●「セパ通信 NO2」より抜粋

〈タンポポの綿毛のように〉代表理事・手塚 千砂子

 街にはまだ冷たい北風が吹きすさんでいますが、路地の端には春の息吹を感じ取ったタンポポやイヌフグリがいち早く花を咲かせています。

 自己尊重プラクティス協会(セパ)を設立してから、この3月で1年になります。私たちも早春の野花のようにまだまだ少なく目立たないけれど、ポツポツと各地に花を咲かせ始めました。

 セパの「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を受講して、自分の命のすばらしさを心で味わい、命に対して「ありがとう」という思いをもたれた方が、各地にたとえポツポツでもいて下さることは、私たちにとってとても明るい希望です。

 知識を頭に入れただけではスグに忘れてしまうことでも、セパのトレーニングを通して身体感覚や深い感動をともなって覚えたことは、人はなかなか忘れないものです。そして誰かに話したくなります。

 一人の人が誰かに自分の体験を話したら、話した人の数だけ種が広がります。話しを聞いた人がまた誰かに話すと、その分また種が広がります。タンポポの花が、やがてたくさんの綿毛を空に飛ばし、タンポポの原っぱを作るように、私たちの種も時季の訪れと共にきっと大地いっぱい花咲くことでしょう。

*  *  *

 セパは、お互いの命を尊重し合う社会の実現を願いとしています。そのためには、一人一人がまず自分の尊さに目覚めることが大切です。自分の命の深さや存在そのものを心からすばらしいと思えたら、他の命も同じように尊重し大切にできるはずです。逆に自己否定的でいたり、外側に見える価値感にだけとらわれていては、お互いの命を尊重し合うのはとても難しいことです。

 セパのトレーニングは、やさしい体の動きを通して体の中に生じる感覚の変化に集中するフィーリングトレーニングと、自分の内的な力や感覚感性などを誉め、肯定的な方向づけをする自他ほめトレーニングを組み合わせ、自分の命の声に耳を傾けていく、というものです。このプロセスが心身に大変心地良く、脳も活性化され、リラックスしながら自己尊重感を育てていけます。対象は大人でも子どもでも「命ある人すべて」。

 このトレーニングの実践をリードするリーダー(初級=ファシリテーター、中級=インストラクター)も、この一年で46人誕生し、セパの種は少しずつですが、着実に大地にまかれつつあります。

 会員の皆さまの応援と努力を心から嬉しく思い、また感謝いたしております。

 

自己尊重感を高めて 広がる実践の輪

――初級リーダー(ファシリテーター)の認定を受けて――

「初級リーダー養成講座」を受講し、ファシリテーターに認定されると、「自他ほめトレーニング」のリードを行うことができます。自分自身を大切にすること、命の大切さを伝えることの意義を、トレーニングを経てどのように実感できたのでしょうか。ファシリテーターの認定を受けた5名の方に、お話をうかがいました。

 

A・Hさん(40代・岐阜県)
今まで自分の体にねぎらいの言葉をかけることなどなかったけど、体の細胞の1つ1つに命があり、自分を動かしている、生かしてくれている、ということを感じました。

最近、同年代の方が病に倒れた話を聞くたびに、他人ごとに思えず、命への感謝を実感します。忙しいからこそ、自分の心身に耳を傾けることが大切。「命の声を聴くワーク」のCDを聴きながらときどき自分でも行っていますが、やり終えると心臓の鼓動を力強く感じとることができ、心身がゆったりしています。

子どもに対しても、自分自身が肯定的でないと、つい欠点を言ってしまうことに気づきました。逆にプラスの言葉をかけることで、いとおしさが増してきますね。

 

T・Mさん(30代・三重県)
家族に対して、耳を傾け話を聞く姿勢ができたせいか、“怒る”という事が少なくなりました。優しい声かけをしたら、みんなが同様に返してくれる。私の周りにはほめたい人があふれています。人づきあいも以前より身構えることがなくなり、自然と笑顔が増えるように。子ども同士のトラブルがあったときも、それをきっかけに深い話ができ、結果よい方向へ進めたことなど、物事をプラスに変える力も少しずつ育ってきたように感じます。また自分の中では、「家庭」を大切に考える優先順位がみえてきました。仕事についても、以前は「仕事=お金」という感じで、少し疲れがちな面もありましたが、今はお金も大切だけどもっと他にも!! と、楽しめています。

 

