●「セパ通信 NO.17」より抜粋 


ピンチ が チャンス!
 気持ちのスイッチを入れかえる
     リーダー会員 O・K


手塚先生との出会いは今から4年前、仕事のことや家庭のことで悩みごとが多く、心も体もとても疲れていた12月の時期でした。仲間の勧めと「自己尊重」というその言葉に惹かれて、足がいたくて引きずった状態で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を受けました。直接ほめられることの心地よさ、そのときの感動、とにかく気持ちがよくリフレッシュすることができました。

新しい発見も

次の年の6月には初級リーダー養成講座を受け2ヶ月間の研修で、また自分の心に新たに変化を感じました。疲れがたまりづらくなったり、人への感謝の気持ちが強くなったり、何よりも変わったことは気持ちが前向きになったことです。 仕事や活動が増えていく中で、向かってくる問題に対しても「ピンチが解ってよかった。それをどう解決していくか考えればいいよね」というふうに自分に問題を投げかけ、変えていくチャンスだと思うようになりました。
「たとえすぐできなくても次に頑張ろう!」「全部できないときもあるよね!」「少しでも前に進められるようになればいいよね!」といろいろ気持ちのスイッチを入れかえることで楽になり、乗り越えられることが多く 新しい発見も体感しました。

言葉にして伝えたい

今年の1月に子育て中の母親に向けて連続リフレッシュ講座の一つとして、自他ほめトレーニングをした時、参加者の中で「何かわからないけど涙が出てきました」とか、講座後に会った人が髪を短く切ってイメージチェンジをして、「一週間はこの気持ちが持続しました!」と明るい声で言ってくれた事がとってもうれしく、また元気をもらうことができました。

子どもも大人も一人では生きていけません。たくさんの人とのかかわりの中で生きていきます。学んでいきます。進化していきます。人との出会いを大切に、命のつながりを大切に、自分を取り巻くさまざまな人に感謝をし、この思いをこれからも言葉にして伝えていきたいと思っています。
(NPO法人 北海道子育て支援ワーカーズ理事)





熊 本
わたしは・ぼくはたいせつないのち 
「小学校3年生・人権フェスタの取り組み」


ステージ発表で絵本を群読
      
         
小学校教諭 リーダー会員 宮崎光枝


人権フェスタ 2007 in  城南 会 場:火の君総合文化センター 日 時:12月10日 14時から
 

昨年10月、手塚先生の「初級講座」を熊本県城南町の地で受けました。

学校現場でも近頃『自尊感情を高める・・・』ということをよく聞きますが、自尊感情が高まる方法となると、私はまだこれといった納得するものに出会えていませんでした。自分の思い通りにならないと子ども達が友達を叩いたり、暴言をはいたりする中でどうしてこんな行動をとってしまうのだろうと対応に追われる日々でした。

道徳や人権学習の授業の中で「友達の気持ちを考える授業」をしても、どうも子ども達にしっくり伝わっていないと感じていました。そんな中での「初級リーダー養成講座」への参加。


子どもたちの心の中に残るものを

参加後さっそく私とクラスの子ども達と毎日「ほめ日記」をつけ始めました。

その頃、城南町より12月の人権フェスタでステージ発表をお願いしたいと言われました。作文や人権に関する劇、人権学習の様子などを発表してほしいということでした。発表まで1か月ちょっとの練習期間。練習すればするだけ何か子ども達の心の中にほんわかと残るもの、そして見ていただくたくさんの大人の方(500人ほど)の心の中にもあたたかく残るものと考えた時、『わたしは・ぼくはたいせつないのち』(手塚千砂子作)の発表しかないと思いました。絵本を群読の形で発表することにしました。


会場があたたかい微笑みでいっぱいに!

「わたしの・ぼくのいいところたくさんあるよ」の発表の所では、
わたしのいいところは、おおきな声で「おはよう。」とあいさつができるところです。
ぼくのいいところは、給食を残さずにもりもり食べるところです。
ぼくのいいところは外で元気に遊ぶところです。
わたしのいいところは絵が大好きなところです。
ぼくのいいところは、犬の散歩のお手伝いを毎日するところです。

次々と子ども達が大きな声で発表してくれました。会場があたたかい微笑みでいっぱいになったのを感じました。

また「自分をほめる」ところでは、
きのうは、夕食の手伝いをしたことをほめてあげた。
ぼくは、みんなとサッカーをしたことをほめてあげた。
と発表してくれました。


「友達のいいところ」を発表する所では、
私が、しょんぼりしていた時「どうしたの」とあきこちゃんが聞いてくれました。うれしかったです。
ゆうき君、勉強が難しくなった時も最後まで一生懸命解こうとしているね。すごいね。
いつもにこにこ笑っているけんじ君、こちらまで元気になります。ありがとう。

という具合に子ども達は、元気よく真剣に発表を続けました。

最後にテレビのにんたま乱太郎でおなじみの『勇気100パーセント』を歌って終わりました。体を精一杯動かしながら元気に歌う子どもたちに会場は、拍手でいっぱいになりました。


『わたしは・ぼくはたいせつないのち』のなかのことば一つ一つが子ども達の心の中に染み通っていったようです。発表を見に来られた保護者の方からも「涙が出てきました」「感動しました」とたくさんのほめ言葉をいただきました。

子どもたちがやさしくなって教室の空気が変った!

