●子どもワーク特集● 三 重

三重こどもわかもの育成財団助成事業 「自分をほめてみませんか」
2年越しの思いを実現・・・

子育ち広場∴ドロップin 事務局長    永井 礼子(セパ会員)

 
 中高生を対象に『命の声を聴く自己尊重トレーニング』を実施するという、2年越しの思いを実現させました(2006年12月9日、講師:手塚千砂子)。


 2年前に「子育て応援セミナー」として、子育て真っ最中のお母さんたちを対象に企画し講座を行った時、自分を愛しく思えて涙する方もみえ、終了後のお母さん方はみなさんやさしい顔でした。その時から「中高生を対象に」という思いがあったのですが、今回、「三重こどもわかもの育成財団」の助成をいただき実現できました。
 
市内の中学校にチラシを配布していただいたり、高校のボランティア部をまわったりと様々に広報しましたが、残念なことに反応はあまりありませんでした。

 しかし、自らやってみたいと参加した中学生はほんとうに素敵でした。手塚千砂子さんの言葉に触発され、「自分の中に潜在し
ている自分」を言葉で表現していく。自分の中のいろんな自分を「私ってすごーい」と素直に話す中学生たち。その子どもたちに私は感動し元気をもらいました。
 参加者は少なかったですが、やってよかった! これからももっと多くの子どもたちに体験してほしいと思っています。
 私自身は子どもたちを見ていて、もう一度はじめてみようと「ほめ日記」を書きはじめました。他者と比較しない大事な自分を今感じています。
子どもの感性から学ぼう!


 「私にはいろんなものがたくさん潜んでいると思う。それは私の行動によって良いものにも悪いものにもなる」(中1)

 「心と体がつながっているのが分かった。命はいろんなことをしている」(中2)

 「私の命は私が産まれ出てから休みなく働いていることを、あらためてすごいなあと思いました。」(中1)

 「自分のためだけでなく、他の人の命ともつながっているから、とても大切にしなきゃいけないと思いました」(大3)

 「命のワーク」を各地で行ないながら常に感じることは「命に対する子どもたちのやわらかな感性を封じ込めながら育てているのは、紛れもなく大人社会だ」ということ。
四日市の皆さん、大人たちにも教えてあげてネ。感動をありがとう。  (手塚千砂子)

セパ通信 13号(2007年3月発行)より


子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