●「セパ通信 NO.19」より抜粋 

世の中を良くする実践と方法論
ケースワーカー 岩男 茂



 初級リーダー養成講座を受けました(8月3日京都にて)。

 何年か前に自己尊重の研修を受け、本を読み、自分なりに分かっていたつもりだったことも、実践によってもっともっと深めていける、もっともっと自分を好きになれると気づき、うれしくなりました。妻と一緒に「ほめ日記」を始めています。

 知識として知っている、頭でリクツを理解している、と言うことと、身体の感覚や心の奥深くからこみ上げてくる感覚として実際に感じ、体験することで分かることが、どれほど違いが大きいことかと、つくづく思いました。京都まで行って良かったなあ、いい時間を過ごせたなあ、と一週間たった今も、しみじみ感じています。


歩みを止めずに

 講座のあとの茶話会にて、手塚先生からうかがった嫌煙権(註・右記)のお話に、力強く励まされています。時間はかかっても、ちゃんと世の中は変わる。そのための歩みを止めず、あきらめなければ、僕たちの子どもや、そのまた子どもの世代に、世の中が少し良くなっていく。少しずつ少しずつ。

 自分を大切に思う気持ちや自他への人権意識、命や自然への感謝も、きっと広く深く伝わって、だれもが当たり前に知っている世の中になっていく。そのための実践と方法論が手塚先生とSEPAの活動にあると思っています。

 リーダーとしての認定を受ければ、僕もぼくなりにまずは自分の身近な大切な人たちに伝えたいです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

註)嫌煙権の普及から学ぶ
         代表理事 手塚千砂子 


 セパは、命を大切にしあう社会を作るためには、私たち一人ひとりが自己尊重感をもつことが大事だと考えています。その自尊感を育てる方法論と実践活動を広げる目的で設立されました。岩男さんの言われる通りです。「世の中を良くする」と言うと、私たちは途方もないことのように感じて希望を見失いがちですが、私たちにはできるのです! 嫌煙権という概念が約30年前に日本に入ってきた時、多くの人の気持ちはそれを受け入れられませんでした。しかし今は当然の常識になっています。

 このことを考えれば、セパが今伝えていることは、30年後には当たり前のように広がっている、と私は希望を持つことができます。左記(註)の部分は、その話のことです。

 自分が命を尊重すれば、家族にもまわりにも、その意識のエネルギーが広がり、喜びや幸せが広がる。そうして徐々に徐々に社会が変わっていく。皆さんもそのようにイメージしましょう。歩みを止めず実践をとめず、イメージし続ければ、必ず実現するはずです。


京 都

初級リーダー養成講座を行いました!!

日時:8月3日 講師:手塚 千砂子
場所:京都市内 こどもみらい館


石川県  N・A

 自分はだれよりも、ほかのだれよりも「自分自身」に認めてほしかったんだなぁ〜、とやっと気づきました。涙が流れ、自分に深く謝りました。

 身近な人が認めてくれないことは悲しいことですが、これからは、たとえそんな状況だったとしても、自分だけは絶対に自分の味方でいよう、と思うと、自分の芯がどっしりとすわったような気がしました。

 これまでだって、懸命に生きてきましたが、せっかくの人生、もう自分をいじめず、ブレーキをかけず、自分の持っている可能性を満開にさせて幸せに生きたい!! と強く強く思いました。

********************

京都府  O・Y

 午後のフィーリングトレーニングでは何十年も支えてくれた私の体の部分に丁寧に注目し感謝の気持ちを込めて「ありがとう」を伝えました。そのとき私は自分の内臓(心臓や膀胱)が私の為に毎日休まず、それぞれの役割を持って働いてくれていたことに初めて気づきました。「いままでずっと頑張っていてくれたのに言ってあげられずごめんね」という気持ちが溢れてきました。今まで心臓や膀胱を否定し疎ましく思っていたことを申し訳ない気持ちになりました。すると私の中から湧き上がってくるものがありました。それは「気づいてくれて嬉しい!」という喜びの声、幸せの感覚でした。

