●「セパ通信 NO.10」より抜粋 

SEPA(セパ)のワークを
教育現場にどう活かしていくか?

小学校教諭 O・Mさんに聞く

最近の親子をめぐる事件には耳や目を塞ぎたくなります。このような状況を変えていくためにSEPAのトレーニングをどう活かしていくか? 今回はそのことを考えてみようと、「セパ通信」に実践報告を寄せてくださっている都内の小学校の先生でセパのリーダー会員・M・Oさんにインタビューしました。(文責・S.I)



子どもたちの心

●今年、私は1年生の担任になりました。昨年は6年生を受け持っていたせいか、1年生ってふわふわしていて、ものすごい吸収力。すごくやわらかいということを実感しています。たとえば、クラスには生まれながらに体が不自由な子や小さいときに手術をして体に大きな傷のある子がいます。明らかに目に見える違いがあるにもかかわらず、当たり前のように受け止めている子どもたちに驚かされています。

――卒業した6年生に「自分のいいとこ探しワークショップ」をやっていましたね。

●初めてやったのは5年生のときで、そのときは難聴の子どもが「生まれた瞬間を感じ、命の大切さを知りました」と涙するような感動のシーンがありました(SEPA通信7号)。

運動会など学校の行事があるたびに「自分のよかったところ、がんばれたところ」などに目を向けるように指導してきました。

保護者会でも自他ほめトレーニングを実践し、そのことを学級通信に載せるなど、親にも自己肯定感を育てる大切さを伝えてきました(セパ通信9号)。

その甲斐あって、学級崩壊寸前のようなクラスも、6年生に進むときにはずいぶん落ち着きのあるクラスになっていました。

●とは言っても、一部に拒否反応もありました。他の子をコントロールする子どもがいたので、アレコレと問題もたくさん起こりました。

転校生や病欠の子を攻撃したり、自分の思いどおりにいかないと他人のせいにして攻撃したり。たとえば、バスケットの試合やリレーをやって負けると、負けた原因を自分以外に見つけて攻撃します。「審判が悪い」「チームのメンバーが悪い」「時間が足りない」など。その子どもたちにとっては、勝たない限り充実感は決して得られないのです。

――その子たちの自己肯定感は?

●自己肯定感は低いだろうと思います。言葉では「自分は大事」と言ってもそれは「自分勝手」のこと。自己肯定感とはぜんぜん違う、別物だと思います。

攻撃的な子どもたちに追随する子どもたちもいました。「私は私」とか「それは間違っている」と判断できないで、意地悪や攻撃の流れにのっかってしまう。

つい最近、卒業した女の子が中学校の帰りに私のところに来て、しばらく友達の悪口を話していきました。とにかくムシャクシャしていて私に話を聞いてもらいたかったようです。その子は勉強もできて意志も強く、一見満ち足りているように見える。でも、友達から攻撃を受けたりちょっとはずされたりすると、もう自分では立っていられないくらいつらくなる、そういう弱さをもっているんです。

こういう子どもたちのかかえる課題も大きいと思います。本当の自己肯定感を育てていかないと。


教育現場の悲鳴

――今の小学校現場での問題点は?

●学校の時間の流れが速すぎると思います。それは手塚千砂子さんのレッスンを受けると特に痛感します。いろんな速さがあるだろうけれど、学校というのはすべてにおいて速すぎます。時間がもっとゆっくり流れてくれたらいいな〜って思います。今のままだと、大切なものを捨てながら前に進んでいくような気がします。

●それに、先生たちが忙しすぎること。昔と比べると提出しなければならない書類が増えています。書類は必要ないと断言できませんが、多すぎることは確かです。多すぎて時間がない、疲れて、余力がなくなってしまう。本当はもっともっと子どもと遊んだり話をしたり、親の希望にも応えたいと思っているのに、時間が足りない。書類作りに時間をかけるくらいなら、一枚でも多く学級通信を出したいし、親からの連絡帳にお返事をていねいに書きたいです。

