がっていくやさしさがあった」という6年生の女の子。命からは「あたたかい返事がきた」そうです。
 命が「かがやいていた」という5年生の女の子。「ふだんなにげなくふつうに生きてる自分、それは幸せなんだなと思った」と感じてくれました。
 「大切なんだ!!」という命の声をキャッチした中学生(女子)。「一つ一つを一生懸命やって、できるだけ長生きしたいと思った」と、大事なことに気がつきました。
 「心がほっとした」「目をつぶっているのに目の前があかるかった」「すーっときれいになった感じ」「頭のほうがふわーっとかるくなった」「いきていることがすごくすばらしいと思った」「お星様が降ってきたような感じ」等など。
 やわらかな子どもたちの感性は、命に感謝した時の“初めて味わう感覚”におどろいたり、不思議がったり。キラキラした楽しい時間がもてました。


命に問いかけるもの

オブザーバーでトレーニングに参加したコムステーションのスタッフ・J・Tさんは、「子どもたちの素直な感動表現には見ている私も大変うれしくなりました」と感想を話してくれました。

「ほめられたときの子どもたちは、今までに見たことがないようないい笑顔を見せてくれました。ほめられたり認められることの大事さを感じました。ふだん自分の気持ちを表現できない子が、自分の言葉で隣の子をほめられたのも嬉しかったです。

自己尊重感は親に愛をかけられてベースができるのかと思っていましたが、そうした条件が揃っていなくても、自分で育てられるものなのだと、勉強になりました。自分自身で命に問いかければいいのですね」



(文責・手塚 千砂子) 



子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