●「セパ通信 NO.12」より抜粋 

北海道
Baby’s Friend
〜5年生からはじめる子育てボランティア〜


NPO法人こどもコムステーション・いしかり 代表
藤原 市子さんの熱い思いを聞きました


赤ちゃんをだっこしたことある? 

赤ちゃんが泣きやむ方法を知ってる?

赤ちゃんの笑顔に会いに来てください!

子どもたちにこんな呼びかけをして「こどもコムステーション・いしかり」は今年も「10代の子どもたちの子育て支援ボランティア養成講座」を実施しました。


プログラムは…

 
◆11月11日◆


 午前 赤ちゃんの成長について教えてもらおう   

 午後 赤ちゃんの好きなおもちゃのお話      

 ◆11月12日◆

 午前 自分を大切にするワークショップ
 (手塚千砂子が担当)

 ◆11月18日◆

 赤ちゃんと遊ぼう(保育実習体験)


10代の子どもたちが、赤ちゃんについて学び、実際に小さな赤ちゃんたちと遊んだり世話をする保育ボランティアの実習も行う、というこの講座は今年で3年目。子どもたちの“命への感性”を育てる上で、有効かつ必要な講座だと思います。

石狩市内の中学、高校に参加を呼びかけたものの今年は小学4年生から中学3年生まで12人の参加。北海道は雪が降る前のこの時期に、いろいろな行事が集中するため、生徒たちの体があいていないのだとか。


お金ではない価値があることを子どもたちに知ってほしい

代表の藤原市子さん(セパ会員)に、毎年この事業に取り組んでいる“想い”を聞きました。

「人は生まれて、やがて死ぬ。そうして命をつむいでいく。この当たり前の命の循環を子どもたちにわかってほしいと思っているんです。昔は身近な生活の中に出産や葬式(死)があり、しぜんに命の尊厳というものを心でわかっていったのだと思います。しかし、今はあえて学習の場を作らなければ子どもたちに教えられない時代になってしまいました。この保育ボランティア養成講座を通して、少しでも命の大切さや子育ての楽しさ、大変さを子どもたちに感じてもらいたいと思っているのです。」

「こどもコムステーションは子どもと親の支援活動(子育ち・子育て支援)をしています。特に子どもたちの自然体験・野外体験や生活体験など体験活動に力を入れています。多くの体験を通していろんな価値を知ってほしいのです。

そうしないとお金を価値とする社会に出たとき、それに引きずられてしまうのではないか。お金ではない価値を見つけ出すためにはいろんな体験が必要だと思います。
いじめや子どもの自殺が社会問題になっていますが、それも体験不足に原因があるのではないか。

自然の中で心ゆくまで遊ぶ、隠れ家を作る、秘密をもつ、ぼんやりする…。そういう中で心を育て自分を発見していくのではないかと思います。

大人は子どもに自尊感情と想像力を養う手伝いをしなければいけないと思います」


プログラム2日目

命から あったかい返事がきた!
(命の声を聴く自己尊重トレーニング)

小さな赤ちゃんの命に触れる前に、まず自分の命にしっかり目を向けてほしい、そして自分が持っているたくさんの力を知って勇気や夢につなげてほしい。毎回、そんな気持ちになる子どもたちとの時間です。

「命にありがとうと伝えたら、じわ〜っと広がっていくやさしさがあった」という6年生の女の子。命からは「あたたかい返事がきた」そうです。


命が「かがやいていた」という5年生の女の子。「ふだんなにげなくふつうに生きてる自分、それは幸せなんだなと思った」と感じてくれました。

「大切なんだ!!」という命の声をキャッチした中学生(女子)。「一つ一つを一生懸命やって、できるだけ長生きしたいと思った」と、大事なことに気がつきました。


「心がほっとした」「目をつぶっているのに目の前があかるかった」「すーっときれいになった感じ」「頭のほうがふわーっとかるくなった」「いきていることがすごくすばらしいと思った」「お星様が降ってきたような感じ」等など。

やわらかな子どもたちの感性は、命に感謝した時の“初めて味わう感覚”におどろいたり、不思議がったり。キラキラした楽しい時間がもてました。



命に問いかけるもの

オブザーバーでトレーニングに参加したコムステーションのスタッフ・J・Tさんは、「子どもたちの素直な感動表現には見ている私も大変うれしくなりました」と感想を話してくれました。