●都内の学校の先生は毎年「自己申告書」を提出します。去年からそれに「自己評価」が加わり、各項目について、5・4・3・2・1の5段階評価をつけるようになりました。私はすべての項目に5をつけました。
苦しいことも乗り越え、真剣に子どもたちのことを考え向き合ってきた私には、いくら課題はあっても4とか3はあり得ません。
自分には5しかないと思っています。

しかし、一度校長からダメ出しがありました。「あと少しという意味で4というのはないの?」と言われましたが、私は評価を変えませんでした。他の学校から来た先生の話を聞くと、「普通にできたら3にしてください」という指導が入ることもあるそうです。いま学校という組織の中で、教員の自己肯定感が管理され低められています。それでいて、「子どもの自己肯定感を高めよう」というのは大きく矛盾していると思います。


すべての教育活動に

――そういう中で、OさんはSEPAのトレーニングを活かしてこられましたが、今後は?

●いまの1年生を受け持ってから、「まだまだ捨てたもんじゃないぞ」という気がしています。今までは突破できない壁がありましたが、小さいうちはまだ大丈夫、希望が持てると思えるようになりました。それで、SEPAのトレーニングと一歩手前でつながっているような活動を始めています。

●たとえば、帰りの会で「楽しかったこと、うれしかったこと」を発表してもらっています。一日のうちではいろいろあったとしても、帰る時にはみんなで良かったところを認め合っていこうと。そうすれば、きっと毎日の学校生活が充実してくると考えています。

本の読み聞かせをしていますが、最近一年生にピッタリの絵本『からだのなかで ドゥン ドゥン ドゥン 』を読みました。読み終えたら、どの子も自分の胸に手を当てて自分の鼓動を感じようとしていました。私も「これはフィーリングトレーニングに近い」と感じていました。

今後は「ほめ日記」をやってみたいと思います。前回の「SEPA通信」9号にあったY先生の実践、素晴らしかったです。あんなふうに習慣づけていけたらすごい力になると思います。

SEPAのトレーニングは、授業としてはもちろんのこと、すべての教育活動に入り込んでいける内容だと思います。とても構想が大きくて広い。1年生の場合は、命について考える生活科で活かせそうです。

私が日々の実践でふと感じるのは「フィーリングトレーニングや自他ほめトレーニングの元になるものが私の中にあるんだろうな」ということ。それは本当にうれしい実感です。


「命の声」を先生たちも

●できれば、親も巻き込んでやっていくつもりです。学級通信にも「ご家庭でも親子でお風呂に入って、あるいは布団に入って、よかった探し(いいとこ探し)をするのはお勧めです」と書きました。昨年のように保護者会で自他ほめトレーニングをやれたらいいなと思います。親子で毎日実践できたら素晴らしいことです。

●先生たちにもSEPAのワークショップや養成講座を受講することを勧めたいです。この頃、現場の先生たちは「自己肯定感」とか「セルフエスティーム」という言葉を使うようになっています。言葉が通じると言うのは強みです。関心はあるので、SEPAのトレーニングを学校単位の研修などで実施する可能性はあると思います。

<インタビュー後>学校の先生の仕事の大変さをずっしり感じました。子どもたちの課題と可能性、この両方をしっかり大人が自分の問題として考えて行動していかなければと思います。Oさんの今後の報告がとても楽しみです。 



京 都 4/2223  命あるすべてのものに感謝

岡山  M・Mさん (リーダー会員)

岡山で初めて 「命の声を聴く」ワークに参加したときの感動は今でも忘れません。特別自分の身体をないがしろにしていたつもりはないのですが、生まれて初めてでした。あんなにも自分の身体、命がいとおしいと思ったのは。その感動の中、「これだ!」と直感し、初級養成講座の申し込み。それが中級講座にまで心と身体が引き寄せられたのです。