I・Sさん(40代・三重県)
今までやってきた事や自分自身を「完璧ではないけどよくやってるよ」という気持ちで見ることができるようになりました。SEPAと出会って勇気づけられ、落ち込んだ時も気持ちを自然に切り替え、自分が思うことや感じたことを言葉に出せるようになってきました(とくに夫に対して)。ありのままの自分をOKと思えるようになったのかな。相手の話にすぐに口をはさみたくなるのを抑え、共感して聞くことが少しづつできるようになったと感じます。

高校生のわが子の気持ちにも近づくことができたようで嬉しい。子どもが気にしている部分を長所としてとらえ直して伝えたら、子どもとの関係性が深まった。子どもから大切なことを学ばせてもらいました。

リーダーとして活動する予定は今のところありませんが、受講してよかった、と思えることを他の人たちとも共有していきたいですね。

 

H・Aさん(50代・岩手県)
楽しむことのできた養成講座でした。ゲーム感覚で、でもしっかり自分をみつめ、相手の話を聞く事の大切さも学べました。

今まで人からあまりほめられた事がなかった私ですが、ワークでは、ほめられることはこんなにうれしいものかと、心が楽しくなりました。孫に対しても、些細なことでもほめて、いけない時には怒らずやさしくさとせるようになり、あくせくせずに見守る気持ちのゆとりができてきました。

これからも楽しかったこと、うれしかったことを書き留め、味わっていきたいですね。そして肩肘を張らずに、多くの人に広めていきたい。わかりやすくリードできるよう、これから練習を重ね、行動範囲も広げたいと思います。

 

M・Mさん(30代・岐阜県)
専業主婦歴18年、講座を受け、久しぶりに一つのことをやり遂げたという気持ちになれました。自分の中で「これでいいのか」と迷っていた部分が、「これでよかったんだ」と確信が持てたことで自信につながりました。受講して1ヶ月、「なんでこう忙しいんだろう」というマイナスの口癖が消え、さらに今の元気な自分をいとおしく思えると、“私ってダメだなぁ…”なんて思うこともなくなりました。そう感じたとしても、「そこに気づけた自分をほめることができる」、そういう頑丈な心を持てた気がします。

子どもとも「今日もよくがんばったねぇ」と楽しく話せる時間が増えました。特別な事でなくても、元気に学校に行き、宿題を済ませ、友だちと遊んで帰ってくる事など、心から認めてあげられるように。(今までは認めているつもりでも、「ここがもっとこうなれば…」と内心思っていたところもあったのですが)

主催する育児サークルや周囲の人に対しても、こうした気づきを生かしていこうと思います。

 

各地で開催しました 初級リーダー養成講座

〈宮崎〉2004/2/8 宮崎子ども文化センター 受講者13名 講師:北村年子

宮崎子ども文化センター主催の養成講座は、子育て真っ最中の人から子育てサポーター、CAPスペシャリストなど、意欲的な参加者が集まり充実した一日になりました。受講後さっそく家族や身近な人と自他ほめトレーニングを実践しているなど、素晴らしい報告が届いています。参加者お一人お一人の「自分を大切にする」意識の向上からいのちを愛するプラスの輪がどんどん広がっています。

〈東京〉2003/11/16 市ヶ谷・SEPA本部 受講者8名 講師:手塚千砂子

東京での開催は3回目です。今回は8名の方が参加されました。学校の先生、児童館の職員の方、保健士さん等 すぐにそれぞれのお仕事に役立てて頂ける方や、仕事に活かすというより自己の心の向上のためという方、目的は違っていても、命への想いは同じ。楽しく気持の良い心身を味わいながら、成果を上げられました。全員の方が2月末までに認定を受けました。おめでとうございます!

〈広島〉2004/1/25  おやこ劇場ひろしま事務局 受講者12名 講師:北村年子

広島の子ども劇場やさまざまな子育ち・子育て支援にかかわる皆さん12名の参加で、和気あいあいとした楽しい講座になりました。

「日ごろ子どもたちに人権の話をしていても自分自身をほめていなかったことに気づいた」「お互いをほめあうことですごくエンパワメントされた」など、素晴らしい感想がたくさん。ロールプレイでは、対乳幼児の母親、対小学生、対子育て支援者、対高齢者など、各自の活動現場を想定しながら実践的な実習ができました。希望者多数で今回は受講できない人も出てしまいましたが、ぜひまた広島で次の講座を開催できる日が楽しみです。

