●「セパ通信 NO.20」より抜粋 

今年の自分をほめて新年を迎えましょう

            代表理事  手塚 千砂子


 

今年も残り少なくなってきました。皆さんの心の中には今、どんな思いが去来しているでしょうか。

 「初級」を受けてほめ日記を毎日つけていたときはグングン好きな自分に近づいていったけど、書かなくなったら少しトーンダウンしてきた、と言う方が多いようですが、あなたはいかがでしょう。

 私は、年末にはいつも「今年一年の自分をほめる」ことをみなさんにお勧めしています。一年を振り返って、成長した自分、困難を乗り越えた自分、セパのトレーニングを受けて輝いた自分!! 新しい自分と出会ったこと、家族の絆を深めたこと、毎日家事と育児に励んだ自分、お弁当を作り続けた自分等など、できるだけたくさん「ほめ日記」に書き出しましょう。そうすると、“しっかりと一年分生きた”ことへの喜びや充実感、感謝の思いが湧いてくると思います。命に感謝の念を送り、自分への尊重感を新たにし、自分に期待をもって新しい年を迎えると、新年もまた前進のあるすばらしい年になると思います。そうして一年一年積み重ねていくと、生きている喜びを味わいながら“自己実現させた自分”に出会うことになります(ステキですねぇ〜)。

不安を消して 希望を胸に

 世界全体に、そして日本の社会全体にも、不安を産み出す材料が日々増えているようですね。皆さんはこういう時ときこそ自己尊重感を心の中心にすえて、落ち着いて判断し、対応する力を発揮させましょう。

 時に、私たちは「今、現実にない不安」をあたかも自分に襲いかかったように思いこんで悩んだり、あるいはちょっと待てば通り過ぎていく小さな不安を、まるで大きくて乗り越えられないもののように錯覚して落ち込んだりしがちです。「心の中で自分が勝手に作り出す不安」に悩んでいないかどうか、どうぞチェックしてみてください。社会に不安が広がっている時には、特にマイナス情報に取り込まれないように気をつけましょう。

 不安が湧いてきたら「初級」で練習したように、肯定的な言葉がけをして気持ちを切り替え、「今やるべきこと」に集中しましょう。「ほめ日記」の実践はこういうときにも力になります。

 肯定的な想念や言葉は肯定的なエネルギーを引き寄せ、マイナスの想念や言葉はマイナスのエネルギーを引き寄せます。

 一年分の自分をほめて、希望を失わずに明るい未来をイメージしながら、新年も共に前に進んで行きましょう。


三重県

 「子育ち広場 ドロップin」四日市
 「命の声を聴く自己尊重トレーニング」親子の愛を深くするトレーニング


リーダー会員  市川千鶴子

 「子育ち広場 ドロップin」(四日市)は、10月4日〜7日の4日間、「命の声を聴く自己尊重トレーニング」の講座を行ないました。子ども対象を1本。大人対象では、実務者対象と母親対象の2本。それに初級、中級のリーダー養成講座も行ないました。講師は全講座とも手塚千砂子さん。




 私たちは子育て支援の広場事業のほかに、毎月一回お母さんたちを対象にセパのトレーニングを行なっています。また、子どもたちを対象に行なっている月一回の自然体験でも、終わりには必ず「ほめ日記」を書いて、その日の自分の良かった所に気付いてもらうようにしています



 <子どもたちは>

 講座での子どもたちの様子を見ていると、普段の自然体験などに参加している子どもたちは、自分のいいところをいっぱいノートに書いて、周りの子どもたちにプラスのエネルギーを与えているような所がみられ、自尊感情がはぐくまれていることがはっきり分かりました。このような子がいると周りの子もいい力が出てくるという現場を見せてもらいました。

<お母さんたちは> 

 お母さんたちもトレーニングを続けてきた成果が続々と表れてきています。「子どもの話をていねいに聞いたり、対応したりできるようになり、何事もスムーズに行くようになった」「マイナスの口癖を肯定的な言葉に言い換えることで、背筋がシャンとしてきた」など、広場に集まるお母さんたちが「プラスの変化」を話題にしています。どの家庭でも、子どもたちはほめられることが多くなっていろいろな変化が起きて、親子の愛が深くなっているようです。

 「親子で寝る前にその日のことをほめ合い、ほめ日記に書いている」と聞けば、「うちもやってみよう」と、他の人たちも実践を始めるという具合に、一つのグループで一緒にトレーニングを受けることにより、お互いに気付きあい、自尊感を高め合える、というすばらしい実感をたくさんいただいています。


