一般社団法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) 


役員紹介

・手塚千砂子
・藤崎 郁

・二之宮つもる
・重田 紀子
・山田 容子

☆手塚 千砂子(代表理事)

命を大切にする社会に

「自分の命」を熱く いとおしく 感じたことがありますか。
「生きている!」 という実感に 涙したことがありますか。
「命の中から聞こえてくるやさしい声」を 聴いたことがありますか。


すべての人の命がもっている「キラキラ輝くすばらしいもの」を多くの人に実感してもらいたい、熱い血の流れる自分の命をしっかり抱きとめ、感じ、味わってもらいたい、と願い続け、そのためのトレーニングを提供しながら実証研究を続けてきました。振り返ってみると20数年になります。
命に対する感覚が希薄になってきている今の時代を考える時、「生身(なまみ)の命」の感覚を取り戻すためのワークを、今こそ社会に広く知ってもらいたいと思い、それまでの個人的な活動を大きく飛躍させるために、こころざしを同じくする人たちとNPO法人を設立しました。2003年のことです。


生命感覚の希薄さから生じるさまざまな不幸について、ここで述べることはしませんが、メディアからの情報を得るにつけ、時代の危機を感じる人も多いと思います。

大人たちは、生身の命――自分の命も他人の命も――に対する肯定感や尊厳感覚を取り戻すための方策方法をさがし、実践し、成果を出し、そして子どもたちや若者たちが成長過程で「命の大切さ」をしぜんに内的感覚として知っていくような環境をつくらなければならないと思います。そうしなければ、私たちは人間らしさを喪失した歪んだ社会を子どもたちに残すことになると思います。

互いの命を大切にするという、ごくふつうの意識が主流となり、それがハッキリと形に表れる社会になるように、との願いのもと、私は「命の声を聴く自己尊重トレーニング」という私の持ち場で、可能な限り努力をしようと思います。
皆様に応援して頂けることを心から願っています。
なお、
手塚千砂子のホームページも見ていただけたら嬉しいです。



子どもの心を育てる

   ――大人にできないことは子どもに教えられない

いま、私たちが生きている社会とはどんな社会でしょうか。科学技術が驚く速さで発達し、わたしたちが子どものころは夢物語としか思えなかったようなことが、現実のものとなっている時代です。


生活は便利になり、ラクになりました。 お金さえあればたいがいのものは手に入るし、思い通りになる――社会に溢れる情報は私たちにそんな錯覚を与えてきたし、私たちも 自分の幸せをお金やモノ、形に見えるもの(学歴、地位、肩書きなど)に求めながら生きてきたのではないでしょうか。



その一方で、この三十年くらいを振り返ると、目に見えないものや形に現れないもの、お金には変えられない価値があるということを忘れて生きてきた時代だと私は思っています。


自分の心で思うこと、自分の感性で感じること、心の深みから湧き出てくる感情・・・こういうものを無視して、外へ外へと意識を向け続け、お金や形を追い求めていると、私たちは自分の「心」がわからなくなり、本来の自分の尊さがわからなくなってきます。すべての人が持っているはずの自己尊重感というものもわからなくなり、やがて自分の命に対する尊厳意識も心のどこかに隠れてしまいます。

そうなると、お金はあるけれど、不安とイライラが解消できない。 毎日の生活は成り立っているけれど、心が満たされていないし、幸福感をもてない。 自分を愛せないので人のことも愛せない。 何のために生きているのかわからない・・・と言う気持ちが強くなってきます。


モノは溢れているけれど、心が満たされない生き方を、私たちは知らないうちに選んできてしまったのだと思います。 私たちは社会の影響を受けながら生きていますから、ある意味で仕方のないことだったかもしれません。

しかし、もはや、 仕方がなかったではすまない時代になっていると、多くの人は感じ始めていると思います。

子どもや若者が起こす残虐な事件を見れば、心ある人ならだれでも、ナントカしなければいけないと思うことでしょう。


しかし、いまの私たちの社会は 子どもたちに「命の大切さ」を教えることや 「心が持つ力を培う」ことがむずかしくなっているように思います。


大人ができないことは子どもに教えられないのです。 大人社会ができていないことを、子どもたちに強いることはできないのです。

ここのところが大事なポイントだと私は考えます。

どのように子どもの心を育てるか、方法論をいくら学んでもうまく行かないのは、大人自身、親自身の実践がないからなのです。

そこで、私は特に子育て中のお母さん、お父さんに「自分を大切にする意識」を育ててもらいたいと考えています。

まずは親自身、大人自身が、「自分の命の尊さ」を知ることが先決です。 知識ではなく、心の深いところで知っていること、そしてその思いを日々の生活の中で表すことが大事です。

