東京

一年間 子どもたちと続けました
東京・渋谷区立U小学校・三年生の子どもたちとY先生
「ぼくは宝物だった!」

セパ通信9号で紹介した吉田絵理子さん(リーダー会員)のその後の学校での取り組みについて、インタビューさせていただきました。今回も感動の話が満載。子どもとオトナが一緒に「ほめ日記」をつけることで、どれほど子どもの心の力を引き出すか、改めて感じさせてもらいました。
学校の先生と保護者と子ども。三位一体の「ほめ日記」で三者が向上していくって、すばらしいことですね。限りない可能性が見えてきます。
(文責・手塚千砂子)


――この一年は、どのように取り組まれたのですか?

 昨年度は担任のクラス〔三年生〕の子どもたちに「ほめ日記」を一年間続けさせ、自他ほめトレーニングも時々形を変えて行ないました。これは子どもたちもがんばりましたが、私もかなりがんばって子どもたちをほめる視点で観察し続けました。


――子どもたちは「ほめ日記」を毎日提出。吉田さんはそれにコメントやほめ言葉をつけて返すのですね。

 そうです。子どもたちは勉強でがんばったこと、生活の中で親の手伝いをしたことなど、同じようなことを書きがちなので、『しせいがいいね』『おそうじをこまかいところまでやっているね』『じゅぎょうの用意がいつもちゃんとできているね』『気がついてまどを開けてくれたね』などと、自分のいいところにもっと気がついてもらえるようにと思って書いていました。初めのうちは自分のいいところが恥ずかしくて言えない子、自分の良さに気がついていない子が多かったのですが、続けていくうちにみんな自信がついて言えるようになりました。自分の気持ちを表現できずキレやすかった子も、ずいぶん落ち着いてきて、気持ちを話すこともできるようになりました。


――成果の一例を教えていただけますか?

 保護者会で自他ほめトレーニングを行い、ほめ日記の話をした所、さっそく子どもと毎日実行してくれた母親がいました。 その子は時々奇声を発したり、授業中に寝転んだり逃げちゃったりしていたのですが、母と子でほめ日記を書くようになってから、みるみる顔つきが変わり、夏休み明けからとても落ち着いてきました。静かに授業も聞けるようになり、手を上げて発表もするように。『ぼくは宝物だったということが、子どもの心に刻まれたようです』とお母さん。『親子関係も良くなり、ほめることを教しえていただきありがとうございました』とお礼を言われ、私もうれしかったです。」


―― 一年間続けてみて、いかがでしたか?

 私も以前は子どもと一緒になっておこったりすることがありましたが、ほめ日記の取り組みを通して、落ち着いてその子を観察し、何にイラついているのか見極められるようになりました。

 また、乱暴だった子の表情が柔らかくなってきたり、キレやすかった子が我慢できるようになったりするのを見ると、みんなそれぞれちがうけれど、みんないいところがあるのだと実感します。この一年間、大変でしたが、私も成長できたことが感じられます。


〜子どもたちの感想から〜

ほめ日記をかきはじめてよく自分のことを気にするようになった

毎日書くのがちょっと大変だったけど、毎日かけばなにがあったかわかるので、とてもたのしかった

いろいろあったけどたのしかった

よく一年間かいたなと思いました

毎日書くのがちょっと大変だったけど、毎日かけばなにがあったかわかるので、とてもたのしかった

がんばってかいた

とてもたいへんだったけどとてもよかった

がんばってかいた

かくのがたいへんだった

4年生になっても続けたい

自分のしたことを見直せるようになった

今まではがんばったことは書かなかったけど、ほめ日記を書いてからはたのしくなった

すごくよみかえしてなにをがんばったかがわかった

ほめ日記を通して自分をほめられたと思いました

うれしかったことや楽しかったことを一年間かいて思い出にのこった

自分のよいところがよくわかった


セパ通信 14号(2007年6月発行)より


子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”TOPページへ