●「セパ通信 NO1」より

〈命の声を聴く自己尊重トレーニング〉
 リーダー養成講座の実習を終えて 二之宮 つもる

 リーダー(中級)養成講座の最後の課題は、実習とその後のレポートだった。夏休みも終わろうとする8月の終わりに、宿題に追われる子どもよろしく、ばたばたと実習にとりかかったのだが、実際にやってみて、その喜びと、難しさを実感する事ができた。それから様々なことも感じることができ、有意義な実習となった。

 難しさについては、ひとえにイメージ、練習、それから自分自身の実践が何より有効だと改めて感じた。毎日とはいかなくても、できるだけ実践するよう心がけている。これは自分自身、心地よくなり一石二鳥である。

 喜びの方は、受講者に伝わるものがあったということ、伝えられたこと、感じてもらえたことがとても嬉しく、私自身の喜びになったことだった。
 なかでも参加してくれた友人が送ってくれた感想は、すばらしいものだったのでご紹介しようと思う。

 〈子宮さん ありがとう〉 

 まりさん(仮名)は、6歳の娘さんがいるのだが、その出産前に流産、出産後に再び流産(5ヵ月)という辛い経験をしている。まりさんは、自己尊重トレーニングの「自分のからだにやさしい言葉をかける、感謝を伝える」ということを、帰宅後、実践してみたそうだ。

 これまで、恨んでいた子宮(子どもができない、育たないことで)に、やさしい言葉をかけてみたら、辛かったのは自分だけではなかった、子宮さんも大変だったよね、という思いが自然と湧いてきて、子宮を抱きしめてたくさん泣いた。そうしたら、娘さん(丈夫ないい子です)を育ててくれたのは、子宮さんだったよね、本当にありがとうと心から思えて感謝できたと、報告してくれた。
 まりさんの報告は、たいせつな自分自身(心もからだも)をこれからはほめて育てていこうと思うと結んであり、伝えられた!という喜びでいっぱいになった。

 後日まりさんからは、生活の中にとりいれやすい素晴らしいプログラムだから、いろんな場所でできるといいねと応援してもらったので、これに気をよくして(?!)、このトレーニングを伝えるという仕事を是非やっていきたいと再認識できた。

 

 幸せになる近道を伝える 川崎 敦子

 リーダー(初級)養成講座を受けて、強く感じたこと、それは――「幸せを感じることに多くの言葉は必要ない、ただ純粋にプラスのものを感じ、感じたことをストレートに言葉にすれば、相手にも幸せや喜びのプラスの波動を伝えられるから」ということ。

 それから「人はよく愛情がほしいとか言うが、他にそれを求めずも自分の中にも愛情があり、それにより自らが癒され満たされるものなのだ」ということも、改めて感じることができた。

 全く知らない人たちとの関わりなのに、お互いをほめ合い、素直に受け止めるだけの簡単な自他ほめトレーニングでは、いつしか心がほぐれて、笑いさえも出るとは、すごいことだなと思った。

 この感覚を言葉で第三者にわかるように表現するのは難しいが、本当に心から楽しいと感じている自分がいた。
 実際にリーダーのロールプレイをやったときは少し緊張したが、知識を伝えるのでなく、
幸せになる近道をお伝えするこのトレーニングは、伝える人との関係が上下ではないし、また、自分も幸せになれ、相手も幸せになれ、癒され癒し・・・・・・どこまでも対等であり得ることがすばらしい。

 なかなかものごとに丸をつけにくい私が、素直に「これはいい」と思っているのに気がついた。お互いが幸せでいられるなんて、なんてすばらしいことなのだろう。とてもいいですね。
 幸せな人がいっぱい増えたら・・・・・・植物たちものびのびと、空気もきれいに、ますますプラスがあふれ、どこまでも果てしないすばらしい世界が拓けていく・・・・・・と想像が広がって行く。
 この講座で、私がこのような考えに至れたことが最高に嬉しい。

戻る