SEPAでは、2003年度中に上記3ヶ所のほかにも、三重、岐阜など全国各地で「初級リーダー養成講座」を行うことができました。たくさんのご参加、ありがとうございました。また、7,8月には東京で「中級リーダー講座」も開講し、新たに11名のインストラクターの認定を行いました。
今後の養成講座の予定については『SEPA通信』本号p.8に掲載、またSEPAホームページ内(http://sepa-t.hp.infoseek.co.jp/sleader.htm)でもお知らせしていきます。ご関心のある方は、ホームページを見ていただくか、「講座のあるときに知らせてほしい」とご一報ください(
ホームページのメールフォームよりお願い致します)。ご連絡いたします。また、養成講座開催のご依頼・ご相談は、SEPA本部まで(ホームページのメールフォームから)お問い合わせください。

 

「命をいとおしみ、慈しむ心」を伝えたい
       実践の場を広げる インストラクターの活動から

SEPAのインストラクター(中級リーダー)は、フィーリングトレーニングと自他ほめトレーニングの組み合わせとなるSEPAの基本トレーニング(「命の声を聴く 自己尊重トレーニング」)をリードします。この基本トレーニングの継続によって、自分の命にたいするいとおしさや尊重感を高めてもらうことができます。このページでは、各地でさまざまなかたちでSEPAの実践に取り組んでいるインストラクターの方々に、活動にたいする思いを綴っていただきました。

◆価値あることを分かち合いたい  セパ小田原  石塚 仁美

 もう5年も前のことです。手塚千砂子先生のトレーニングを初めて受けた時、自分の体をいたわり、じっくり感じるとはこういうことかと、とても衝撃を受けました。

 回を重ねるうちに、本当の自分の心、自分の価値、自分がやりたいことにも気付いていきました。涙とともに癒される経験も何度もしました。

 元々教師をしていた私は、「本物の教師とはどういうことか。本当に価値あることをみんなと分かち合いたい」と考えつづけていました。

 そんな私ですから、セパが設立され、このトレーニングを私も広く伝えていくことができると知った時、是非インストラクターになりたいと希望したのは当然の成り行きでした。

 さあ、実際にインストラクターとしてやってみると、聴くとやるとは大違い。自分が試される感じです。でも、皆さんとするトレーニングは、とても集中できて、身も心もすっきりします。また皆さんがご自分や他の人のいいところを発表する場面は特に楽しく、「命あるものはみんなステキだなあ」と毎回感動を覚えます。

 今後の課題は、少しでも手塚先生のトレーニングに近づけるよう自分自身を高めていくこと。また、小・中学生など若い人向けのトレーニングもやりたいです。身も心も柔軟な若い人たちにこそ、自分の良さや命の尊さにもっと気付いて欲しいと願っています。

 

◆子育ての悩みや不安に癒しとプラスのエネルギーを
 
PEACE暴力防止トレーニングセンター  さのいくこ  

 「PEACE暴力防止トレーニングセンター」は、子どもと女性が自分らしく生きられる、非暴力社会の実現を目指しています。子どもへの暴力防止プログラムや性教育プログラムを提供したり、ジェンダーに関する講座を企画運営したり、「変だ!おかしい!」と発信していける人材を養成しています。

 この活動の中で、私が今やりがいを感じているのが「ハハ!おや?ひろば」という親サポートグループです。子どもとのかかわりに不安や悩みを持っている女性たちが月2回、事務所に集い、語り合っています。

 この親サポートグループで私はセパのトレーニングを少しずつ実践しています。

 私自身、手塚さんの「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を受けてきたことで、自分の体と心を信じ、どんなときも「だいじょうぶ、素晴らしい私がいる」と意識してこられた体験をメンバーに伝えたい。心地よい感覚とともに目に映ったプリズムのように輝く私の細胞のイメージは、プラスのエネルギーとしていつまでも消えません。私の命の原石!

