ステップ① セミナー を受講して  



<「私はここにいていい」とメッセージが> 
                            I.Yさん(女性 28歳)



 私の場合 自分の悪いところに目を向け続け、自己否定感の固まりでした。人目を気にし、周囲の意見や顔色に自分を合わせ、自分が無い状態でした。

 今回のセミナーを受講し、自分の心や体にあたたかい言葉を掛けていった時、自分に向けた、優しく温かい言葉に涙があふれ、
手塚先生のおっしゃっていた「命からのメッセージ」が返ってくることを実感しました。
 「私はここにいていい」という言葉が返ってきたのでです。体の反応は ポカポカと温かくなりました。

 帰宅する電車の中で「私は私のままでいい」という言葉が再び返ってきて、涙がとまりませんでした。
長い間 外に向けて探し、頭で考えて理解し、理想の自分をつくろうとしているうちに 何が好きか、自分がどうしたいのか、自分の気持ちがわからなくなっていたように思います。

 帰宅してから、ハートの中に 炎がともったような、又そこに戻れば安心を感じることができました。
 「人は、大人になってからも変わることができる!!」。自己尊重感を高めていくことによって、喜びや感謝、自信、幸福感etc.をもてるようになり、良いところも、マイナス面も、受け入れていくことができる。
私が自己尊重感を高めることで、周囲の人にも広がっていくことを思うとスバラシイ!! まずは自分から!!
「ほめ日記」を続けて自己実現させようと思います。
このたびはありがとうございました。

~~~♪~~~

<この方法を求めていたんだと、叫びたい気持ち> 
                                S.Hさん(女性 43歳)


 このセミナーは、私の「自分を愛する」というテーマの、大きな力になってくれると思い、迷わず申し込みました。そしてセミナー当日、ドキドキしながら会場へ向かいました。

 私語厳禁?! 食事の時間もトレーニング!? 厳しいのかしら!? 今まで受けたセミナーとは確実に違う。

 「教材は自分」。自分の中の声に耳を澄ませ、心に書いていあることを読む。周りでなく、他の人ではなく、‟自分”に集中する。初めての経験で、これが素晴らしかったです!
 厳しいどころか、大きな優しさに包まれたような感覚を覚えました。

 「命の体感トレーニング」で、目をつむり、まわりを気にせず、ひたすら自分の身体と向き合う。心地良さは格別でした。ヨガや瞑想と全然違う感覚です。
いかに今までの自分が周りを気にして、軸というものを無くしていたか、気がついた瞬間でした。
 「命の体感トレーニング」を続けるうちに体がほぐれ、心がほぐれ、澄んできます。生命が愛おしくなります。
 命からのメッセージは「この世に生まれてきてくれてありがとう」というものでした。

 インチャの癒しをしたり、成功哲学やイメージトレーニングを実践したりしましたが、堂々巡りになる。自己否定が解消されない。
それらが、このセミナーのシンプルな方法で、難しく考えなくても解決できる!!
すごいメソッドだと思いました。

 私は、この方法を求めていたんだと、叫びたい気持ちでした。誰でも出来るシンプルな方法。これなのです! もう‟アタマ偏重”でいることをやめ、生き物としての本能を呼び覚ますためにも、この「ほめ日記」を一生続けていこうと思いました。


~~~♪~~~


<「大丈夫だよ」、という体の声が> 
                                東京 笠井知徳さん

 
自分のことをとても愛おしく思えました。ただ生きているだけで大きな大きな感謝に値するなということを「命の体感トレーニング」で心の底から感じることができました。

★これまでどんなに私がわがままを言って、無理をさせてしまうことがあっても、大病を患うことなく支え続けてきてくれた心臓を始めとする、すべての臓器や血管、骨、筋肉等々、体すべてに心から感謝することができました。