 その感覚を味わった私がまた感動して・・・涙がぽろぽろ流れて止まりませんでした。まわりのことは気にせず自分だけを見つめる貴重な時間をじっくり味わい満足感でいっぱいでした。これからもずっと自分の体に感謝の気持ちを伝えていきたいと思いました。


********************

 京都府  I・A

 「感謝」の言葉がこれほど体に影響を与えるとは気づかず、知りませんでした。まず、自分の体の各部に感謝の言葉をかける、という行為に驚きました。実際に行なってみると言葉をかけた部位が緊張しているのが分かるため、体に力が入っていることが日常的にふつうになっていると思いました。そして、感謝の言葉をかけながら力を抜くように試みると、対象部位がホンワカ温かく気持ちよくなるのを感じます。血流がよくなりほぐれるのでしょうか。

 また、自分を褒めると「感謝」の言葉を自分に掛けた時と同様に体の力が抜け、これまたホンワカした気分になれます。これが講義にあったpositive脳への教化過程ではないかと思いました。


北海道・石狩市

親育ちワークショップ 「つけよう!ほめ日記」

日時:7月13日
講師:手塚 千砂子
主催:石狩市保健福祉部こども室子育て支援課

 今回のワークショップはいかがでしたか?感想・意見などをお聞かせください。

・ほめ日記について具体的に分かりやすく説明があり、よかったと思います。早速実行したいと思います。

・いつもイライラ、バタバタ、何かに取りつかれている自分、こうしなくては、こうなくてはならないと思ってた。私なんてと思っていたこと、いつも自分を否定していたことが、もっと許していいんだと思えました。子どもにもやさしくなりたいと思います。ほめ日記つけてみます。

・満足のいく内容で明日からの生活が豹変しそうで楽しみです。

・自分をほめることがほとんどなかったので、お話全てが心にしみました。自分らしい人生をおくりたいと思います。そして愛のある家族と楽しい人生にしたいです。

・日常生活でとても気になっていたところが解決できたので、とっても心が楽になり、参加して本当によかったです。

・とても心がゆったりとできました。

・自分をほめるのがとても苦手だったのですが、とても勉強になり、毎日実践していこうと思いました。

・もうこんなに楽ちんになれるなんて、こんな講座はすばらしい。企画してくれた方、スタッフありがとう。手塚先生、感謝します。

・自分をせめることしかしなかった私ですが、自分にやさしくする気持ちができました。

・今まで受講したことのないようなワークショップでした。これ程日常生活に役立つ講義は珍しいのではないでしょうか。体験型のワークショップは印象に残って良いと思いました。

・初対面の方にほめていただいてとてもうれしかったです。


各地のリーダーから報告

鹿児島
「第1回SEPAまつり」


私に優しくなるためのシンプルワーク

SEPAかごしま

日 時 : 2008年6月15日(日)
場 所 : 鹿児島市 鴨池公民館 和室

 セパのトレーニングの紹介と、SEPAかごしまのインストラクター6名の紹介を目的に実施。当日はドシャブリの大雨でしたが、キャンセルはゼロ。23名の参加でした。

 始めにそれぞれが「私のSEPA体験」を話しました。これは、予想通り(!)参加者に訴える力があり、すばらしかったです。熱心に聞き入る皆さんのお顔を見ながら、うちに帰って必ず実践してくださるという確信を持ちました。その確信は大当たりで、ある小学校の先生は早速ほめ日記をクラスで取り入れたとのこと。嬉しい報告の数々が寄せられ、メンバー一同大喜びしました。

 更に、このSEPAまつりがきっかけになり、初級リーダー養成講座の実施、養護教諭研修、職場の研修会などが決まり、他にも幼稚園保護者会の研修会、家庭教育学級など予定がたくさんで、メンバーの日程調整に嬉しい悲鳴です。(二之宮 つもる)

 約半年の準備期間中、たくさんの刺激と心温まる時間をメンバーと共有することができました。無事SEPAまつりを終え、今後もこうした活動をコツコツ続けていくことの必要性を実感しました。またセパと「SEPAかごしま」の素敵なメンバーに出会えたことに改めて感謝した次第です。(高山 尚子) 
 

SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子