 赤ちゃんや2歳くらいの子どもと暮らす母親にとってセパのトレーニングの静寂は何よりの癒しになっています。ホッとしたひと時を過ごすことができれば、自分の良さを見つけられるし、自分が持っている輝く原石を確認できます。「ハハ!おや?ひろば」で様々な原石を見つけきらきら磨いていきたいと思います。

 

◆つながりの感覚を一人でも多くの人に  
  埼玉県所沢市  小泉 かおる

 1月30日、小手指公民館の和室でセパのトレーニングを受けたのは、「ひだまり」のメンバー9人。誘導したのはインストラクターの認定を受けたばかりの私、小泉かおるでした。

 「ひだまり」は7年前に母親たちが作った自主グループです。月に2回公民館に集まり、子ども・学校・環境・ジェンダーなどメンバーが関心のあるテーマを話し合ったり、講師を呼んで話を聴くなどの活動を続けています。「ひだまり」発足のきっかけとなった講座の講師が北村年子さんでした。

 4年前、「ひだまり」のメンバーだった私が手塚先生の教室に通うようになってから、様々な変化がありました。一番の変化は「つながり」を感じられるようになったことです。人とのつながり、自然とのつながり、自分の心や体とのつながり、幼い頃の自分とのつながり・・・。道端に咲いている小さな花に元気づけられたり、ふと幼い頃のことを思い出して涙ぐんだりと、そんなささやかな「つながり」を築くうちに、空洞だった私の心は明るい希望に満たされていきました。思い通りにならないこともある日々だけど、空とつながり、緑とつながり、愛する人達と自分自身とつながって今、ここに私がいる・・・すばらしいじゃない! と感じられるようになったのです。

 セパのインストラクターになろうと思ったのも、そんな大切な「つながり」の感覚を1人でも多くの方が感じられたら、と願ったからです。

 今回、私のトレーニングを受けたみなさんも、自分の心や体の尊さに気づき、感謝の気持ちをそれぞれ自分の言葉で語っていました。そんなみなさんの姿に私自身がエネルギーをもらい、新たなつながりを得ることが出来ました。

 

子どもたちが体験しました  私の“いのちの声”はどんな声?

昨年9月、岐阜県瑞穂市のNPO法人「キッズスクエア瑞穂」で「命の声を聴く 自己尊重トレーニング」が行われました。講師は手塚千砂子SEPA代表。集ってくれたのは、小学4年生から中学2年生まで男女22人の子どもたち。最初は緊張していた子も、心とからだをゆっくりとほぐして最後にはキラキラとこぼれる笑顔を見せてくれました。子どもたちは、どんな“いのちの声”を感じとったのでしょうか。思い思いの感想を書き記してくれました。

(ここに掲載されている感想は本誌の一部です)

◆さいしょに命の声や体の声がきこえなかったけど、さいごのほうは少しきこえたかんじがしたよ。(小4・Cさん)

◆最初はほんとうに「命の声」なんて聞けるかなぁと思っていたけど、なんとなく聞こえたようなきがして、きけるんだなぁと思った。ほっとしたようなかんじがした。よかったです。(小5・Mさん)

◆自分の声は、聞こえなかったけど、こんどは聞こえるようになりたい。(小6・Hくん)

◆とても楽しかったです。「命の声」を聞くことができなかったので、家でもやってみたいと思いました。(中1・Nさん)

◆やってみて、心がいい気もちになれてよかったです。自分のことをふりかえるとたくさんのいい所があってうれしかったです。(…)家でもやってみたいです。(小4・Mさん)

◆いろいろなことをして楽しかったです。ねころんだりして、しずかだったのでおちついたし、ねむくなりました。(中1・Hさん)

◆いつも自分についてなんて、あまり考えないけど、「好きなことetc…は、たくさんあるんだなぁ」「やりたいことがたくさんあるんだなぁ」と思いました。(…)初めて会った人のいいところが見つけられたのだから、みんな一人ひとりには数え切れない程のいいところ(長所)があるんだと思いました。(中2・Sさん)

◆「自己そん重トレーニングをやって」はじめはドキドキしていて、「どんなことをやるのかなぁ」と思っていました。けどはじまったら、なんとなーくだけど気持ちがらくになりました。なんだか体がふわふわしているみたいでした。
自分の長所をみつけたりするときも、どんどんみつかったのでうれしかったです。ほかの人をほめるときも、自分までうれしくなりました。家でもたまに今日やったことをやろうと思いました。(小5・Sさん)

◆最初、命の声なんて聴けるのかよくわからなかったし、聴けるはずがないとか、声なんて出すの?とか思っていました。(…)でも実際体験してみて、なんとなく、体や命にはなしかけてみると答えがかえってくるようなきがしました。自分が生きているんだ、ということが、すごく実感させられました。(中1・Aさん)

◆自分の心の中について知ることができました。やっているうちに、体がらくになったり心が落ちついてきました。命の声を聞けてよかったです。本当に聞こえてきました。やってみてよかったです。(小5・Rさん)

