●「メール・セパ通信No.4」より抜粋
 
----------------------------------------------

◆セパトレってほんとにすばらしい!!「体験談」

----------------------------------------------
【娘の幼稚園で、手塚千砂子講演会が実現!!】

                松口 右知子(東京都)

 娘が通う幼稚園で保護者向けの講演会がありました。
タイトルは、「子育てハッピートレーニング」。
NHKあさイチの番組で取り上げられた山田容子さんのお話の例や、その他先生に送られてきたメールを紹介され、いかに自分をほめることが大事かを先生がお話くださいました。
体験談以外にも、脳科学の観点からデータでの説明もあり、初めてほめ日記の話を聴く方たちも、ほめ日記を書き、ほめ回路を太くすることによって、自己尊重感が育まれることを理解しやすかったと思います。

家事に育児にと毎日頑張っているお母さん達の中には、思うようにいかない子育てに自分を責めている方もいらっしゃったことでしょう。真剣な表情で、メモを取る姿や涙ぐむ姿も多く見られました。

「虐待は止められる、という言葉に救われた」と、目を赤くしながら晴れやかな表情で感想を話してくれた方が印象的でした。
普段は元気に見える方も心のうちには色々と抱えているのだなと思いました。今迄どれだけ苦しんでおられたことか・・・
先生の講演会が実現して、本当に良かったです!!

娘の幼稚園で手塚先生の講演会を!!と夢を抱いてから約一年。その夢が実現し、たくさんの方に講演会に参加してもらえてよかったです。

愛情いっぱい、パワフルな先生のお話に、会場の雰囲気は明るく愛に満ちた優しいものに変化していき、講演会終了後の参加者の皆さんのお顔はキラキラと輝いて見えました。




●「メール・セパ通信No.6」より抜粋 
----------------------------------------------

◆【会員の体験インタビュー】

----------------------------------------------
◎「命の声を聴く自己尊重トレーニング」と出会って育児が大好きに!

                    F・Yさん(京都市)

 「秋に5人目を出産しました」
京都市にお住いの藤原有美子さんから嬉しい年賀はがきが届きました。
彼女は5年前、3人目のお子さんを出産した後セパの一日集中講座を受講されました。
以前は育児に悩んでいた有美子さんからの思いもよらぬハガキに嬉しくなり、早速会いに行ってきました。

自宅リビングで私を迎えてくれた有美子さんの顔をみてまず最初の驚き。
美白女王もびっくりの真っ白で雪のような肌とやさしいやさしいその表情。
初めて知り合ったときの厳しい表情はどこにも見られません。
手塚千砂子先生の講演を初めて聴いたのが5年前、3人目のお子さんを産んだ後でした。
自分をほめるワークの時に、ほめることが全く思いつかず手が付けられなかったそうです。
その時に、先生に「こんな小さなお子さんを連れてくるなんて素晴らしいじゃないですか」
と言われ、それまで「できて当たり前、みんながやっているのだから当たりまえ」と思っていた心がほろほろ溶けていったとおっしゃっていました。

「みんな頑張っているんだから私もやらなきゃ」
「これくらいだれでもやっている」
「自分をほめてはいけない」
常に自分に厳しい声掛けをしていた有美子さん。
それにより家族関係がぎくしゃくしたり、自分が落ち込んだり、辛い経験をしていました。
しかし、その日を機に考え方を変え、セパのトレーニングも続けて受講されるようになりました。

肯定的な考えが身についてくるにつけ、マニュアルに縛られていた子育てが、「目の前の子どもの発達を見て育てる」ようになってきたと言います。
「子育てが『作業』から『成長を見守ること』に変わったんです!」。
この一言がなんとも印象的でした。

「子どもはちゃんと時期がくればそれに合った発達をする。子どもの命が持っている力を認められるようになると子育てがとっても楽しくなりました」。
5人目も絶対に育てられるという自信があったと振り返ります。
そして、「自分が幸せになったからこそ、今度は自分がセパのトレーニングを伝えていきたいです」と言う有美子さんの一言一言から熱い思いが伝わり、「命の声を聴く自己尊重トレーニング」で人生を変えた、ゆるぎない強さを感じました。
(文責:山田容子)

----------------------------------------------

◎さすが私、やればできる!

                   Aさん(京都市)

京都市のAさんからこんな嬉しいメールが届きました。

「手塚先生の<ネットレッスン>との出会いを機に 、今まで目を背けていたひとつひとつを肯定的に見られるようになりました。今、元気に報告ができることをとても嬉しく思います。
1年前は、『これではイカン』といつも自分と戦っていました。
最近、始めは気が進まなかったことも、気持ちを切り替えながら行動できたときには、『おおーさすが私、やれば出来る!』と、いつのまにかほめてます。

完璧が当たり前だったら、できてないことがあるたびに自分を責めますが、完璧主義をやめてしまえば、ひとつひとつがほめるネタになるんですね。
加算法で考えるってこういうことなんだなぁと実感しています。

以前の私から見たら、驚くほどの変化です。
いろんな場面で以前の考え方のクセは時々顔を出しますが、そんな時も『だいじょうぶよ、そのクセはだんだん出なくなるよ』とやさしく励ましています。
今の私は、1年前より心も体もずっと元気です。」



SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) 「メール・セパ通信 No.4, No.6」