●「セパ通信 NO.15」より抜粋 


自己尊重感が生死を分けた
リーダー会員 山本 修


青天の霹靂と言いますが、6年前の癌の告知は突然の雷のように私を震撼させました。けれども病院を出た瞬間、私は自分の野球狂時代を思い出していました。どの試合でも私は一番を打っていたのです。一番打者の使命は、自分の持てるすべてを駆使してとにかく生還することで、私はその条件を満たしていたに違いありません。癌との試合も一番の気概でと、その足で東京駅前の書店に行き、希望の持てそうな内容の本を買い込んで、相手の研究に掛かりました。幸い良医・良友に恵まれ、全く身体を傷つけずに、4年で癌は消失しました。

啄木の歌に「わが病のその因るところ深く且つ遠きを思ふ目をとぢて思ふ」とありますが、私も自然に自分の病因を模索していました。原因が分明ならずしては好結果は望めません。そこに見えて来たことは、長きに亘って自分に果して来た生き方が、限界を超えたストレスになっていたことでした。周りの意見を聞くばかりで、言い分を聞いて貰わなかったいい子が遂にキレて

異常細胞と化したのでした。黙殺されて来た分身の、胸塞がるような思いが肺癌の発症だったのです。初め敵と見えた癌は実は見方、それも救い主だと分かって来ました。その身内を「切れ、切れ」と言う四面楚歌に動揺しながらも、私は自分の直感を頼りに「ノー」を言い続けました。そこが勝敗の分け目でした。あの頃「イエス」と応じた病友たちは今、一人も地上に残っていません。自己尊重感の有無が生死を分けたのです。専門家からみれば異端の患者だったかも知れませんが、私の専門家は私、という自負が私を地上にひき留めたのです。癌は、その部分を切り取って治るようなシロモノではありません。全身病であり、生活習慣病であるからには、その人生、生き方のすべてが問われているのです。

人は心が本体であり、心に思う言葉や音声化した言葉が人生の一点一画を形作って行きます。心にマイナス言葉の横行を許してはなりません。癌もマイナス言葉の無法地帯から現われるのです。本来は打出の小槌であるはずの言葉を、自分の責め道具に逆用した報いなのです。常にプラスの言葉、自己肯定感・自己尊重感に裏打ちされた言葉を自分に語る。理想にはまだまだですが、これが手塚先生から私の学んだことです。そしてこれこそ、癌にならない再発しない究極の抗癌剤、明日が明るい日とよめる幸せの種子、と思っています。


*********************************

「母への手紙」責めてばかりでごめんなさい

山梨 K・Mさん

“地球を大切にしよう”とか“人の立場に立とう”とかそういう事が大事だと思い、いろいろ活動してきました。

でも今回講座を受けて、自分を大切にし、自分と向き合えなければ地球も他の人命も大切にはできないんだと気づきました。


すべては「自分」、そこからはじまるのですね。それにきづいた今、講座を受ける前よりももっと、「このトレーニングをたくさんのひとに受けでもらいたい!」と強く感じて、使命感に燃えています。

先生の「“親にほめられていないので自分をほめる事なんてできません。”と言う人がよくいます・・・」というお話を聞いてハッとしました。

なぜならば、私も今までずっと自分に自信がない事や自分の欠点をすべて母親のせいにしていたからです。「もっとこんな風に私を育ててくれればよかったのに」と責め、許せなかった。その事が苦しかった。でも今は不思議と母親に対して責める気持も許せない気持もないのです!そして講座を終え実家に帰り、母親と留守番をしてくれた子ども達に「ありがとう」とHugした後 なんと!初めて自分から母に抱きつき「ありがとう、大好きだよ!」と伝えることができたのです。涙が出ました。素直に表現できた自分にびっくりしました。今までそうしたくてもできなかったので、すごくすごくうれしかった。

そして今日、母への手紙に今まで責めてばかりでごめんなさい、生んでくれて育ててくれてありがとう と書きました。

母親との関係が私にとっては壁でした。母との関係がよくなれば私はもっと変れるとずっと思ってきました。どうしていいかわからずにいました。

でもその一歩を踏み出すことができました。手塚先生、参加者の皆様に深く感謝しております。本当にありがとうございます。これからが、とても楽しみでたまりません。




*********************************


千葉「自他ほめトレーニング開催報告」
(8月8日 千葉・東金中央公民館にて、参加者15名)

仲間の笑顔 大好きに
リーダー会員 T・Tさん

3回目の自他ほめトレーニングを開催しました。

今回も今までと同様、サークルの仲間とやりました。
暖かい空間、仲間の笑顔、自信に満ちた顔。みんなのことが更に大好きになり、私自身も講座をリードした自分に拍手を送りました。

3回の実施を通して感じることは、このトレーニングは簡単ですが、人に自信を持たせ、更に魅力的に輝かせる力があるんだなぁということです。暖かな雰囲気、嬉しい気持ちが連鎖して、参加者みんながすがすがしい気持ちになれるんだと実感しました。サークルの仲間同士の結びつきも強まったように思います。


SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子