私が何よりこの発表に取り組んでよかったと思うことは、子ども達の雰囲気が変わってきたことです。とげとげした言葉がなくなり、教室の空気があたたかなものに変わりました。1人の子を責め立てるようなきつい場面がなくなりました。いじめられると思い込んでいた子どもが今は、「いやなことはあるけれどいつもあるわけじゃないし、だいじょうぶ。友達と遊ぶのは楽しいよ。」と言ってくれるようになりました。

難しい言葉や頭で考えたことではなく、こども達や親の心の中に眠っていた言葉が綴られているこの絵本に出会った時、子ども達は変わることができました。そして「ほめ日記」をつけながら心の中にその言葉を刻みこんだとき、子ども達はやさしくなれたのだと思いました。




熊 本 中級リーダー養成講座を行いました!!
 
日時:1月13・14日 
 講師:手塚 千砂子
              場所:火の君総合文化センター


 未来ある 子どもたちに   熊本県  S・A 

今の私の仕事は、たくさんの未来ある子どもたちに自分が学んだことをすぐ伝えることのできるありがたい仕事だなぁと改めて思いました。

子どもたちに「自分のいいところ」を一つ、クラスみんなの前で発表してもらいました。不登校気味だった6年男子が『ぼくのいいところは毎日がんばって学校に来ているところです』と堂々と言い、それに他の子があたたかい拍手を送ったことに感動しました。




 画 期 的 !   福岡県  I・A

瞑想と同じ効果のフィーリングトレーニングでエネルギーをクリアにしていくのと、自他ほめトレーニングでポジティブシンキングに。意識が深くなった時に感謝の波動を流す・・・本当に画期的なプログラムだと思いました。

体や内面的な能力、そして自分の命がいただいている恩恵等をみつけていくと、自分の命への愛しい気持が自然とわいてきました。命からのお返事も受け取れました。





 いてくれて ありがとう  熊本県  K・T 

講座後、学級の子どもたちに会うと、新鮮な感じがしました。学校にきてくれてありがとう、居てくれてありがとう、という気持ちになりました。

目に見えないものを大切にする気持ちが私の中で大きくなった気がします。また、そのことを伝えていきたいと思っています。





北海道
 中級リーダー養成講座を行いました!!

 
日時:2月16・17日 
              講師:手塚 千砂子
              場所:札幌市 手稲


 すべての人に 届けたい   石狩 I・M

初級の講座を受けてから、毎日自分をほめること、家族をほめることが自然とできていたのに、すべてを打ち砕く人に出会って、戦って・・・。それでも「自己尊重の心」は自分の中心に曲がることなく存在していましたが、かなり疲れきっていました。

今回の受講で、手塚先生の肉声から私の心の底に、またパワーが注がれてきました。自分を信じて前向きに居ることの大切さを再確認できました。

「言霊」の大切さも・・・。思っているだけではなく、あえて言葉にして伝えること。私もできるだけ気をつけて実行してみると、相手の表情が明るく変わることが良くありました。

今回の受講で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」の必要性と魅力、すべての人の心に届けたい想いが深まりました。





 天から 美しい声が   札幌 S・S

吹雪で前が見えない・・・歩道はひざまでの雪・・・そんな中を手稲行きのバスに乗り遅れないように必死で走りました。

フィーリングトレーニングで身体がホワ〜ッと温まり、目の前が灰色から白、明るい色へとだんだん変化して、私の大好きな小さな花がたくさんキラキラと見えて、とてもいい気持ちになりました。

ロールプレイは、長谷川敦子さんと組んで行ないました。もともと声のきれいな人ですが、目をつむって聞きながら体を動かし、深い呼吸をしていると、天から美しい声が聞こえてくるような感じでした。目の前の色も暖かい美しい輝きでした。

終了後に長谷川さんから「とても良い表情に変わって行った」と言われ、私の身体全体に良い変化が現れたのだと実感できました。





「前号のセパ通信(NO16)を読んで」  二之宮つもる

三重で開催された「小学生のための自己尊重トレーニング」の報告を読んで感動し、涙が出ました。

一つ目は、小学校を回って校長先生にお話されたその情熱と行動力に心打たれました。私も小学生の娘を持っていますが、SEPAの事をお話したいと思いながら行動に移せないでいるので、そのことがどんなに労を伴うものかが容易に想像できるからです。ほんとうによくなさったなあと感動しました。

二つ目は、子どもたちの感想が、また素晴らしい!

命の声を聴きとる感性のなんと豊かなこと。大人が言葉を尽くして語っても伝えきれない大切な命を、しっかり感じて受けとめる。それができる子どもたちってとっても素敵、そして1回のワークで変化を起こせるSEPAのワークはやっぱり素晴らしい!




鹿児島  いいお産の日 in かごしま 2007  
 セパかごしま S・A


  参加者:42名
               場 所:鹿児島市内 艸舎
               日 時:11月11日

セパかごしまの駆け出しインストラクター5人が総出で、ワークショップを行いました。

導入ではAさんがカードを使ってセパの説明を。フィーリングトレーニングは私が。「ゆったりゆっくり感じる時間をとって」「ひと言ひと言に心を込めて」の二つを意識しながら進めていきました。

後半はグループを5つ作って、5人のリードで自他ほめトレーニング。参加された妊婦さんや看護婦さん、助産師さん、ご夫婦(奥様は妊婦さん)がお互いに照れながら感謝の気持ちを伝えたり、ほめたりされる様子には、見ているほうが感動をいただきました。

「自分をほめることを続けていたら、精神的に落ち着いてきて自信がついてきたこと。子どもたちに眠る時に『頭さん、ありがとう〜、足さんありがとう〜』と体をさすってあげると、とても気持ちよさそう」と締めくくりは私の体験談。

『みんながみんなに拍手する。優しくてまるくて、ほのぼのしていていいですね』『体験談がすごく良かった!』など、嬉しい感想もたくさんいただきました。すばらしい経験ができてインストラクターとして大きな自信がつきました。




SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子