自分の心と体を具体的に大切にしているか、自分の命を活かし役立てているか、心に希望を持っているか、自分を信じているか、 これらの問いにイエスと答えられたら、子どもたちは黙っていても「自分の命を大切にし、他の人の命を大切にする心」をはぐくみ、自尊感をしっかり命の中に根付かせていくと思います。

そういうことで、大人を対象にしたワークと子どもを対象にしたワークの二本立てで全国展開の活動をめざしています。


社会が置き去りにしてきた「心」を、私たち大人が取り戻しながら、 子どもたちに「命の大切さ」を伝えていきましょう。

共鳴してくださる方、 ぜひ一緒に活動しましょう。


☆藤崎 郁 (理事・長崎大学大学院 医歯薬総合研究科 保健学専攻 教授

「ほめ日記」「ほめ言葉」の実践を

 みなさん、はじめまして。
 藤崎 郁です。郁は「かおる」と読みます。桃の花や沈丁花、きんもくせいなどの香りのような、なんともいえないふくよかなよい香りがすることを「馥郁(ふくいく)と香る」という表現であらわします。私の名前はそんな豊かでたおやかな人になってほしいという祖父の希望によってつけられたそうです。名前に負けないようにいま修行中です。


 私は看護師として病院で勤務したあと、看護学の修士号と博士号を取得し、いまは教員として大学で教鞭をとっています。ここ十年あまりの間に、看護大学が急速に増え、看護師の教育の場も大学や大学院にまで拡大しています。ご存知でないかたも多いかもしれませんが、一昔前なら中卒のひとたちが「准看護師」として医師会立の病院で働きながら学んでいることも少なくなかったのですが、いまは専門学校や短大だけでなく、全国に看護大学が林立しているという状況です。そのため「教育の質の低下(つまりは教員の質の低下)」が大きく問題視されるようになってきました。


 そのような状況のなか、私は看護教育のなかにこそ、セパのトレーニング、とりわけ「ほめ日記」と「ほめ言葉」を取り入れるべきだと思って実践しています。

 看護教育には一般に2種類があるといわれています。ひとつは、まだ看護師の資格をもっていない学生を教える基礎教育です。そしてもうひとつは、すでに看護師の資格をもって臨床現場で働いている看護師さんたちのブラッシュアップのために行われる現任教育といわれるものです。

 私は両方の教育にかかわっています。基礎教育には大学教員としての立場から、現任教育には、講演の講師や病院マネジメントのアドバイザーという立場からです。私は研究者としての道を選びました。ですから、もう臨床現場で患者さんを実際にケアすることはないと思いますので、その後方支援という役割を担いつつ、2つの教育現場で自分のなかでできる限りの支援をしていこうと心に決めています。

 臨床現場の看護師さんたちがよいケアができますように、学生さんたちがよい看護師になりますように、そしてなによりも一番苦しんでいる患者さんたちがよいケアを受けられますように…、そんな想いを込めて毎日教育の現場に立っています。


 そのためにも、「ほめ言葉」を自分や自分の周囲の人たち(学生さんや同僚の教員や臨床で働く看護師さんたち、患者さん、自分の家族や友人などです)にたくさん投げかけ、「ありがとう」といってもらう機会をできるだけ多くするだけで、それらの人たちとの関係がとてもよくなり、おのおのが持っている潜在的な能力がお互いに触発されてよい方向に行くのが実感できます。みんなでほめあい、ありがとうといいあっていくと、不思議とその人らしさがみんな開花され、ふくよかなよい香りを放ちあうことを発見しました。「ほめ日記」は当然のことならが、その威力を増幅します。



 ぜひみなさんも、まずは自分自身のからだと心に毎日「ほめ言葉」をかけてあげることからはじめてください。そうすると、自分のよいところや強みを発見することができ、自然と周りの人たちに素直な気持ちで「ほめ言葉」を発することができるようになってきます。そのときに、「いやいや、私なんか…」とほめた相手がいいはじめたら、すかさず「『ありがとう』でしょ!」といってみてください。

 それを根気強く続けていくと、それほど遠くないうちに、とっても不思議なすばらしい世界が自分の周りに構築されるのを発見できること、請け合いです。


 こんな魔法のような「ほめ日記」や「ほめ言葉」について、まだ知らないかたはぜひ、手塚千砂子先生の「ほめ日記(三五館、2010年)」を一読され、実践されることをお勧めします。