中級養成講座の二日間は 「今ここにいる自分」に、ただ感謝でした。からだ中の細胞が私自身に目を見開いてくれ、「私はここにいるよ」と元気に合図してくれているような感覚に震えながら 「ありがとう!」って言うとやさしいほほえみに変わり、身体がふわーっと暖かくなりました。

この私の身体に、両親に、ご先祖様に、命をつなげてくださった多くの方に感謝。そして命あるすべてのものに対してつながっていられる感謝。涙が止まらなかった…。

大地の中に、地球に、宇宙に、溶け込んでいる感覚を覚えました。

自分の内側とつながっていくということは、命の神秘さとはかりしれない尊さをも気づかせてくれるものですね。肩の力が抜けて、とても穏やかで優しい自分にもどれました。


「命の声を聴く」 というワーク。それぞれの内側に感動の輪を広げていけるお手伝いができるよう、マイペースですが、自分と対話しながら進めていけたらと思っています。



手記 愛されていることを自分の力で知るワーク

埼玉  T・T (リーダー会員)

私は恩師の教えやいろいろの本を通して、「人はどんな生き方をすればいいのか」 ということについて、多少なりとも考えてきました。仏教では、人生は修行であり、苦しいのは当たり前で、それを乗り越えていくのが大事なことだと教えています。私もそう思い、苦しい事を私の課題だと思って生きてきました。また、慈悲の心をもちなさい、とも教えていますので、その時その時、接している相手の気持ちを想像するようにしてきました。

昨年秋、「自分を愛するためのココロとカラダのセラピーブック」(手塚千砂子著)と出会いました。これほど細かく事例をあげながら、人の気持ちを前に向けるための方法が書いてある本を今までに読んだことがないし、どんなレベルの人にも理解できるように書かれているので、とても優れた本だと思いました。読み終えて参考になった上、とても温かい気持ちになりました。

本の縁でリーダー養成講座があることを知り、昨年12月に初級リーダー、今年5月に中級リーダーの前半を受講し、自宅でもワークを実践するうちに、今までと生きることへの受け止め方が少し変わりました。

このワークは仏教をより深く理解するものかと考えていましたが、実践してみるとこれまで私が学んでいた仏教とは違ったものでした。人は修行をするためにだけ生まれてくるのではない、と思います。愛を受け取り与えるすばらしさを感じることも生まれてきた目的の一つのように思います。


現代は愛を受け取り与えることがうまくできない人が増えているかもしれません。しかし、愛はだれの周りにもあふれているのではないか、ただ それを受け取れずにいるだけではないのか、と思います。


「命の声を聴く自己尊重トレーニング」は、あらゆるできごとを通し、また一緒に生きている自分の体を通して、たくさんの愛を感じるためのものだと思います。私はこのワークを通してたくさんの大きな愛を感じました。

「自他ほめトレーニング」を実践し、家事や仕事をしながら悩んだり喜んだりしている自分を幸せだと思いました。心が動くことがなかったら、なんてつまらない日々だろうと思います。心にいろいろな刺激があるのは、何らかの愛の力によるもののような気がします。

「フィーリングトレーニング」を実践して、体にも意志があるような気がしました。体の意志は私の意志と協力したいと思っていると感じました。体は愛の働きにより存在している、と思います。

誰もが多くの存在に愛されているのだと思います。あらゆるところに愛はあるのだけれど、それに気がつかない人もいるかもしれません。「愛されなかった」と思っている人は、愛を受け取れない状態を知ることにより、愛のすばらしさを理解できると思います。私たちは人として生まれて、いろいろな形を通して愛の受け取り方を学んでいきます。

今、愛を教える大人が減ってしまっているように思います。でも、
自分の力で愛を知るワークがありました! 「命の声を聴く自己尊重トレーニング」は、多くの存在から愛されていることを自分の力で知ることのできるすばらしいワークだと思います。
このワークに出会えたことを、心から感謝しています。



SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  


戻る