滋賀

小学校でワークショップをしました!
セパYOKOproject  山田 容子(リーダー会員)


去る12月19〜20日、滋賀県大津市立和邇小学校で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を提供しました。2日間で2年生3クラス(1クラスは33〜34名)。1クラス2時限を使ってのワークで、担任の先生にも参加していただきました。


小学2年生の子どもたちに伝わるだろうか、私が伝えられるだろうかという不安はあったものの、初めてのことに挑戦する楽しみと一歩進めるという喜びのほうが断然大きくて、アシスタントをしてくれるF・Kさん(セパ・リーダー会員)とともにわくわくしながら学校に向かいました。


はじめに「発言したい人は手を挙げて一人ずつ話す」「誰かが話をしているときはその子の話をしっかりと聴く」など小さな約束事をしてワークはスタート。

サッカーもできるヨ!!

「自己尊重トレーニング」という聞きなれない言葉のせいか 何が始まるのだろうといささか不安げな様子、いつもと違うスタイルの学習が始まったそわそわ感。その空気を受け取りながら、「いのち」について話す。「いのち…?」あまりに漠然としていたらしい。「カラダの働き」のワークに進むと、「手が動くなぁ」「足も〜」「走ることできる」「サッカーも!」「歩いて学校に来た!」などなど。カラダさんの動きが際限なく出てくる。そこから話は進展。「いっぱい走るとたのしい気持ちになる」「元気になる」など、こちらのリードがなくても話はどんどん進みます。全部のクラスで血液の流れ、心臓の働き、内臓にまで話が及んだことは驚きでした。

「では ココロさんがしてくれていることは…?」の質問も、はじめは漠然すぎて教室にざわめきが起こりましたが、例えば…と例を出すと、「野球で負けたら悔しいと思うけど、次に頑張ろうという気持ちになる」と、はじめの子が発言。すると「お友達が一人でいるとかわいそう。だから優しくしてあげる」と次の子。

そう、心で感じて自分が何ができるか、どんな行動を選択するか、子どもたちはしっかりと知っていて、きちんと誘導してあげれば、心にあるものはそのまま出てくるのです。





いいところがいっぱい!!

ほめるワークでは、少しためらいもあった様子。「小さなことでもやってて当たり前の事でも認めよう。自分をほめよう」このことだけは伝えたいと気合を入れました。

「みんな今日は朝気持ちよく起きられたかな?」
子ども「。。。」
「もう少し寝ていたかった子?」

子ども「はーい」(たくさん手が上がる)

「寒いしもう少し寝ていたかったよね。でも、みんなしっかりと学校にきたよね。気持ちは寝たくてもみんな準備をして学校に今いるよね。それもすばらしいことだよ。自分をほめてあげよう」

子ども「そんなん、当然やん、ほめることと違う」

「やって当然のことかもしれないけれど、ちゃんとその当然のことをできたのだからほめてあげようよ」


そんなやり取りの中でノートに次々と自分のいいところが増えていく。10、20と数を増やす子もたくさん出てくる。

「先生、次のページに書いてもいいの?」と元気な声も上がります。
お友達をほめることも、もうスムーズにできます。見逃していたことも、当然と思っていたことも、「ほめていいんだ!」と知ったときから、お友達のいいところがたくさんたくさん出てきました。優しいところ、ていねいなところ、表情、特技をほめてあげた子もいました。みんな、人のいいところに意識が向いたのです。




ふうっと大きな球のように

フィーリングトレーニングでは、大人向けよりも短縮した形で行いました。

静かに目を閉じること、大きな息をすること、はじめの短い時間で、私にはふうっと空気が大きな球のようにぼんやり白く浮かんでいるような印象を受けました。

両手で自分の体を抱きしめ「ありがとう」をいう時間。教室は静かな空気に包まれていました。

「ありがとうって言うとカラダさんからお返事がきたかな?」の問いかけに、何人もの子がいっせいに手をあげます。「喜んでいた」「温かくてうれしい気持ちになった」「ありがとうってかえってきた!」


最後に手塚千砂子先生の著書『わたしはぼくはたいせつないのち』の一部をみんなで朗読して、温かで満たされた時間を一緒に過ごしました。

私が思っていた以上の良い反応と素直な子どもたちの声に少々面食らったり感動したりして、ぎりぎりまで時間を使い切って、ワークが終っていったのでした。

終了後、満面の笑みで特技を披露してくれる子、何も言わず私にしっかりと抱きついてきた子、何度も手を振ってくれた子、一人ひとりがそれぞれに何かを感じてくれたことと思います。


子どもたちと過ごした時間の中で、私は「命の尊厳をもって私達は生きているんだ!」という自信と勇気づけをいただきました。キラキラしたものがたくさん詰まった子どもたちがますますそのキラキラを輝かせながら成長することを願ってやみません。「いのちの声」を聴いたときの幸福で優しい気持ちをいつも思い出してもらえたら嬉しいなと思っています。

セパ通信 13号(2007年3月発行)より

子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