 私だけでなく、すでに私の家族や友人、知人、同僚、学生さん、看護師さんなど、みんな同じ体験をしています。今、これをはじめて知ってくださったみなさんにとっても、この本がよき人生の導き手となることをお祈りしつつ、ご挨拶にかえさせていただきます。

 ここまで読んで下さったみなさんは
すばらしい! ありがとうございました。


二之宮 つもる(理事・事務局

社会が明るい希望に満ちるように

インストラクターとして、また事務局として、「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を広めるべく、機会を作ってワークに取り組んできました。今日はその中で感じたことをお話します。

皆さんの感想を通していつも思うことは、「人はみんな、よりよく生きたいと願い、幸せになりたいと思っている」ということ。しかし、幸せになること、よりよく生きることには大きな労が必要で、それはたやすくは手に入らないと思い込んでいるように感じます(思い込まされているのかも知れませんが)。

セパのワークを体験すると、
「まるごとの自分を信頼し安定している状態になること」は、そう難しいことではなく、自分自身にその力があるのだということを実感してもらうことができます。

日ごろ改めて気持ちを向けることのない自分の身体を、ゆっくり動かしながらじっくり丁寧に感じてみる。かんたんな動きのあとなのでより一層、身体の感覚や働きについて感じられ、おのずと身体に対する畏敬の念や感謝が沸いてくる。その感謝の思いを身体に伝える。伝えると身体はちゃんと反応してくれる。お返事をくれる。そのことがわかると自分の身体に「ありがとう」と伝えることの大切さと更なる感謝が、心の奥からわきあがる。最後は、自分をほめる練習。多少照れながらも、自分をそして誰かをほめることの心地よさ、ほめられた時にこぼれる暖かな笑顔。

「セパの、このシンプルなトレーニングを日々の生活に取り込んでいけば、
よりよく生きられ、幸せに生きられる」ワークを受講される方たちが、多かれ少なかれこのような実感をもっていただいていることを嬉しく思っています。

このような感覚を育てていくと、自分を信じられるようになり、何があっても根源の自分に戻れば大丈夫だという自信を持てるようになると思います。この想い、自己肯定感は、どんな年齢、性別、職業の人にも必要なものだと思います。なぜならばすべての人はよりよく、より幸せに生きたいと思っているからです。現在の私は、日々あわただしく過ごしていますが、なんとなく何があっても大丈夫だと、体の中心に自分への信頼があるので、深く落ち込むこともなく日々楽しく暮らせています。

人が人らしく生きるのがなかなか難しい現代社会ですが、多様な場所で、このワークに出会う人が増え、幸せに生きられるようになれば、社会の色が明るく希望に満ちてくるのではないでしょうか。まずはできる場所から、セパの種まきを続けます。種からかわいい芽が出るのを信じながら。



山田容(理事・セパ京都主宰、企業研修講師、元学習塾経営)

 2005年9月、京都にて初級リーダー養成講座(一日集中講座・ファシリテーター養成)を受講。その後インストラクター養成講座(レベルアップ講座・インストラクター養成)を受講、インストラクターとして活動を始める。2009年3月上級を受講。一日集中講座・(ファシリテーター養成)のトレーナーとして研鑽中。

 2005年11月「セパ YOKO project(ヨーコプロジェクト)」として、関西では第一号のセパの拠点を作り、講座の提供を始めました。

  初めは一刻も早く慣れたかったことと、講座を伝えたい一心で1ヶ月に10講座以上自主開催して、私自身もトレーニングさせていただきました。

  その後、講座回数は生活や仕事のペースに合わせて減らしましたが、養成講座も手塚千砂子先生をお呼びして精力的に開催しましたので、多くのインストラクターが京都から誕生いたしました。

  2008年に「セパ京都」と改名し、月1回の日曜トレーニングを自主開催するほか、企業研修という場で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を取り入れて、社員の皆様(ひいてはそのご家族様)の心身の健康に貢献するために、セパのトレーニングに取り組んでおります。

  自主講座では男性の参加がおもわしくありません。私は、多くの男性の方々にこそセパのトレーニングを生かしていただき、よりよく働き、ご家族との絆を深めて、よりよく生きてほしいと願っております。

  それが最終的には日本全体の幸せに繋がると信じているからです。そう願いながら、企業にアプローチをしているところです



私自身、人生が変わりました


なんとなく上手くいかない。
最後はきっと上手くいかない。
私は 人生のあらゆる出来事にそのような声を自分で自分に掛けていました。
実際心の底からそう思っていたし、現実に起こることも、たいてい最後まで調子よくいったためしがないのです。
 