 日々の優先順位をしっかり決め、体を開放する時間をその上位に入れたいと思います。なぜか涙が溢れてあふれて仕方がありませんでした(おそらく大切にしてこなかったことに対して、申し訳ない気持ちでいっぱいだったからだろうと思います)
 でもその反面、「大丈夫だよ」、という体の声も同時に聞こえていたように思いますし、何か非常に温かいものに包まれていたように感じます。
 地球というか、宇宙というか、何か目に見えないものに守られている気がしていました。

 体と心(と脳)がつながっているということが、よくわかりました。体を元気にし、心を元気にする。心を元気にし、体を元気にする。そうすると脳も元気になる。そのような好循環の生活を送れるように、くり返しになりますが、体を大切にしたいです。

★つい人と比較して、あるいはされてきたけれど、そのような必要はまったくなく「生きているだけで丸儲け」だということがよ~くわかりました。
 人からどう見られるか? ばかりを気にしてきたと思います。自分の人生を生きてこなかった、常に思考し、周りの人から良く思われるように行動しようとしていました。
 言葉のクセ、思考のクセ「ほめ日記」で修正し、マイナス方向に行きそうになったら、必ずプラスに引き戻すことを、心がけて行きます。


~~~♪~~~

<不必要なものが見えてきて 断捨離!> 
                                M.Hさん(30代)


 
セミナーで、私は、この宇宙でたった一つの大切な存在であると、そして「生命は発展したいと思っている」、ということを知った私は、本当に他人がどうでもよくなりました。フェイスブックもやめました。
 人の事が気になっても、そのことに気付いている自分をほめています。断捨離をしたくなり、仕事がどんなに忙しくても乗り越え、やっています。


 体の声(今何か食べたいか、眠たいか)を大切にしようと思えたし、余計な事をしなくなりました。楽になりました。

 不必要なものが見えて来て、たくさん断捨離できました。恐怖によって集めた沢山のもの、でもそれは私が私の為に精一杯用意したものです。「ほめ日記」2ヶ月目にして、潜在している力が働き、そっと優しく、恐怖を手放す力をくれました。私は良く出来たと思います。
 怖い気持ちを、幻想だと見破れた私、勇気あるね! 本当に私はよく出来ました。
 人と比べるのではなく、前の自分と今の自分を比べることは、自分の成長が見られるので、ストレスはなしです。
 素晴らしいセミナーでした。


~~~♪~~~


<肯定的、能動的、生産的な前向きの思考が> 
                                T.Mさん(40代・男性)


これまで肩肘張って生きてきたが、「全肯定」という考え方に出会い、人生観がガラリと変わった。

 すべてではないが、周囲の多数派から「変わり者」と見られ、自分もそれを「勲章」とすら感じてきたが、自分を否定した人を反面教師として逆否定し、「自分がされたことを、他の罪のない人にはしない」「正反対のことをする」、だけでは根なし草のような、地に足のついた独自の意見を実は持っていなかったことに気付かされた。

 「自分を愛せない者は他人を愛することができない」という考え方には目からウロコが落ちた。今後は自分と他者の全てを肯定する生き方をしたいと感じた。

 「命の体感トレーニング」を通じて、自分の中に感謝の気持ちが湧き、すべて受け容れられるような、まっさらな境地に達することができた。

 不思議なことに、ここ最近自分をさいなんできた‟自分に危害を加えた奴ら”ではなく、自分を理解して支えてくれた人々の顔が次々浮び、自分はこんなにも「人」に恵まれていたのかと否定的、受動的、破壊的な後ろ向きのきもちではなく、肯定的、能動的、生産的な前向きの思考がじわじわと自分の中に浸透してきた。

