●「セパ通信 NO.14」より抜粋 


命への尊厳を感じた瞬間

小学校の子どもたちから教わったこと

セパYOKOproject(ヨーコプロジェクト)
山田 容子

昨年12月、滋賀県の和邇小学校で、二日間、2年生3つのクラスでワークショップをしました。

はたして2年生の子どもたちに「命の声を聴く」ことができるのか、ましてや2時限という長時間、子どもたちの集中力はもつのだろうか? 少なからず不安がありました。しかし、その不安はワークを進める中で完全に吹き飛んでいきました。吹き飛んだどころではありません。いかに自分が上からものをみた発想だったかを思いしらされることとなりました。


*********************************

子どもたちがギュッと自分を抱きしめて「ありがとう」という瞬間。まるでまるい球につつまれたような感覚を覚えました。その球がどんどん広がって宇宙につながるような感覚です。

*********************************

「みんな同じ」、ふぅっと私の心にそんな言葉が湧き上がりました。


私の中に「子どもたちには分からない、だから教えてあげよう」、そのような気持ちがあったのはいなめません。でも、命ってそんなものではないのですね。たまたま早く生まれていたとしても、それが上でも下でもない。命の価値も声もみんな同じ。「人は宇宙から肯定されて生まれてきている」と手塚先生がよくおっしゃっていますが、まさにこのことなんだと感じました。どの命にもその命しかできないこと、その命しか持っていない輝きがある。そしてどの命の価値も同じなのだ。それは一人ひとりの命への尊厳を感じた瞬間でした。


*********************************

命からのお返事を聴いた子どもたちの言葉は「よい答え」ではなく、ただ感じたことを表現するまさに「命の声」そのものでした。心を研ぎ澄ませて自分達の命の声と向き合った子どもたちに尊敬の気持ちさえ湧いてきた小学校でのワークショップ。私自身は「指導しよう、教えよう」の私から「このすばらしい感性を摘んでしまわないために一人の大人として何ができるだろう」と思っている私へと自然に変化してきました。

自分自身への感謝の気持ちと自分を信じる気持ちに目を向けさせてくれた2日間でもありました。


飾らない私でいられるように・・・
千葉県 H・Tさん

この1ヶ月、長女が入園し生活がガラリと変わりました。毎朝6時に起き、幼稚園に送迎し家事もこなし・・・。今までならすぐに疲れてやる気がなくなったり、イライラしたりしていたのが、この1ヶ月はずっと気分が安定し、沈むことも不安に思うこともありませんでした。子どもたちに対してイライラしても、それが持続しない−というか、客観的に自分や子どもたちを見ることができて、今 子どもたちや私自身がどんな気持ちだろう、何をしたいんだろう、と思いを馳せるようになりました。

次から次へとやるべきこと やりたいこと 頼まれごとが増えても、すべて“できる”気がして 1つひとつこなしていくし、焦らずにひきうけられる状態が続いています。そして何より、ワクワク感を常に持っている気がします。長女の幼稚園その新たな出会い、5月から受講する講座、友だちとのおしゃべり・・・。すべてにおいて、“とても楽しみ”な気持ちをもっています。なので、新しいことにも緊張せず、楽しんで自信を持って挑戦できます。

もう1つおもしろい気づきがありました。人に対して、特に友だちに対して自分のそのままの姿(飾らない私)を見せられるようになってきました。今まで気を使ったり、遠慮して言わなかったりしたことも、相手に伝わるように、そして相手がその時、どんな気持ちなのかと考えながら、ズバッと言うようです。友だちに素の自分を見せて語るとき、その友だちのことが本当に大切だと思い、大好きになります。そして、いつの間にか「ほめ日記」をすすめている自分がいます。


初級リーダー養成講座を受講してからひと月。あまり変化はないのかなぁ、と思っていましたが、ほめ日記を読み返し、このひと月の状態をふり返ってみると、常に落ちつき、安定している自分に気づきます。そして今までよりも自分のことが好きで“輝いている”と思えます。そして、このレポートを書きながら、“深い気づきや自己発見”している私ってステキ と今、実感しました。



札幌市
働く仲間との研修会で自他ほめトレーニングが好評です!

NPO法人北海道子育て支援ワーカーズ 
長谷川 敦子(リーダー会員) 

私たちは2年ほど前に10数人の仲間たちと「命の声を聴く自己尊重トレーニング」の初級リーダー養成講座を受講しました。きっかけは「子育て中の方たちが自分と肯定的に向き合うきっかけつくりができたら」という思いでしたが、最近は「自分自身や仲間の良さに目を向ける時間を共有するために」メンバーの研修に活用しています。

私たちは 全員が出資、運営し労働を担い地域を暮らしやすく豊かにしていく「ワーカーズ・コレクティブ」という新しい働き方で子育ち・子育て支援事業をしています。雇用・披雇用という形を取らず、自己管理しながら事業をしていくことは楽しいことですが、同時に一人一人が運営も含めて重い責任も負うことになります。そのような中でメンバーが互いの良さや違いを認めながら団体として社会的責任を果たしていくためにはたくさんの努力が必要です。特にリーダーの役割を担っている人は自分自身にも仲間にも厳しくなりすぎる傾向がありますし、個々のメンバーの中には自分の働き方に自信が持てず消極的になってしまう人もいます。このような課題を乗り越えるために会員研修会に、「ラブ・ライフトイレーニング」を取り入れてみました。

初級リーダーの認定を受けているメンバーが講師になり、日常から離れゆっくりした時間の中で自分や相手をほめるトレーニングを行いましたが、心が温かくなりたくさんの笑顔や感動の涙が生まれる研修になりました。その後メンバーからは「また明日から頑張ろうという前向きな気持ちが持てたことがうれしかった」という感想が聞かれ、仲間づくりのためだけではなく、支援職としての健康な心のありようのためにも魅力的なトレーニングだと改めて感じました。

今後は子育て支援だけではなく、介護事業・食・リサイクルショップ・編集・生協業務委託など様々な分野で事業を行っている他の業種の仲間にもこのトレーニングを広めていきたいと考えています。


SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子