「ほめられたときの子どもたちは、今までに見たことがないようないい笑顔を見せてくれました。ほめられたり認められることの大事さを感じました。ふだん自分の気持ちを表現できない子が、自分の言葉で隣の子をほめられたのも嬉しかったです。

自己尊重感は親に愛をかけられてベースができるのかと思っていましたが、そうした条件が揃っていなくても、自分で育てられるものなのだと、勉強になりました。自分自身で命に問いかければいいのですね」


(文責・手塚 千砂子) 


北海道
初級リーダー養成講座を行いました!!
日時:9月18日 講師:手塚千砂子

「ほめ回路」が活性化   東京都 B・M

「自分をほめる」と言うことを通して、自分が言われて嬉しい言葉、どこをほめられたいのかということを研究する。そのことにより、他の人が言われて嬉しい言葉もしぜんと思い浮かび、口に出せるようになるのだと思いました。

ロールプレイで、何回も自分や他の人をほめていうるちに「ほめ回路」が活性化したように感じました。


私も自分をほめ続けて健康になって、本来備わっている体力と忍耐力と集中力、そして自分を前に進める力を取り戻して、この人生において、やりたいと思ったことはすべてやりとげようと思えました。



成長したなぁ!   佐賀県 H・Y

佐賀から夜行バスに乗って講座に参加したので、始めのうちは少し疲れていました。しかし終わる頃にはお風呂上りのように体が軽くて温かくなって、疲れはすっかり取れていました。目を閉じていると体の中が明るいような、風通しが良くなったような感じで、楽しくなってきました。


家に戻ってからずっと、いつもより落ち着いているし、何より考え方が前向きになったと思います。

一ヶ月たちましたが、前より集中して大学の授業を聞くようになったし、悪いほうに考えることが減って、いい方向に切り替えることができているので、成長したなぁと思います。


 中級リーダー養成講座・再受講!! 新たな発見がいっぱい!! 
               (セパYOKOproject  やまだ ようこ)


2006年11月18日・19日京都市内で行われた中級リーダー養成講座に参加しました。私はちょうど半年前の5月に同じ講座を受講し、無事インストラクター認定を頂きました。

そして、10数回自分自身が人様にワークを提供するという経験をした後のこの再受講は、1回目とは違う格別な「命の声」と出会うことができました。凛とした室内で、完全に「自分」のことだけに集中して耳を研ぎ澄ませる時間。


それは誰のものでもなく、私だけのための大変ぜいたくな時間でした。ワークを提供する立場にあるときも、いつも自分は共に「命の声」を聴いているという思いがありましたが、目をつむり自分を抱きしめた瞬間、思いもよらない涙があふれてきて「やっと見てくれた」という声がカラダから聴こえてきたのです。

「つもり」でいたけれど、深いところは聴いていなかったのですね。命の声を聴くというのにはこれで完璧、これで終わり、ということがない深い深いものだと実感します。

それだけのリードを私達インストラクターは人様にしていく使命があるのですから、自らが新鮮に自分を見つめる時間を、意識的にとることはとても大切だと思いました。自分のワークの「質管理」という意味ももちろん大きく、自ワークの改善点を発見したり、手塚先生がさりげなく細やかな配慮をされていることをつかんだり、1回目には気づかなかった講座でのお土産がいっぱいありました。

受講後は次回の自ワークに向けて意識がぐんと高まっています。機会あるごとに受講したいと感じました。

★初級、中級講座とも、2度目以降の再受講は、半額になります―編集部より



北海道
中級リーダー養成講座を行いました!!
日時:11月18・19日 講師:手塚 千砂子

答えは自分の内側に    京都府 T・K

多様な価値感と多すぎる情報、社会の大きな流れの中で何を支えとしたらいいのか。外へ外へと求めていましたが、大切な命は今ここで実感できるものであり、答えは自分の内側にあったことを確信し、ほっとしています。