 自分を「二重否定の『肯定』ではなく、「正面からの肯定」という見方でとられることができた。

 <セミナーから一カ月「ほめ日記」を書いて>
・「ほめ日記」を書き、文章にすることで、自分を客観的、冷静にみられるようになった。
・ストレスから開放され、過去の忌まわしい記憶にさいなまれることが少なくなった
・自分は自分でいいんだと開き直れるようになった。
・価値観を押しつけてくる輩は例外だが、自分と異なる価値観をもつ他者に対しても、今までより寛容になった。
・マイナス思考に陥ることが少なくなった。
・自分を受け容れるのは、他者ではなく、この自分にほかならないということに気づいた。
・「生きづらい」今の日本を、自分から変えていこうという気になった。


~~~♪~~~

<2回目の受講をして――大きな宇宙につながった>
                                Y.Yさん(女性・30代)


 前回の受講から色んな変化があり、今回はどんな自分に出会えるのだろう?と楽しみに、また、緊張も入り混じりながら参加しました。 

 前回はじわ~っと、自分への感謝の気持ちで涙が流れました。その後、毎日身体に感謝を伝えていたためか、今回は感謝よりも温かさ・安心を感じました。

 「命の体感トレーニング」が始まってからは、ニコニコと笑顔のようなイメージがずっと頭の中にありました。目を閉じた後、はじめは真っ暗でしたが目の前がぼうっ~と明るくなり、「命の体感トレーニング」が終わる頃には、目の前だけでなく、頭のてっぺんまで、スカッと明るくなりました

 また身体全体が温かくなり、さらに身体が無くなってしまったのではないか?と思うほど、ふわ~っと軽くなり、私の命が一つの塊になった感じがしました。

 私は身体をこれまで部位で捉えていましたが、手塚先生にアドバイスを頂いたあとに、「命の体感トレーニング」をすることで、身体と心が融合して、『命』という大きな塊になったんだな。とてつもなく大きな宇宙に繋がったんだ、と感じました。思い出すと、とても不思議な感覚でした。


~~~♪~~~

<2回目の受講をして――母親の愛情が心いっぱいに> 
                                Y.Mさん(30代・女性)

 「命の体感トレーニング」で、体や命からの声を聞くことができました。1回目にセミナーを受けた時には、ほとんど感じることが出来なかったので、これはとても嬉しかったです。

 1つ目は、足首を回したとき、とても明るいキラキラした声で「ありがとう!」と言われたこと。

 2つ目は、手を動かしていた時、手塚先生の「この世で最初に掴んだものはなんでしょう?」という問いかけに、母の指を掴んだ感触を思い出し、母親の愛情が心いっぱいに広がりました。そして、「自分はこんなに愛されていたんだ!」と分かり、感謝の気持ちで心がいっぱいになり、自分の命は愛されるべき大切なものなんだと感じました。
 母だけでなくご先祖様から連綿と続く愛情の歴史の末端にいる自分に気づき、涙が出ました。

 昼休憩の時に、意識を自分の内側に向けていると、「よくやっているよ」という声が湧き上がってきて、はっとさせられました。

 転職活動がひと段落したと思った矢先に乳ガンが発覚し、手術や治療に追われ、ここ数ヶ月は息つく間もありませんでした。自分の心と体を労ったつもりになっていたけど、まだまだ足りなかった、もっともっと誉めてあげようと思いました。

 「本来の自分に戻る」には、こうした体や命からのメッセージに気づくことが大切ですが、そういったメッセージは微細に伝わってくるので、普段から体や心、命と仲良くしていることが必要なんだということが、わかりました。
そのために、やはり「ほめ日記」を続けること、それから「体感トレーニング」や呼吸、姿勢などへの気遣いを忘れず、体を整えることが、これからもっと大事になってくるんだな、ということが“感覚として” 理解できたのではないかと思っています。


~~~♪~~~


I.Uさん(30代女性・東京都)



 「命の体感トレーニング」中に、私の内側から「頑張ってきたねえ~」と声が聞こえて、自分に感動しました。こういう体験ができるなんて、想像もしていませんでした。

 家に帰っても、命の喜びが胸に残っていました。

 ゆったりした自分の心身を感ながら、これからは力を入れず ゆるやかにしなやかに、私の命を大切にしていきたいという思いが、むりなく心の中から湧き出ています。



~~~♪~~~


K.Cさん(40代女性・長野県)


