●「セパ通信 NO.13」より抜粋 


子供たちのしあわせのために
私たちができる世界で一番簡単な方法

エンパワメントオフィス・スピカ
栗田三恵子(リーダー会員)

念願の手塚千砂子さんの講演会を京都で開催しました(エンパワメントオフィス・スピカ主催・2006年11月18日)。講演が行われる前後、世間ではいろいろな親子間の悲惨な事件が続き、私達の心の中に言いがたい不安といたたまれない思いが漂っている時でした。そういう中での先生の講演はまさにタイムリーであったと思います。



手塚さんは今私達の社会と子育て中の人がどういう問題をかかえ、それをどういうふうにしてプラスの方向に向けていけばいいのかをわかりやすく話してくださいました。

「今の社会は病理が蔓延している。病んでいる社会を健康に戻すための根本治癒は、
一人ひとりが自分の命を大切にすることを、言葉だけではなく具体的に実践すること。そのことで自分に対する負の想念がに変わり、今日からでも今すぐでも幸せになれる。子どもたちも周囲も幸せになる。私達の意識は見えないところでつながっているので、少しの人の意識が変わることで大きなエネルギーが生まれる。その愛のエネルギーが社会全体に影響を与え、やがて社会の病理も縮小し大人も子どもも幸せになれる社会が作られるようになる。社会の平和は個人の幸せにつながる。まずは自分の命を愛することからです」

それは全然大変なことじゃない、大丈夫だよ、心配いらないんだよ、という暖かいメッセージに、大きな安心感が生まれ、励みになりました。



講演の途中で少しワークをしました。自分をほめることと、家族や親しい人をほめる言葉を書き、命に感謝を伝えました。何人かがそれを発表。心あたたまるキラキラした素敵な言葉がたくさんありました。

私も子どもたちに宛てて書きました。子どもたちのいいところに目を向けて思いを馳せることが、自分をやさしく暖かい気持ちにさせてくれました。そして、私はいろんな人のおかげでこうしていられるんだなと、感謝の気持ちが自然にあふれてきたのでした。


たくさんの参加者に自己尊重の大切さが伝わり、また私たちスピカのこれからの活動ビジョンを新たにできた本当に実りのある講演会となりました。

 
  エンパワメントオフィス・スピカは、栗田さんと山田容子さんが  
  セパのセミナー開催を機に立ち上げ、活動を続けています。
   




小学校でワークショップをしました!

セパYOKOproject  山田 容子(リーダー会員)

去る12月19〜20日、滋賀県大津市立和邇小学校で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を提供しました。2日間で2年生3クラス(1クラスは33〜34名)。1クラス2時限を使ってのワークで、担任の先生にも参加していただきました。


小学2年生の子どもたちに伝わるだろうか、私が伝えられるだろうかという不安はあったものの、初めてのことに挑戦する楽しみと一歩進めるという喜びのほうが断然大きくて、アシスタントをしてくれるF・Kさん(セパ・リーダー会員)とともにわくわくしながら学校に向かいました。


はじめに「発言したい人は手を挙げて一人ずつ話す」「誰かが話をしているときはその子の話をしっかりと聴く」など小さな約束事をしてワークはスタート。



サッカーもできるヨ!!

「自己尊重トレーニング」という聞きなれない言葉のせいか 何が始まるのだろうといささか不安げな様子、いつもと違うスタイルの学習が始まったそわそわ感。その空気を受け取りながら、「いのち」について話す。「いのち…?」あまりに漠然としていたらしい。「カラダの働き」のワークに進むと、「手が動くなぁ」「足も〜」「走ることできる」「サッカーも!」「歩いて学校に来た!」などなど。カラダさんの動きが際限なく出てくる。そこから話は進展。「いっぱい走るとたのしい気持ちになる」「元気になる」など、こちらのリードがなくても話はどんどん進みます。全部のクラスで血液の流れ、心臓の働き、内臓にまで話が及んだことは驚きでした。

「では ココロさんがしてくれていることは…?」の質問も、はじめは漠然すぎて教室にざわめきが起こりましたが、例えば…と例を出すと、「野球で負けたら悔しいと思うけど、次に頑張ろうという気持ちになる」と、はじめの子が発言。すると「お友達が一人でいるとかわいそう。だから優しくしてあげる」と次の子。

そう、心で感じて自分が何ができるか、どんな行動を選択するか、子どもたちはしっかりと知っていて、きちんと誘導してあげれば、心にあるものはそのまま出てくるのです。





いいところが いっぱい!!

