●「セパ通信 NO.22」より抜粋
 

生活の中でフィーリングトレーニングを

            セパ一宮 主宰 四ツ谷 かほる
 
 去年、精神的につらくなった時に、いつもの「ほめ日記」にプラスしてフィーリングトレーニングをやってみました。その翌日、状況はなにもかわっていないのにすっかり心が元気になり、やっぱりセパのトレーニングは素晴らしい、と実感しました。

 「ほめ日記」は約3年前から続けていて、もう4冊目となりましたが、フィーリングトレーニングはおろそかにしがちでした。

 でも、そのことがあってから時間を見つけてフィーリングトレーニングも実践するようにしました。

 胸に手を当てて命さんに「ありがとう」と伝えると「よくここまで頑張ってきたね」「これから素敵な事がどんどん出来るようになるよ」「心配しなくても、大丈夫だよ」、などといった言葉が溢れてきます。私は今ここにいるんだなあ、幸せだなあ、と命への愛おしさが湧いてきます。これが命からのメッセージなのだと思い、忘れないうちにそれをほめ日記に記録します。

 仕事や家庭内でちょっと辛いことがあったり、体調が優れないときも、フィーリングトレーニングによってとても軽い気持ちになります。翌日になると更にスッキリして、「昨日の暗く落ち込んだ気持ちの原因が思い出せないぐらいだ」とほめ日記に書いた日もあるくらいです。こうして感じたこと、体や心の変化を書いていくことにより、「私はどんどん良くなっている」と更に実感することが出来ます。


 セパのフィーリングトレーニングも「ほめ日記」も、運動選手のトレーニングと同様、ずっと継続してゆくものだと思います。私はトレーニングを重ねるほどに新しいワクワクする自分に出会ってきたし、楽しいことが起きている感じがします。これからもどんな新しい自分と出会えるのか。この命と一緒ならどんな事も乗り越えてゆけるような気がします。人生を楽しくたくましく歩んで行きたいと思っています。


命への感動と愛を

            代表理事 手塚 千砂子


 フィーリングトレーニングは「自分の命を深い意識レベルで感知し、命への感動や尊重の気持ちを表面化する」たいへん優れたトレーニング法だと私は誇りに思っています。

 私は、今までにたくさんの「自分の命に感動し涙を流す人たち」に出会って来ました。そしてその方たちが、自分の命への尊重感を高めることで、家族や周囲の人たちへの愛を深くしていくのを、長い間見てきました。「ほめ日記」に加えて、時々は命に感謝を伝え、命への感動を積み重ねて行きましょう。自分の命を尊重することは個人の幸せの基本であり、同時にそれは地球上の平和の基本なのですから。



三重県

伊勢の森 小鳥たちのさえずりを聞きながら

 
「チャイルドライン24」(三重県)が主催する「資質向上地域研修会」の一環で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を行いました。5月10日。講師、手塚千砂子。場所は伊勢神宮に隣接している山の中を車で20分くらい。森に囲まれた高麗広公民館。



手塚千砂子

 この日の研修会は、自然の中でフィーリングトレーニングを、室内で自他ほめトレーニングを行いました。

「大地と一体化した感じがした」

「土の上なのに布団のように身体が沈み込み、包まれるような感覚はとても心地良いものだった」
 
「私の命は大地と一体、私の命は自然と一体、私の命は風と一体」

「生きていることがとてもうれしく幸せに感じられます。自然界の力をとても吸収していることを感じられたように思います」

 このような感想にみられるように、自然の中で行うと、室内のときに感じられる心地よさや幸せな感覚、命への感動などが、より一層深く感じられたり、自然との一体感を体験することができます。5月は樹木のエネルギーが最も強く放射される季節です。神宮林を抜けてきた爽やかな風は、参加者の皆さんの命の隅々に自然界のエネルギーを浸透させてくれたことと思います。



市川千鶴子さんの感想

 (命から)「いつも一緒にいようね」とお返事が来て、すごく安心したようなほっとした感じになり、心も体も軽くなりました。

 今日、自然のなかでトレーニングすることで、自然との一体感とともに自分の命の尊さをいつもより深く感じ、熱いものがこみ上げてきました。

 自然の力の大きさを命で感じることができた今日の出会いにありがとう!




