●「セパ通信 NO.18」より抜粋 



自分に愛を伝えるラブレター 

SEPAちば 主宰 竹本 統子(たけもと はるこ)



私と
SEPAとの出会いは1年半前です。当時の私は3歳と1歳の子の子育てに悩み、母や姉との関係に疲れていました。「自分のことが好きになりたい!」という思いに駆り立てられ、私は「手塚千砂子のネットレッスン」を始めました。

ほめ日記がスタートし、自分をとことんほめました。「10%でも5%でもできたこと、当たり前のようにやっていることをほめよう」「感じたことや体の働きもほめよう」と、自分をよく見てほめ続けました。

すると不思議なことに、「私ってすごい!」と自信が持てておおらかな気分になり、気持ちが安定してきました。ダメだなぁと思っていた欠点も見方を変えて、いい!と思えるし、自然と笑顔になり、子どもたちにイライラすることも、怒鳴ることも少なくなりました。母や姉へのわだかまりも、いつの間にか消えていました。



 自分を甘やかす?

そのうち、ふと「自分をほめすぎて、うぬぼれてしまうんじゃないか」と不安になり、ほめ日記が停滞しました。その間はな
んだか気持ちが不安定で、「うまくいかない自分」にイライラしていました。

しばらくして、結局ほめ日記に戻ってきました。そして、思ったのです。ほめ過ぎてうぬぼれる、自分を甘やかすというのは、「ほめ日記」の本質じゃない。自分を認めよう、そして傷は癒そう。だから、自分のプラス面を探す、プラスのイメージをする、脳をプラスの回路にする。過去の傷はいい子いい子して癒そう。「辛かったね。でも、よく頑張ったね」と…。


 私の使命

そのことがストンと胸におち、私は、ほめ日記・自己尊重トレーニングに確信を持ちました。いくら子育てやコミュニケーションのスキルを学んでも、心が安定していないとスキルは使えないんです。逆に「学んだようにできない」自分を責め、苦しくなります。心が安定し、自分に自信があったら、子どもや周りの人とのコミュニケーションも自然にうまく取れるようになります。スキルも相乗効果でとても役立ちます。

ほめ日記は自分へのラブレターです。他人に認めてもらいたいと無理をする自分ではなく、ありのままの自分を受け入れて自分に愛を伝える、最高のラブレターです。私はこれから、「ほめ日記」とともに自己尊重トレーニングを多くの人に伝え、広めていきます。それが命からのお返事とともに、私の中から沸き起こってきた使命です。




鹿児島県

認知症の母の世話をしながら

リーダー会員 S・K


今2歳と5歳の子どもがいます。3年前、子育てがつらい時期があり、その時にSEPAに出会いました。少し自分が落ち着いたかな、と思っていたら、一人暮らしの母が認知症になっていました。

いろいろ考えた末、私の家に同居することにしました。母は幸い体は元気でしたが、時間、日付の感覚や季節もよく分からないのです。同じことを5分もたたないうちに繰り返します。母に何度も同じことを尋ねられて、正直、「もうやめて〜」と思うのですが、なるべく、優しく答えるようにしている自分を、すごいな、大人だな、とほめています。

母の引っ越しの荷物を整理していたら、同じものが大量に出てくるのです。衣装ケース4つほどの下着、本棚いっぱいのティッシュ、ストックされたスーパーの袋はぎゅっとつめても特大ゴミ袋3つ分にもなりました。整理している私も、気が遠くなりそうでした。子どもを抱えながら、本当によくやったと思います。もちろん、夫や近所の方々にも助けてもらいました。


 この人の中にも命の声が

今までの私は、外からの評価を期待して、日常の暮らしを完全にできる自分でないといけないといつも焦っていました。毎日こんなことばかり・・・という不満や、あれもできなかった、これもできなかったと自分を責める気持ちが強かったのです。母のことでも、以前の私だったらきっとイライラしていたと思います。

しかし、今は、焦らず休めるようになったし、子どもとの日々や、母の世話などが楽しいと心から思えます。

母もデイサービスに通い始め、同居して本当に元気になりました。以前より認知症の症状も軽くなりました。

母には言いたいこともたくさんありますが、今は、「あぁこの人の中にも『命の声』があり、毎日けなげに生きているのだな、と思ったりしています。

SEPAの講座を通して「自分をほめ、自分に優しい言葉をかける」ということを知り、毎日がとても楽になりました。つらいときは、「あぁ、こんなに私がんばっているね、素晴らしいね、今日もよくやったのね、ゆっくり休もうね」と自分に言えるようになりました。そうすると、ほっとして、涙が出てくるのです。そんな自分の反応に今でも驚くのですが、「あぁ、私の中の命が応えてくれているのだな」、と思うひとときです。




東京

初級リーダー養成講座を行いました!!

