3、「ほめ日記」で自信を付ける

    
心の教育 「日経キッズ+」2007年7月号掲載

自分のことが好きになれない、
自信が持てない子どもたちの現状を改善するのに
効果的なのが「ほめ日記」だ。
一体、どのように活用すればいいのだろう?

長年にわたり「自分を好きになる」というテーマでワークショップを行っている手塚千砂子さんは、その経験から「自分に自信が持てない子どもが増えている」と語る。「私たちが主催する子ども向けのワークショップでも、『自分にいいところがあると思う人』と聞いてみることがありますが、手が挙がらないことが多いですね」。

 
そこで手塚さんが勧めているのが、ワークショップでも実践している「ほめ日記」だ。「ほめ日記」とは、自分で自分を褒める日記のこと。何でもいいので1日を振り返って、自分の褒められることを書き連ねていく。これを始めることで、子どもは自分自信を肯定する気持ちが高まり、自信を付けていく。

 ここで大切なのは、子どもだけに書かせるのではなく、親子(できれば家族)で始めることだ。「自分のことを『ダメな親だ』と否定的に思っている人は案外多い。子どもがせっかく自己肯定感を持てたとしても、それを認める気持ちが親になければ意味がありません。まず、親が自己肯定感を持つこと。そうすれば、子どもも変わっていきます」と手塚さん。自己肯定感が高まり自信が付くと、ありのままの自分を受け入れられるようになるので、怒られてもきちんと反省できるし、失敗も恐れなくなるという。

 書き始めるに当たって、何を書けばいいか迷うこともある。その場合は、「走るのが速い」など体ができることから書き始めるといい。慣れてきたら、「友達に優しくした」といった心ができることに意識を向け、書くようにする。体と心でできることがわかると、自分の存在自体を肯定できるようになる。



 
「ほめ日記」の付け方

 
・ ノートを用意する。種類は何でもOK。 

 ・ 1日を振り返って、「自分の褒められるところ」を探して書き出す。

 ・ 親子で一緒に付けると、より効果的。
   親は親の「ほめ日記」を、
   子は子の「ほめ日記」を付ける。


 
何を書けばいいか
 迷ったら...


 ・ 自分の体ができること(できたこと)を書き出す。
   →例)学校まで歩いていけた、サッカーの試合でシュートを決めた...etc.

 ・ 自分の心ができること(できたこと)を書き出す。
   →例)友達に優しくできた、お年寄りにバスで席を譲った...etc


  「ほめ日記」の効果

  
「ほめ日記」を付ける。
      ↓
  自分を肯定する気持ちが高まる。
      ↓
  自分を好きになり、自信が付く
      ↓
  生きていくことに積極的になる。
      ↓
  夢や希望がわいてくる。
      ↓
  勉強やスポーツ、自分のやりたいことなどに前向きに取り組むようになる。


                                         取材・文/松井広美
  

“子どもの心を育てる活動”のTOPページへ