ほめるワークでは、少しためらいもあった様子。「小さなことでもやってて当たり前の事でも認めよう。自分をほめよう」このことだけは伝えたいと気合を入れました。

「みんな今日は朝気持ちよく起きられたかな?」

子ども「。。。」

「もう少し寝ていたかった子?」

子ども「はーい」(たくさん手が上がる)

「寒いしもう少し寝ていたかったよね。でも、みんなしっかりと学校にきたよね。気持ちは寝たくてもみんな準備をして学校に今いるよね。それもすばらしいことだよ。自分をほめてあげよう」

子ども「そんなん、当然やん、ほめることと違う」

「やって当然のことかもしれないけれど、ちゃんとその当然のことをできたのだからほめてあげようよ」


そんなやり取りの中でノートに次々と自分のいいところが増えていく。10、20と数を増やす子もたくさん出てくる。

「先生、次のページに書いてもいいの?」と元気な声も上がります。

お友達をほめることも、もうスムーズにできます。見逃していたことも、当然と思っていたことも、「ほめていいんだ!」と知ったときから、お友達のいいところがたくさんたくさん出てきました。優しいところ、ていねいなところ、表情、特技をほめてあげた子もいました。みんな、人のいいところに意識が向いたのです。




ふうっと大きな球のように

フィーリングトレーニングでは、大人向けよりも短縮した形で行いました。

静かに目を閉じること、大きな息をすること、はじめの短い時間で、私にはふうっと空気が大きな球のようにぼんやり白く浮かんでいるような印象を受けました。

両手で自分の体を抱きしめ「ありがとう」をいう時間。教室は静かな空気に包まれていました。

「ありがとうって言うとカラダさんからお返事がきたかな?」の問いかけに、何人もの子がいっせいに手をあげます。「喜んでいた」「温かくてうれしい気持ちになった」「ありがとうってかえってきた!」


最後に手塚千砂子先生の著書『わたしはぼくはたいせつないのち』の一部をみんなで朗読して、温かで満たされた時間を一緒に過ごしました。

私が思っていた以上の良い反応と素直な子どもたちの声に少々面食らったり感動したりして、ぎりぎりまで時間を使い切って、ワークが終っていったのでした。

終了後、満面の笑みで特技を披露してくれる子、何も言わず私にしっかりと抱きついてきた子、何度も手を振ってくれた子、一人ひとりがそれぞれに何かを感じてくれたことと思います。


子どもたちと過ごした時間の中で、私は「命の尊厳をもって私達は生きているんだ!」という自信と勇気づけをいただきました。キラキラしたものがたくさん詰まった子どもたちがますますそのキラキラを輝かせながら成長することを願ってやみません。「いのちの声」を聴いたときの幸福で優しい気持ちをいつも思い出してもらえたら嬉しいなと思っています。


 

北海道

無条件で受け止められる感覚を! 
チャイルドライン京都・受け手研修会で


「チャイルドライン 京都・子ども電話」運営委員長 外村まき(セパ・リーダー会員)


「チャイルドライン」は18歳までの子どもたちの悩みをはじめとするさまざまな思いを受け止める子ども専用電話です。子どもの声を受け止める人、チャイルドラインの最前線で活躍する人が「受け手」です。「受け手」養成研修会では、子どもの現状の把握、子ども観の共有、子どもとの体験活動、傾聴、共感的受容など、さまざまな研修を積み重ねて「受け手」として成長します。この養成研修に以前から「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を取り入れたいと考えていました。

