一般社団法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) 


 

命の声を聴く自己尊重トレーニング

 「命の声を聴く自己尊重トレーニング」は、自己尊重感(肯定感)を効率よく育てるための当法人オリジナルのプログラムです。
 対象は老若男女、子どもでも大人でも、どなたにでも実践していただけるものです。
 セパでは特に次の三点を念頭において、当プログラムの普及に力を入れています。 
1、 子どもたちに 「自分の命の大切さ」を心で感じ、知ってほしい。
2、子育てをしている親の自己尊重感を高め、子どもとともに生活の中で具体的に体や心を大切にする実践をしていただきたい。
3、子どもにかかわっているすべての人(祖父母、子育て支援者、保育士、学校の先生等)に、体験していただき、実践を広げていただきたい。



 内 容
 すべての人が命の中に持っている自己尊重感や命へのやさしい思いを目覚めさせるものです。
 どなたにでも実践していただける、やさしくシンプルなものですが、命の法則(脳科学)に基づくものですから、どなたでも効果を上げることができます。知識として知るのではなく、内的、感覚的に「自分の命のすばらしさ」を感じること、それを継続することによって、より大きな効果がもたらされ、自尊感がしっかり身についてきます。
  基本的なトレーニングは次の二点の組み合わせでできています。(どちらか一つだけでも自尊感を育てる効果はあります)
 〔燭梁隆競肇譟璽縫鵐
 血液やエネルギー(気)の流れを改善しながら自分の体の感覚に集中し、体と心(命)に感謝の気持ちを伝え、命の声に耳を傾けます。 軽く体を動かしながら行いますので、疲労回復、ストレスの緩和にも効果があります。精神的な安定や落ち着きを得るためにも有効です。


 自他ほめトレーニング
 自分の長所やプラス面(内面的な良さ、能力、感覚感性など)をさがし、自分を肯定し、ほめる練習をします。次にとなりに座った人の長所や良さに目を向け、それを言葉に出してほめる練習をします。ほめる楽しさ、ほめられる心地よさを味わいます。脳内に快感物質が増え、心に余裕が生まれます。子どもをほめられないことで悩む親ごさんにも大変有効です。



 子どもの心と 「命の声を聴く自己尊重トレーニング」
 小学生、中学生、高校生を対象にする場合、基本的には大人と同じプログラムを使います。しかし、年齢に合わせた説明の仕方や使う言葉は当然ちがってきます。また、年齢別に、基本プログラムをより分かりやすくするための前段のプログラムも用意しています。
 大人たちは、「子どもには難しいのではないか」と思いがちですが、子どもの心はやわらかく、命の中に持っている意識が抑圧されていないため、 とても上手に「命の声を聴く」ことができます。
 子どもたちは、命が持つ可能性についてポジティブに純粋に信じる心を持っています。それを真っ直ぐに育てられないとしたら、私たちの大人社会は病んでいるとしか言えません。子どもたちが自分の命と他の人の命、自然の生き物の命を大切に思う心を、愛を持って育てられる社会にしたいものです。
 (なお、このトレーニングは手塚千砂子によって研究開発されたものです。セパが定めた、手塚千砂子の「自己新発見セミナー」ステップ1〜ステップ3(インストラクター認定)の講座を受講し、セパの認定を受けたインストラクターのみが、ワークショップ等で提供することができます。)


 CD「たいせつなあなたへ」(手塚千砂子制作)は、命の声を聴く自己尊重トレーニングの一部を紹介、誘導しているものです。

 ぜひ活用してください。 

CD「たいせつなあなたへ」の詳しい情報とご注文はこちらです。

 

TOPセパの目的セパの活動自己尊重とは命の声を聴く自己尊重トレーニング
ファシリテーター・インストラクターの養成
講座のおしらせせぱ通信役員紹介会員募集質問・問い合わせ