 命の声を聴くことができました。ありのままの私の命は最高に素晴らしいと感じました。

 自己尊重感や自分の能力、良さ、才能を引き出すのは 自分なのだ、それは私にもできるのだと心の深い部分で感じることができ、この経験は、自分だけにとどまらず、自分から家族に、そして社会へと、よい循環を生み出す元になると直感しました。

 少しずつ行動を起こそうと思っている自分がいます。



~~~♪~~~


J.Uさん(50代男性・茨城県) 


 普段は自分の体をいたわる気持ちを表に出すことはめったにないが、今日は自分の体の声を聴いて,優しくしてあげることができたので、体が喜んでいるように感じられた。

 今までも職場で辛そうにしている部下や同僚に「ほめ日記」を勧めてきたが、今日 改めてセミナーを受講してみて、これを職場だけでなく、できるだけ多くの人に広めることが、世のため、人のためになると、強く感じた。



~~~♪~~~


K.Tさん(50代女性・埼玉県)


 カラダがリラックスするにつれて、感覚をキャッチできるようになった。自分の命がちゃんと答えてくれたのがすごい! うれしくなった。

 自分の命を自分で保っていくための、一番の根っこの部分を育てることを意識して取り組み、体験的に学びながら学校の子ども達に伝えていきたいと思う。

 今日は素晴らしい一日でした。このセミナーに参加しようと決めた自分のエネルギーに感謝!


~~~♪~~~


T.Tさん(30代女性・鹿児島県)


 「命の体感トレーニング」では、自分の中にとても優しいものがあることを感じて、安心感を得られた。今まで遠くばかり見て「いいもの」を探していたことに気が付いた。

 「人から非難されたくない、人からスゴイと思われたい」という気持ちが強く、常に周りの人の目を気にしていたが、自分の命の中にあるものを大切にして育てていくことが幸せの近道なんだと確信を持てた。

 あっという間の一日でしたが、素晴らしい体験をさせていただきありがとうございました。


~~~♪~~~


Y,Aさん(20代男性・大阪府)


 職場のストレスでマイっていたが、「ほめ日記」を書くことでかなり緩和されてきて楽になっていた。

 今回のセミナーを受講し、さらに生き返ったような感覚を得て、同時にストレスを解放するコツがつかめたと思う。

 自分の中に強い愛があることも感じられ、自分を信じ、尊重することの大切さが理屈ではなく、体感的にわかった。

 家族や友人にも伝えて、お互いにいい人生を生きたいと思う。参加した自分がエライ!


~~~♪~~~


E,Aさん(60代女性・静岡県)


 6時間のセミナーを受けている間に、体の痛みが改善したり、ずーっと抜けずにいた疲労感がなくなって,体が自由に動きました。エネルギーが満ちてくるセミナーですね。自分の体に感謝し、体と握手しました!

 心には幸せ感が湧いてきました。それでいて穏やかです。

 「命の体感トレーニング」を受け、まさに「目からウロコ」で、感動しました。

 「自他ほめトレーニング」は楽しかったです。人からほめらることがこんなに嬉しく楽しい事かと、改めて「ほめる」ことの大切さを感じました。

 友だちや周りに広げていきたいです。


~~~♪~~~


T.Kさん(40代女性・岐阜県)


 自分の骨や手や足、いろいろなところに意識を向けるたび、「スバラシイね、素晴らしい!」と自分を賛美する思いがたくさん出てきました。

 エネルギーが満ち溢れ、手のひらや足の裏からビリビリと放出されているのを感じました。そして自分の体、命を尊いと思う気持ちが自然にあふれてきて涙が出ました。感極まる、とはこのことです。

 大学生の頃、アメリカ人の先生が「Self-esteem is the most Important」とおっしゃったのを聞いて、衝撃を受けたことを鮮明に思い出しました。文化の違いをハッキリと感じました。

 ここに導かれたことも、手塚先生にお会いすることも、必然だったんだぁと思いました。


~~~♪~~~





TOPへ