●「メール・セパ通信No.3」より抜粋
 
----------------------------------------------

◆セパトレってほんとにすばらしい!!「体験談」

----------------------------------------------
【奥が深い! ほめ日記効果】

                織田さん (東京都)

 息子がクラブ活動で思いどおりにいかず落ち込んだ様子をしていました。話を聴いた後で、
この一年で成長したことや頑張っていることをほめたら、
すぐに顔がパッと明るく前向きな表情に変わりました。自然に息子のプラスの面を伝え、ほめることができました。
母としての自信をすっかり失った時期がある私にとって、
とても嬉しくまた大きな自信になったできごとでした。
頭でほめなくてはと考える前に、とっさにほめることができたのは、私がほめ日記を毎日書いているうちに、
私の自己尊重感が育ってきたからだと思います。
息子にそういう関わりができた自分自身もたくさんほめてあげることができました。

 また息子と私が熱が出て、体調が悪かったときに、フィーリングトレーニングをして休んだら
いつもより早く回復をしました。体さんに意識を向けて感謝し、お願いだから頑張って良くなって〜
とお願いしたことをほんとうにきいてくれたように感じました。
息子は風邪をひくと長引くことが多いのですが、翌日にはすっかり熱が下がったのには驚きました。
身体の声を聴くことを習慣にすると、もっと元気になれるとイメージができました。

 ほめ日記を書くようになってすぐに感じた変化がもうひとつあります。それは、人がもっと好きになったことです。そのためか、最近疎遠になっていた友達に連絡を取って、会う計画が目白押しなのです。
今までお世話になった人たち、関わりあった人たちとの交流を大切にしたいと思い始めました。
私は何を大切にしたいのかを感じられる自分に少しづつ変化している気がしています。
 ほめ日記の効果って、奥が深いですね。




【ファシリテーターとして頑張っています〜1歳3ヵ月の娘とともに】

                        松口 右知子(東京都)

 今回はセパトレアドバイザー石川文子さんに参観して頂きました。緊張して話そうと準備して
いたことをすっかり忘れて進めてしまい、途中気付いてどうしよう・・・と焦りました。
その後、順番を変えて話をしましたが、石川さんとのカンファランスで、気付いたときに
「言い忘れてしまいましたが、・・・」とお話すればいいと伺い、とても気が楽になりました。
 完璧にやろうとせず、うっかりしてもそれをオーフ゜ンにして肩の力を抜いてやっていけば
いいのだと思いました。ファシリテーターの立場は本当は得意でなく、それでも頑張って
セパトレをやっている私は偉いな〜と思います。慣れないことをやっているのだから
最初は肩に力が入っても仕方ないよね、少しずつ慣れてより良くなればいいよね、
と自分に優しく語りかけることが出来ました。今まで反省ばかりが先にたっていましたが
石川さんのアドバイスによって大切なことを気付かせていただきました。
 今回は東日本大震災から避難されている方もお子さん連れで参加されました。どう接したら
いいか・・・と思っていましたが、当日は特に意識することなく参加者のお一人として
普通に接することが出来ました。他の参加者の方も同様で、誰も興味本位に質問する
ことなく、小さい子を中心に温かく穏やかに淡々とした時間になって素晴らしかったと
思います。小さい子ども連れでトレーニングを開催していることに勇気をもらったと言って
いただいて嬉しかったです!

 1歳3ヵ月の娘は10ヶ月の頃から私のセパトレに付き合ってくれています。
娘をみながらのトレーニングは決して「大変なもの」ではなく、
娘は私にとって安心の元であり、場を和ませてくれる素晴らしい存在です。今の自分の立場
でやりたいこと、出来ることを行動に移している私もまた素晴らしいです。
よりよいセパトレの為にも、ほめることを意識しほめ日記付けを頑張ります。


資料の請求、お申し込みは…
こちらのHPのメールフォームからお願い致します☆

リーダー養成講座に関してはこちらのページもご覧下さい

ホームページ http://sepa-t.my.coocan.jp/

SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) 「メール・セパ通信 No.3」