東 京

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:8月24日 講師:手塚 千砂子
 場所:東京・文京区



東京都  T・M

 日常の中で、静かに自分に集中することはないので、とても貴重な時間になりました。フィーリングトレーニングは2回目でしたが、今回は命から「・・人生楽しく」と声が聞こえてきたことが大変嬉しく思いました。回を重ねるごとに違う自分に出会える気がします。生きていることが実感でき、自分を大切に思えるようになりました。他の人にも伝えて行きたいと思います。


東京都  Y・K

 人からほめられることはとても嬉しいものですが、自分が自分に向かってほめてあげることは、また別の心地よさがあり、心の深いところに響きました。自分で自分に「ほめてくれてありがとう!! 生きていてくれてありがとう!!」と伝えると、私の体の深いところから何とも言えない喜びが湧いてきました。今まで自分を誇りに思うなど思ってもみませんでしたが、今、私は私を“誇り”に思います。そう思えるようになりました。


東京都  H・M

 「変わりたい!」「変わる必要がある!」と心底願い、手塚先生の本に出会えたのは必然だった気がします。そこからネットレッスン−→実際に講座参加、と行動できたことで、産前には想像できなかった「人々に幸せを伝える」と言う願いは充分実現できると感じました。その夢をかなえるにはまず、私が自分を愛することが大切になるので、一石二鳥だと思います。


北海道

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:10月26日 講師:手塚 千砂子
 場所:北海道・札幌市内


北海道  O・T

 体の下のほうに向かって「ありがとう」と言った時、「大丈夫だよ、仲良くしていこうね」と聞こえました。私と仲良く暮らして行きたいと強く思いました。一番気になっていた肺と気管からは「大丈夫、元気なんだから」と聞こえたような気がして、私が私を信じていれば、何も怖いことはないと思えました。まずは毎日の「ほめ日記」に親子で取り組みます。


北海道  T・M

 フィーリングトレーニングは不思議な体験でした。私の場合は「大丈夫だよ〜」と優しいメッセージがありました。その感覚にどれほど救われたか。(今の自分にとってたぶん一番の励ましの言葉なのでしょう)。この感覚が私に潜在する能力、意識なのかもしれないのですね。命は何と尊くすばらしい。生きていることそのものが尊い!!


三重県

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:10月6日 講師:手塚 千砂子
 場所:三重県・四日市市内



三重県   S・E

 講座では本当にリラックスでき、(体に感謝するときに)子宮に手を触れた時、ふっと孫の顔が浮かび、命は次から次へと受け継がれていくのだと、命の尊さを感じ、自分でも不思議なくらい静かに涙していました。本当に良かったです。帰ってからも、寝るまでホワッとした暖かい空気に触れているみたいで、ここちよかったです。


三重県   I・M

 「自分をほめることでいろんな力が出てくる」「自分を許すことで他の人も許すことができる」そして「らくに生きて行くことができる」という先生の言葉に涙が出てきました。小さい頃から周りに気を使いながら生きてきた私は、自分をいつも人より低く見せ、そうすることをいいことのように思っていました。この講座で初めて自分の大切さを感じられたと思います。


兵庫県

 初級・二ヶ月間の課題を終えて

   リーダー会員  I・S

 自分の良さを認めほめることにより、微妙で複雑な調査、対応を必要とするような現実に対処するためのエネルギーや冷静さを、アップさせることにつながったと実感しています。

 「どうせ・・・できない」などと自分を否定してしまったら、そこであきらめて半ば投げやりな気持ちになってしまうところを、「自分にはできる」と思って、最後まで目標に向けて問題を整理し、一つ一つ対応していけました。

 「まだ充分でないこと」「やっているけど成果が出ていないこと」「今後やろうと思っているけど着手していないこと」で、「できない」と心のどこかで自分を責めていては、できるはずのこともできなくなってしまう。自分で自分を閉ざしてしまう悪循環になる。自分をほめることで、本来のパワーを引き出せると心から感じ、確信するに至りました。

 現実対処能力がアップして、懸念していた案件を一つ一つ解決、整理していけたことで、心配事や気にかかることも少なくなり、よく眠れるようになりました。心身ともに健康状態はすこぶる良好です。



北海道

 札幌 10月19日
 
 主催:北海道子育て支援ワーカーズ主催

「ありのままのあなたはステキ」子育ち子育て支援者のための講演会で手塚千砂子が講演しました。「参加されたほとんどの方々が“ありがとう”“幸せ”を感じるポイントをつかんで帰られたようで、本当に嬉しいです」と、担当スタッフが。




資料の請求、お申し込みは…
こちらのHPのメールフォームからお願い致します☆

リーダー養成講座に関してはこちらのページもご覧下さい

ホームページ http://sepa-t.my.coocan.jp/

SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 20号