日時:2月24日  講師:手塚千砂子  場所:東京・文京区



神奈川県 N・M

努力して行動したことが、思い通りの結果にならなかったことが、一ヶ月の間に幾つもありましたが、それほど落ち込まず、自分は誠意をもって尽くしたと自信をもてるようになりましたし、落ち込んだとしても、落ち込んでいるすべての人の体験を共有できたし、それでも生活を続けていこうとしている自分は価値がある、と思えます。他人の評価を気にせず、したいと考えたことに素直に取り組めるようになりました。(始めるまでの時間が短くなりました)



東京 I・F

パートナーの言葉に必要以上に傷つくのは、自分が気にしていることを言われた時だと気がつきました。気にしているとうことは自分を許していないからではないかと思い、できない自分を許すと、同じ言葉でも楽に受け止められました。これまで自分に一番厳しいのは自分だったと分かりました。頭の中では自分にOKしていたつもりでしたが、今は、全身でOKしている実感があります。家族や身の周りの人の良さが、これまで以上に見えるようになりました。




東京 F・A

毎日の生活の中に楽しみを見つけられるようになった。たとえば、通勤途中での草花や季節の変化、ジョギング中の風景、自然など。また掃除や料理を積極的にするこ
とでおもしろさの発見も。手伝うというのでなく自分の役割りとして行なうという気持ちが生まれてきた。

妻と生活を楽しむための会話や、毎日あったこと、気付いたことを話す機会も増えた。





東大和市

初級リーダー養成講座を行いました!!

日時:3月29日  講師:手塚千砂子  場所:東京・東大和市



東大和市 H・M

一日の中で自分の行動や感情の持ち方などに、そのツドほめてあげられるようになりました。育児でイライラしていたことも、子どもの気持ちに寄り添い落ち着いて対応できる時が増えています。それに対して自分をすごくほめてあげることが、気持ちよく感じています。「感情で子どもを怒らないで適切なことできちっと叱る」。簡単なことのようで本当にむづかしいです。でも、何日かそれが続けてできているので、このまま穏やかな気持ちで子どもと接していきたいなぁと思っています。




東大和市 S・S

私は山登りが趣味で、山に登っていると、自分は大自然の一部と感じることがあります。命の声を聴くときは、その感覚と似ていると思いました。(トレーニングで
)命の声を聴くときはその感覚をさらにはっきりと感じます。

自分をほめていると「ありのままの自分
」でいいんだと思えるようになりました。

日ごろ、知らず知らずにマイナスな思考や、からだが発しているサインを無視して自分自身を苦しめていると感じました。




神奈川県 G・J

「言葉は神なりき」「人間は無限の力を持っている」ということは頭では知っていました。しかし具体的にテクニックとして「どうすればよいか」という方法論を講座で教わり、実践する機会を与えられたと感じています。


皆さんに母親としての自分をほめていただいたのは初めてだったので、とても嬉しかったです。娘と参加できて、とてもよかったと思っています。娘が受けるというので、私も受けようと思ったのですが、今回のこの講座との出会いは必然だったと思いました。



東大和市 N・N

私の場合、既に手塚先生の5回連続講座を受け、大きな変化を体験したあとでしたので、ありがたい気持ちでいっぱいでした。


毎日、自分をほめることで、何にでも耐える力がつきました。自分が宇宙とつながり、大きな力を持つ一人として、自信を持って生きていけるという希望で満ちてい
ます。朝も就寝前も布団の中で「ありがとう!」と。外を歩く時も1歩1歩「ありがとう!」と言っていると、すべてにうまく行く自信が生まれます。これから始まる何かをすべてまるごと受け入れ「大丈夫うまくいく!」と心で唱えると100%うまく行きます。実感できる喜びを肌で感じています。感謝です!





各リーダーからの報告

徳島

塾の子どもたちとともに

リーダー会員 A・K



塾の仕事を始めて今年で28年目になる。そして今、最初の頃とは生徒に対する姿勢がまったく違う自分がいる。

初期の頃の私は自分の想いが生徒に伝わらないとき、あるいは自分が準備してきたとおりに授業が進まないとき、イライラして声を荒げていた。そうすることで、もともと自尊感情の低い自分をますます追い込み、自信をなくしていった。

自分と向きあい、自分にもいいところがあることに気づき、ほめ言葉を自分にかけられるようになった頃から、少しずつ何かが変わり始めた。自分を好きになり、自分を大切にし始めたら、生徒へのほめ言葉も自然と口からあふれてくるようになった。

そうするうちに塾の雰囲気がとてもよくなってきた。生徒たちの間でもプラスの言葉が行き交うようになった。生徒たちが自主的に勉強するようになり、成績も上がってきた。

おとなの自尊感情を育むことが、結果的には、子どもの自尊感情を育むことにつながる。(塾経営)



SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子