1、子どもの“自尊の心”を育てるワーク

 子どもを対象にしたワークショップを出前で行なっています
  (実践は「子どもたちと“命の声を聴く自己尊重トレーニング”」で紹介しています)


☆ 子どもを対象にしたワークショップ
・小学生低学年のワーク
・小学生高学年〜中学生のワーク

・高校生〜大学生(10代)のワーク



☆ 親子で参加するワークショップ
・字が書ける子どもと親の自他ほめトレーニング

・赤ちゃんと母親のフィーリングトレーニング



   ☆ ☆  ☆ ☆  ☆ ☆


 子どもの心を育てるって?

 
子どもの心を育てるためのキイは、大人自身の「心」を育てることです。

 大人のあなたは、充分にいつも落ち着いていますか。安心が心に満ちていますか。ストレスでイライラしていませんか。あなた自身の心がもっているすばらしい力や可能性というものを知っていますか。そしてそれを信じていますか。

 何かことに当たる時、頭の中で考えるだけでなく、自分の心はどう感じているか、とご自分の気持ちや感覚、感性に注意を向けていますか。

 自分の気持ちを無視したり、偽ったり、あるいは人がどう思うかばかり考えている、ということはありませんか。そういう心のクセが、知らないうちに自分をイライラさせ、自己否定感を強くしてしまいます。

 あなたがご自分の気持ちや体を大切にし、あなた自身の命を尊重していると、子どもさんの“自尊の心”や“命を大切にする心”は自然に育っていくものです。あなたが否定的でいると、子どもさんの自尊の心は育ちにくくなってしまいます。

 セパのプログラムは子どもと大人を対象にしたものです。

 私は、子どもさんの自己尊重感を育てたいと考えていらっしゃる親御さんには、ご自身も当プログラムを実践されることをお勧めしております。親御さん自身が自分を責めず自分を好きになって、子どもさんの心を育てていただきたいと思います。
セパ代表 セルフエスティーム・トレーナー 手塚千砂子


子どもの心を育てる活動”のTOPへ