*家族のきずなを深めるセパ*

 夫の気持ちを聞いて…

        三重県 H・Y


 私はドロップin(四日市市)で毎月「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を受けつづけ、自分をほめることと、子どもをほめることが生活の中に根付いてきました。昨年10月にはファシリテーターの認定も取りました。


 4歳の息子は、夜になったら私にほめてもらって安心して眠る、というのが習慣となり、熱でうなされていても灯りを消すと「ほめて―」というほどです。一日の終りにほめられて、心を落ち着かせて眠ることは、一日一日を精一杯生きている幼児には、とても大きな影響があるようです。

 ただ、夫のことはなかなかほめられませんでした。夕食から寝るまでの短い時間に、夫が今日何をしたのか、「仕事をしてきた」ぐらいしかわからないのです。夫婦の会話がなかったのです。

 夫が隣の市に住む両親とケンカをすると、私は今まで「親子でケンカなんて良くない」と思い、私が間に入りうやむやにしてきました。親を大事にしない夫は、わがままで自分勝手な人だと決めつけていました。

 最近また夫は両親と少し深刻なケンカをしてしまいましたが、今回の私は今までとは違っていました。夫の言い分をきちんと聞くことができたのです。そうすると今までの夫の言動にも彼なりの理由があり、自分を大切に思うからこそ出たものだったと理解できたのです。両親とのケンカの仲に入り、うやむやにしてきた私の行為は彼の自尊心を傷付けていたことが分かりました。

 この頃は夫も以前に比べ、私の話や悩みをていねいに聞いてくれるようになりました。私の気持ちに寄り添ってくれていることが感じられて、一緒にいる安心感や幸せが大きくなりました。

 自分を大切に思うようになると、他の人がその人自身を大切に思う事もすばらしいと思えてきます。人の気持ちを大切に思えるようになってきた自分がとても嬉しいです。



 「せぱ通信」の効果
          
         千葉県 T・M



 内的な自分に目を向けて「ほめ日記」を書くように、という前号の「せぱ通信」の手塚先生の言葉に従って早速実践すると、心がより安定し、自分の伝えたいことがはっきり表現できたり、悩み事があってもパッと解決策がひらめいたりと、新たな面が現れました。

 「せぱ通信」はいつもトイレに貼り4〜5日目でページをめくります。娘たちが私の容姿などを茶化したりすると、夫は「ほめてあげなさい」などと急に言うようになりました。「せぱ通信」を読んでくれたのだナと嬉しかったです。最近の夫は私の心配事に対してもプラスに切り替えて私を励ましてくれます。

 私自身が変わり、家族へのほめ言葉も増えてきたことで、家の中の空気がポジティブに変わってきました。



東 京

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年3月15日 講師:手塚 千砂子・二之宮 つもる
 場所:東京・文京区



群馬県  O・A

 ほめ日記を書き始めて3日目に、内側から不思議なほどワクワクしている自分に気づき、不安や目に見えないものへの恐怖から解放されました。フィーリングトレーニングを受けたときは、体に意識を向けたとたんに、涙がじわ〜っと溢れてきました。体の奥から「やっと気づいたの〜!?」「もう大丈夫よ〜」と言われて喜びの涙でいっぱいになりました。そしたら次に体の中に「安心」という言葉が広がりました。

東京都  F・Y
 
 フィーリングトレーニングの中で、体をほめると細胞の一つ一つが「嬉しい!」という気持ちで満たされるのがわかりました。嬉しさでビリビリと鳥肌が立つような感覚を味わいました。私の心は穏やかで安定し、体の中心からほっこりとした熱を持ち始めました。そのとき、一生懸命に動いてくれた体に深い感謝の気持ちが湧き私自身は自分ではないものによって活かされていることを確信できました。


和歌山

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年4月11日 講師:手塚 千砂子
 場所:和歌山県橋本市


沖縄県  A・E
 
 私は自分の人生をとても苦しいものにして生きてきました。でもその経験を活かして、自己尊重感が低く苦しんでいる人の心に寄り添いながら、自己尊重感を育んでいくお手伝いがしたい! と思っています。

 先生がおっしゃった通り、苦しかった過去も輝きに変えられるし自分が経験してきたことのすべてが必要であったんだなと感じることができた時は、宇宙の偉大さに感激の涙でした。



橋本市  I・
 

 フィーリングトレーニングでは、心地よい陽だまりの中にいるようなジワーッと温かい安心感を得られ、命の声を聴く体感ができました。それが感じられた自分に対する喜びと、生かされていること、生きていることの尊さとを改めて体感しました。

 心と身体に意識を向け、いとおしみ感じることで日常の中で気づかない自分の能力を呼び起こし、新たなエネルギーとなって循環していくように思いました。


資料の請求、お申し込みは…
こちらのHPのメールフォームからお願い致します☆

リーダー養成講座に関してはこちらのページもご覧下さい

ホームページ http://sepa-t.my.coocan.jp/

SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 22号