●「メール・セパ通信No.7( 2012.5.30発行)」より抜粋
 
----------------------------------------------

◎ほめ日記でゆっくりしっかり幸せの根っこづくり! 

                   S.Oさん(京都市)


 初めてセパのトレーニングを受けたのが2012年の4月。毎日ゆっくりではありますが幸せの根っこができているような気がして嬉しいです。

 講座で「ほめ日記 自分新発見」を購入し、帰宅後すぐに読みました。摂食障害、うつ、親へのわだかまり、生きることの意味・・・これ私? というくらい自分が苦しんできたことと一杯重なって、涙が出ました。

 でも、この経験は無駄にはならない、幸せに変えられるんだと確信を得ることができ、とても嬉しかったです。

 初めての受講から1か月余り、「ほめ日記」はつけ続けています。ほめることは少なくても、「あ、今これ(その事柄や体の状態が)私に訴えかけてる・・・」というハッとする気づきが増えたように思います。体さんへの感謝も寝る前に欠かしません。

 当たり前にできていること(ご飯を食べる・作る、寝る)にも目が行くようになってきました。昔、摂食障害や不眠症で苦しんでいた時を考えれば、日々の「当たり前」と言われることも決して当たり前ではないのですね。そしてそれが今できている自分に、「私回復しているなー」と、優しいまなざしを向けることができるようになってきました。

 「ほめ日記」をつけ始めてしばらくしたある日、家族に怒りをぶつけてしまうことがありました。そのあと悲しい気持ちでいっぱいになりました。昔からそのようなことはあったのですが、今回はなぜそのように思うのかを冷静に考えることができました。すると、人を責めながら結局自分を責めていたのです。そう気づいたら、少し、怒りとかわだかまりを手放せそうな気がしてきました。

 「ほめ日記」を通して気持ちの立て直しができるようになってきたのが嬉しいです。責め回路からほめ回路へ、ゆっくりそしてしっかりと自分のペースで幸せの根っこを作っていきたいと思います。



●「メール・セパ通信No.8(2012年7月発行から)」より抜粋 
----------------------------------------------

◎「完璧主義」から「ありのままでOK」に大変化!
 
                      鹿児島県 Tさん


 私は人から賞賛を浴びたい、誰かの憧れの存在でありたい、といつも思っていました。そして、そのためには「完璧であらねば」と思い込んでいました。当然「完璧」ではないことが起きたときは気持ちがピリピリしている状態でした。

 そんな折、二之宮つもるさんの「ほめ日記講座」を受講し、その思い込みを吹き飛ばすことができました。私からは完璧に見える二之宮さんが、ご自身の「完璧ではない」体験談を笑いを交えながらお話になるのを聞き、「完璧でなくて当たり前、そのままでOK」という気持ち、そのままの自分を受け入れようという気持がわいてきたのです。

 それから、「ほめ日記」を続け、ほかの人へも「ほめ言葉」を言うことを意識してきました。今までは人間関係において「自分は嫌われているのではないか」といつも不安に思っていましたが、「自分は大丈夫!」と自信がついてきました。

 人間は「カッコヨクナイ」ことを受け入れることでさらに深みがプラスされ、「カッコヨサ」が増してくるように思います。「ほめ日記」を続け、これからも「今の自分」を受け入れていきたいと思っています。

----------------------------------------------

◎「自分の感情を自分が感じていいんだよ」と気づかせてくれた「ほめ日記」
                       
                             鹿児島県 Nさん


京都市のAさんからこんな嬉しいメールが届きました。

「手塚先生の<ネットレッスン>との出会いを機に 、今まで目を背けていたひとつひとつを肯定的に見られるようになりました。今、元気に報告ができることをとても嬉しく思います。
1年前は、『これではイカン』といつも自分と戦っていました。
最近、始めは気が進まなかったことも、気持ちを切り替えながら行動できたときには、『おおーさすが私、やれば出来る!』と、いつのまにかほめてます。

完璧が当たり前だったら、できてないことがあるたびに自分を責めますが、完璧主義をやめてしまえば、ひとつひとつがほめるネタになるんですね。
加算法で考えるってこういうことなんだなぁと実感しています。

以前の私から見たら、驚くほどの変化です。
いろんな場面で以前の考え方のクセは時々顔を出しますが、そんな時も『だいじょうぶよ、そのクセはだんだん出なくなるよ』とやさしく励ましています。
今の私は、1年前より心も体もずっと元気です。」



SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) 「メール・セパ通信 No.7,8」