 ここまでいいことがないというのは間違いなく私が価値のない人間だから。
生きている価値がないから。いつ死んでも惜しくない。
朝から晩まで自分に無意識にしろ意識的にしろ言い続けるのですから、心身のストレスは相当大きく、常にイライラの状態で、子育てには全く目が向かない。見た目も身体もくたびれていました。
 
 そのような人生を能動的で幸せなものに変えてくれたのが、セパのトレーニングでした。
 毎日 自分にどのような声をかけているか、自分にどのようなまなざしを向けて過ごしているか。無意識に毎日自分に働きかけている言動が、自分の人生を左右するくらい大きな影響があると、セパのトレーニングの実践を通して教えられたのは、私が30代も半ばを過ぎたころでした。


「わたしの身体さん」と会話する。
「わたしの心さん」と会話する。


 常に 世のため人のために時間を使うように教育されてきた私にとっては、違和感と安らぎとの混じった、不思議なトレーニングでしたが、やはり実践実行は成果を出します。
「わたしは存在してもいいかも」と思うまでに、いくらも時間がかかりませんでした。同時に、どんなに今まで沢山の人に愛され、力を貸していただき、お世話を頂いたか、今この瞬間も、どんなにたくさんの人が私のために動いたり、心やまなざしを傾けてくださっているか、今まで見えなかったものが、私の目の前に現れてくるようになったのです。


「わたしは居てOK!」。 感動でした。

 そして今、改めて感動するのは、年々、薄皮が剥がれてくるように毎年、毎日、古いものがはがれて新たな自分と出会え、それに限界がないということです。

 初めの1年のサプライズは、純粋にわぁすごい!と感動します。
そして、前より嬉しく楽しくなったからといって、それで人間は終わりじゃないのです。また知らなかった自分と出会ったり、勇気が出たり、どんどん私の中から思いがけない行動力や感情が出てくるのです。
 初めの目標が、「朝起きたとき、憂鬱でなかったらそれでいい」だった私は、それをすぐに達成しただけでなく、この4年間を振り返ると人生を大きくプラスに変化させています。改めて「自分に肯定的な目を向ける」ことのパワーの大きいことに感動があります。


誰かと比べるのではなく
自分が自分の持っている素晴らしい力を
いつくしみながら引き出してあげる
ただ、まなざしを向け、優しい言葉をかけてあげる。


 そうして 積み重ねた自信って本当に大きいですよ。
「自分大嫌い」って思っている方、今はますます増えているのではないでしょうか。
比較と評価で疲れていませんか?

ぜひセパのトレーニングをお試しください。
そして、ぜひ続けてください。
数年先に自分を振り返ったときの感動を ぜひ味わってください。

                            2009年7月


☆重田 紀子(相談役・元保育園園長)

♪ 著書「こどものとなりで」(キリスト新聞社)1260円

子育ての悩みをかかえる皆さんに贈る一冊。

子どものそばには「大丈夫だよ」と安心させてくれる大人の存在が必要なこと、
その大人も、「大丈夫だよ」と自分を安心させられる自己肯定感が必要なこと。
人と関係を築く前の自分のあり方を、子どもさんの成長と共に感じ取っていただければうれしいです。
お申込みは当サイトから、セパ事務局まで。
 


保育士として感じてきたこと

*自分の子育て*

私は、保育士(当時は保母でした)になって二十数年、園長として6年間の、約30年間を保育園で過ごしてきました。

保育園では多くの親子との出会いがあり、毎日夢中で過ごしてきたように思います。自分の子どもをあずけて、他人の子どもを保育するわけですから、わが娘が思春期の頃、お母さんは矛盾していると言われました。私は正直に言えば、自分の子ども一人みるよりも、仕事としてもっと大勢の子どもをみるほうに、やりがいを感じて仕事を続けてきたように思います。そして娘は、お母さんは私より仕事が大事、と感じていたことでしょう。高校に入学してから、私へのいままでの反感が一気に噴出して、学校に行かなくなりました。

学校へ行かないことよりも、母親として子ども第一に愛情を注いでこなかった自分を、非難されているようで、本当につらく苦しい気持ちでした。

そんなときに手塚先生の本「幸せになる心のトレーニング」に出会いました。

そして手塚先生のトレーニングを受けるようになり、私が変化することで娘も変わっていきました。


*保育園の子どもたち*

保育園に入ったばかりの子どもは、不安でいっぱいです。徐々に、保育士に抱っこやおんぶされ、ミルクや食事を食べさせてもらい、そこが安心できる場所だとわかってきます。

この安心するまでの経過は非常に個人差があります。生まれ持った性質はもちろんですが、保育園に入るまでに、子どもがどういう親子関係を結んでいたかが関係しているように思います。