「チャイルドライン京都・子ども電話」の関係者の中から、セパの初級、中級のリーダー研修を経て、インストラクター2名が誕生、より現実的なものになりました。

さて、当日、見事に受講生は、いびきをかくほどのリラックスモードのとても良い空間になりました。自他ほめトレーニングもほめられることの心地よさに浸り、ほめられると人をほめたくなる、こんなにほめてもらったことがなかった等、ほめられたときの気持ちを「うれし、はずかし」と表現されましたが、この「謙虚」「謙遜」が日本人の美徳として、育てられた歴史を実感しました。

研修の成果は後日にも現れ、数日後の運営委員会でも、年齢に関わらずほめられた経験が少なかった受講生の状況を見て、大人と子どもの関係は、ほめているようでも条件付でほめている環境が浮上し、無条件で受け止めることの大切さ、まさに「受け手」には、この感覚が必要。「命の声を聴く自己尊重感」の重要性をしっかりと共有する研修になりました。


特別寄稿

一人ひとりが しっかりと自己の形成を

NPO法人子どもと文化の森 理事長 岩根 佐代子

<手を結ぼう・地域で子育て ネットワーク構築事業>
子育て中の親・支援者の安らぎと感性を育む“やすらぎの広場”で「自分を大切にするためのワークショップ―命の声を聴く自己尊重トレーニング」を行いました。(講師・
手塚千砂子’07118日)主催者の特別非営利活動法人子どもと文化の森(愛知県丹波郡)の岩根さんが感想を寄せてくださいました。


昨年、世相を表す漢字に「命」という文字が選ばれたそうです。悲しいことに子どもたちが、自らの命を閉ざしてしまったという報道を何度聞いたことでしょう。

「美しい国日本」というキャッチフレーズに隠れて、日本の国はどこへ向かおうとしているのか、何かヘンと感ぜずにはいられない状況が表出しています。
一人ひとりがしっかりと自己を形成し、自分の人生を歩んでいくことが第一歩ではないでしょうか。


今回は、自分の住んでいる町で、子育ち子育て力がアップするような講座を企画し、町の中で顔の見える関係を作っていく手立てとしていきたいと考えました。その中の「自分を大切にするためのワークショップ」では、いつも張り切っている子育て真っ最中の方や、サポーターの方がリラックスできる場になればと思いました。



海の底で漂うような…
「命の声を聴く、、、」で感じたこと


毎日の雑事に追われ、自分のことは後回しになっている昨今。数時間の間、自分の体や心に目を向け、心を傾ける時間は、貴重な一時でした。参加者の皆さんからも良い時でしたという声を聞いています。

私の感想を記させていただきます。


前半、自分の体や心に深く入っていったときの、何ともいえない気持ち、まるで海底に漂う海草に
なったような気分でした。流れに任せてフワフワと気持ちよく揺らぎながら過ごしました。


後半、自分をほめ、他の方のほめ言葉を聞いている気分は、タンポポの綿毛のように空高く舞い上がっていくような感じでした。と同時に、人をほめるとき、いかに自分と比較してほめることが多かったかと、はっとさせられました。比べるのではなく、自分も人も一個の人格として認めなければなりませんね。

前半は、自分と向かい合う中で、グーンと意識が腰から下へ下がっていくのに対し、後半は、気持ちがアップする上昇感をまるで逆の気分を味わいました。

余談ですが、翌日、友人と会ったのですが、「今日、いつもと違うね」「キラキラ輝いて自信に溢れているような」と言われました。「きっと昨日のワークのおかげ」と思い、18日の経験を友人に話すことができました。心が元気にイキイキしていることを実感です



ものの見方、考え方をほんの少しプラスに変えていくことで、人生は変わるんですね。自分の発する一言がプラスの言葉を使っていくことで自分の回りがどんなにか気持ちの良い空間になっていくのか…。その気持ちを持続していくよう、心のあり方を保っていきたいと強く願いました。まずは自分の良い波を出していきたいと思います。本当に心の琴線に触れるステキなワークをありがとうございました。



SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子