自分も人も大切にし、思いやれる。必要なだけあればいいと分かち合える世界が、命を大切にすることから生まれてゆくように思います。


暗いばかりと思っていた世界が、明るいものに思えて希望を感じます。

「トレーニングは意識が大切」、というお話は印象深かったです。感じるだけでする時/考え事をしながらする時/集中してすばらしい・ありがとうと思いながらする時、ぜんぜん違ってくると実感しました。


命からの反応に感動   愛知県 Y・K

(講座の中で)頭のてっぺんと下腹部から仙骨にかけて、温かいようなビリビリした感じを受けたのにはびっくりしました。命からの反応があったんだなと、感動しました。また、すべてのものに対して「ありがとう」と声をかけずにいられなくなりました。そしてすべての人やもの、自然に対して愛しい感情がわきました。

どんな状況にあっても“ゆったりと楽な自分になることは自分で選ぶことができるんだ”と言うことが訳もなくフト心に浮かびました。とてもすばらしい2日間でした。




手   記

幸福の輪を広げる準備中  埼玉県   匿名希望(38歳)


どん底の結婚生活から

結婚してから、主人との心のすれ違いを感じながらも10年の月日が流れました。子ども2人に恵まれたものの、いろいろな苦難がありました。

まずは育てにくさ。ミルクを飲まない、離乳食も吐きだす、外に出てもかんしゃくを起こしてしまう、など育児でくたくたの私に追い討ちをかけたのは、主人からの暴力でした。殴る蹴るは日常茶飯事で、脳震盪をおこしたり、鼓膜が破れるほどの暴力もありました。

主人の実家に行けば、姑や舅の心ない発言、そして姑たちをかばう主人…。結婚生活がどん底に思えて仕方なく泣き暮らしました。苦しみの原因について、主人の育った土地柄のせいかしら、いや、他の奥さんたちはちゃんとやっているんだからやはり自分が悪いからかしら、家事や育児の知識が足りないからかしら…などと考えることもありましたが、結局、結論は出ず、私は体調の悪化を感じるようになりました。

そんな時、知人の紹介で手塚先生の絵本に興味を持ったのが、自己尊重トレーニングとの出会いでした。「幸せになる心のトレーニング」(学陽書房)も読み、ページごとに目から鱗でした。「命の声を聴くワーク」のCDは小学5年生の子どももリラックスできると言ったので、これはやはり本物だと確信しました。


その後、私はリーダー養成講座を受けました。自他ほめトレーニングでは、隣りの人をほめる、ほめられるという体験を生まれて初めてしました。今までの結婚生活で主人から責められる一方だったせいか、少しのほめ言葉でも感激したのを覚えています。また、心が温かくほのぼのとし、人へのまなざしがやさしくなったことを自分でも実感しました。

フィーリングトレーニングでは、リードに心身を任せた時、今までになくリラックスできました。体と心はひとつという考えは、私にとって晴天の霹靂。心身ともに自分を大切にすることで、こんなに楽になれるなんて、またまた驚きでした。トレーニングを重ねる毎に、感じる時間に色々な思いがわき起こり、時間が足りなくなるほど。心地よい時間です。


命の声を聴くお手伝い

学びが進むうちに、心の持ち方も深くわかってきました。いままで自分をないがしろにしてきたのは何だったのか。自己肯定感は、人とのつながりの上でどのように関係してくるのか、よりよい社会をつくるためどう活かせるか。そんなことを考える余裕も出てきました。色々なことに前向きになれて驚きです。やはり自己肯定感ですね。このように変化できたお陰で、家庭内の悩みに対しても、今までほど圧倒されずにすむようになりました。主人の言うことを聞き流せるようになったし、気持ちの切り替えもできるようになりました。暴力もなくなりました。

最近私は素敵な人たちとの出会いに恵まれました。人を信じたり愛したりできることができることの素晴らしさを実感しています。

セパのワークを周りの人に時々提供しています。大切な人と共にリラックスできるのが嬉しいです。命の声を聴くことのお手伝いはとても素敵なことですね。トレーニングには、そこにいる人たちの交流や調和に役立つ力もあると思います。

これからは一人でも多くの方にこのトレーニングを伝え、幸せ感の輪を広げてゆきたいです。そのような機会に備え、私はいま準備をしているところです。


SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  


戻る