◆最初、すごくきん張したけど、きて『よかった!』と思いました。(…)いろんなことをして、たくさん話せてうれしかったし、よかったです。またこういう「きかい」があったらきたいです!!(中1・Mさん)

※『るーぷる』7号(子ども劇場全国センター 2003/10発行)より。このワークショップのレポートも同誌に掲載されています。

 

SEPAの「命の声を聴く 自己尊重トレーニング」を体験して
――各地の講座での感想から――  

●とてもリラックスできました。自分と自分の体と向き合って「おつかれさま」っていう機会なんてないから良かったです。肯定的な気持ちにみんながなるって今の時代難しそうだけれど、自分から、家族から、身近なところから心がけたいです。(埼玉県・市立公民館・子育て講座にて)

●横になってゆったりと呼吸し、自分の腰、手、足などをいたわって体をほぐしていくうちに心までほぐれて、胸に手をあてて心臓の鼓動をきいた時、気づいたら熱い涙が頬を伝わっていました。命の尊さ、生きているってすばらしい、と思えて、自分の子どもや今となりにいる人、他の人もみなかけがえのない命、大切にしてあげたいな…と、すごく優しい気持ちになっている自分自身に気づきました。
●トレーニングを受ける中で、最近、反抗気味だった息子(2歳9ヶ月)が少しずつ変わってきました。“イヤ!”の連発や大泣きの連続だったのが、自分で考えて行動できるようになってきた気がします。母に話すと、“それはあなたが変わったんじゃない?”と言われ、はっとさせられました。今までは自分を責めたりすることが多く、子どもにもよく怒っていました。プラスのエネルギーをうけ、もっともっと自分を好きになれるのが今では楽しみであり、うれしいです。 (岐阜県・子育て講座にて)

●相手の気持ちに共感したり、自分の意見を持ったりと、とても充実した学びになりました。「自分にやさしく、他人にやさしく」をモットーに、プラスのストロークを広めていけたら、すてきな事だと思います。
●自分が本当にがんばって張りつめていたんだなと、気づきました。とてもおだやかな気持ちになり、幸せです。
●自分の事をいたわる気持ちを知りました。明日子どもたちに会うのが楽しみ。もっと優しく接する自信がつきました。 (神奈川県・保育実践講座研修にて)

*SEPAでは子育て支援の現場や自治体の講座など、様々なかたちでセルフ・エスティーム(自己尊重感)を育てる「命の声を聴く 自己尊重トレーニング」をおこなっています。開講のご依頼・ご相談は、インストラクターまたはSEPA本部までお問い合わせください。

 

CD◆『たいせつな あなたへ 〜命の声を聴くワーク〜』

“体や心の声に耳を傾け、自分に愛を伝えるためのワーク”(リード・手塚千砂子)と、“癒しのうた「ひとつしかないもの」”を収録。

SEPAが提供する「命の声を聴く 自己尊重トレーニング」の一部をご自宅でも実践していただけます。心身のバランスを整えるのに役に立ち、ストレスや疲れを感じるときにはただ聞き流しているだけもリラックスできる、と好評です。ぜひ聴いてみてください!! 制作:心のジムテヅカ (2003/12) \2,200(税込)

※ご注文はの心のジム テヅカ・ホームページからご注文いただけます。送料3枚まで\200、4枚以上無料。  

 

BOOK ◆『おかあさんがもっと自分を好きになる本』
             北村年子・著 学陽書房(2003/10)\1,400(税別)

SEPAトレーナーの北村年子が各地の子育て支援講座でおこなってきた「お母さんが幸せになるための自己尊重トレーニング」の集大成。自分自身や子ども、まわりの人にやさしくするヒントが、優しい視点でわかりやすく示されています。書き込み式のワークブックになっていて、イラストもかわいらしく、子育て中の方へのプレゼントにも喜ばれています。

◆『幸せになる心のトレーニング』自分を取り戻すための1ヵ月プログラム
             手塚千砂子・著 学陽書房 女性文庫 \680(税別)

◆『わたしは・ぼくは たいせつな いのち』こどもと大人のワーク絵本
         手塚千砂子・著 れんが書房新社(2001/5) \900(税別)

※書店でご購入、ご注文ください。

 

SEPA通信・原稿募集

トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!HPのメールフォームにてお願い致します

 

発行人 / 手塚千砂子  

戻る