一見、とても大事にされていた子ほど慣れにくいと考えがちですが、自分が大切にされた経験がある子のほうが、保育園に慣れやすいことが多い。

それは、自己肯定感が育っているからと考えられます。周りの大人に受け入れられて育つと、自己肯定感が育ちますが、この自己肯定感は、自尊感情の基礎になるものではないかと思います。

どんな子どもでも、保育園で大事にされると、自己肯定感を持ち、保育園の生活が安心してできるようになります。そして、子どもに次のように変化が現れます。


○なんでもよく食べるようになる
○周りの子に興味をもち、一緒に遊びたがる
○好きな遊びをみつけて、生き生きと遊ぶ
○ぐっすり眠るようになる
○待つことができたり、我慢ができるようになる



*自己尊重と自我*


私が働いてきたのは、自分の子どもだけみているより、大勢の子どもを保育したほうが、やりがいが感じられるからと述べました。やりがいというのは、人からの評価を受けたいという自我だと思うのです。そして子育ては、子どもがこうあらねばとかこうなって欲しいという、親の自我が強く反映されがちです。私は自分の思うようにならない子どもに向き合おうとして、自己尊重トレーニングに出会うことができました。そして自己尊重は自我意識とはまったく違うものだとわかりました。自己尊重は、自分のありのままを感謝の気持ちで認め、人の評価に左右されないものです。

なぜ、このようなことを述べるかというと、保育園に子どもをあずけて働くお母さん達に、昔の私をみることがあるからです。

又、家庭で子育てをしている人の相談の中でも、「子どものためだけに生きることはできない」という悩みを聞くことがあります。

自分を生かしたい、評価されたいという気持ちは、家庭で子育てしている人も同じようにもっているのかもしれません。そのような自我は、子育ての場面で私がぶつかったように、壁となって立ちはだかる時がくると思うのです。

自分を本当に大切にする気持ち、自己尊重があれば、いまの自分に感謝し、子どもや家族の存在を愛おしく思えるのではないかと思うのです。

私の自我は、まだいたる場面で顔をだしますが、自己尊重トレーニングに出会うことによって、自我に固執しないことを教えられたと感謝しています。


*子育て中の方にこそ自己尊重トレーニングを!*


働き続けてきた私が、子育て中に一番なくしていたものは、心のゆとりでした。あれもこれもと欲張って、時間がたりないと感じていたのは、実は自分が心をみつめる時間をつくろうとしていなかったことに気がつきました。

「自己尊重トレーニング」に出会い、自分をみつめ、心の奥深く閉じ込めていた感情を、そうっとやさしくひきだして、抱きとめなぐさめる経験ができました。

子育て中は意識的に、自分にゆったりした時間をプレゼントする必要があります。そういうことからも、命の声を聴く「自己尊重トレーニング」を是非体験してほしいと願います。

そして、セパ通信がそのような皆さんに届きますように、また、子育て中の皆さんの声が、セパ通信に届けられるようにと、心から願っています。

★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★   


 「幸せになるこころのトレーニング」という本を手にしたのが、手塚千砂子さんとの出会いでした。その頃の私は、思春期真っただ中の子どもに、母親としての自分を全面的に批判されて、自分の人生を意味のないもの、否定されるべきものという気持ちでいっぱいでした。

今思えば、いつも自分の疑問や解らないことにぶつかると、まず理論として納得できる答えをさがす傾向のある私が、本屋の店先でふと見かけたこの本を手にしたのは、偶然というより、何かの作用が働いたと思えるのです。その作用は私の内部から発したものだけではないのかもしれない、そう思えるようになった私が、この本を手にしたということでしょうか?

「しあわせはいつも自分の心が決める」という有名になった言葉がありますが、自分の心が決め手だと思えるようになるには、自分を肯定するトレーニングが必要です。

「セパの命の声を聞く自己尊重トレーニング」は、「ほんとうの自分さがし」とも言える、と思います。
自分がこの世に生を受けたこと、そして自分が生きる意味を、まわりの人と関係なく、確かに感じられる自分を見つける。ほんとうの自分を、自分でみつけてあげるために、誰かに手伝ってもらったり、手伝ったりする。

このトレーニングを広めることは、人間社会が創り出せないできた自浄作用システムを、じみちに創るための運動でもあると思います。
どうぞあなたも、このトレーニングで
「ほんとうの自分さがし」をしてみて下さい。





TOPセパの目的セパの活動自己尊重とは命の声を聴く自己尊重トレーニング
ファシリテーター・インストラクターの養成
講座のおしらせせぱ通信会員募集質問・問い合わせ