●「セパ通信 NO.23」より抜粋
 

パワフルな循環

            橋本にセパを広める会 人見啓子
 

今回、インストラクター認定のための課題、「実習講座」を行なう中で 私自身の自己肯定感も更に高まり、さまざまな気づきを得ることができ、成長できたかなと感じます。


 私もいろいろな講座を受けて来ましたが、「命の声を聴く自己尊重トレーニング」のように、頭で考えるのではなく、自分の体と心を“感じる”オンリーの講座はとても新鮮でした。

 頭で理解するのでなく、自分の体と心で実際に体感するので、結果が出るのが早く、実感として残るので定着しやすいと感じます。(頭で考える場合、できるようになっても、何か負荷がかかると、また前の自分にもどってしまいやすいような気がします。)そして、実践は簡単で、やっていると楽しい。誰でも簡単にでき、力強く、効果的なトレーニングだなあと、今回の実習を通して、改めて感じました。

 フィーリングトレーニングで、生命の神秘を感じ、大きな存在に生かされ愛されている自分、尊い自分の存在を感じ、自他ほめトレーニングでそれぞれがもともと持っている良いところ、素晴らしい特質に目を向け、それに気づき、言葉で自分やまわりの人をほめる。更に「ほめ日記」で自分を認めることを積み重ねていくことで、自己尊重感がどんどん高まっていく。これらのトレーニングは、心地よく、とても楽しい。

 このように どんどんパワフルな循環ができていくように感じます。


 私も親業などのコミュニケーションの講座などを提供していますが、受講者はいろいろな講座で学ぶ前に、この自己尊重トレーニングを受け、自己尊重感を高めた上で学びをすると、よりスムーズに吸収でき、身につけていくことができる気がします。


 不思議ですがフィーリングトレーニングの誘導の練習をしているとき、また講座中に誘導をしている時、心地よく癒やされている自分を感じました。手塚先生が「このトレーニングをして一番得するのは、インストラクターですよ。」とおっしゃっていた意味を体感できました。

 「命の声を聴く自己尊重トレーニング」は、トレーニングをリードする者(インストラクター)も、参加者の皆さんも両者が大切なものに気づき、成長できる とてもパワフルなトレーニングだと実感しました。みんなを幸せにするトレーニングです。

 セパのトレーニングを広め、自己尊重感という生きる上での宝物を手に入れる“幸せな人”をたくさん創りたいです。



鹿児島

   教育現場での取り組み

            小学校教諭 Y・T


 セパに出会って一年あまり。初級リーダーとして学びを深める中で、セパのトレーニングは、自尊感情・自己肯定感が育っていない子どもたちが増えてきていると言われる今、教育現場で取り入れていくべき大切な取り組みだと感じています。

 今年から特別支援学級の担任をすることになり、学級の子どもたちにもセパの実践をと思い、一学期末に自他ほめトレーニングに挑戦してみました。最初は「こんなのイヤだ。苦手だ。」と言っていた子どもたちでしたが、「自分のいいところをなんでも書けばいいんだよ。一学期にがんばったことでもいいよ。」との私の声かけに悩みながらも

「一学期休まずに学校に来たこと。」

「よく食べること。」「力が強いこと。」

「一人で音楽(の授業)に行けるようになったこと。」

など書いてくれました。自分のいいところを書き進めるうちに自然と笑顔があふれてきた子どもたちの様子をみながらやって良かったとの思いを強くしました。

 自分はできない、ダメだと交流学級の中でなかなか自分の居場所をみつけられない子どもたち。そんなことはないんだよ。いっぱい頑張っているみんなは、大切な存在なのだとわかってもらうためにも、セパの実践を継続していこうと思いました。

 また、それだけでなく教師を続ける上で、教育技術の一つとして、そして自分自身の人生を輝かせるためにも「命の声を聴く自己尊重トレーニング」をこれからも続けていきたいと思っています。


北海道・登別市 

   *セパとの出会い 自分のすべてを認めた時に

        リーダー会員 尾形 千秋

 平成19年より私は、カウンセリングとコーチングのスキルに伸び悩んでおり、その解決の糸口を探す毎日でした。

 あれこれ悩み考えた末、私は「自分を認めてもらいたい」という欲求が満たされていないことに気がついたのです。「自分を認めて」という思いが強いために相手を受容することが難しかったのです。

 それから「自己尊重・自己承認・自己肯定」という言葉でインターネット検索をして真っ先に目に入ってきたのが「命の声を聴く自己尊重トレーニング」でした。これが平成20年7月のことでした。


 すぐに手塚先生のCD『たいせつなあなたへ』を購入し、実践してみました。数回目のチャレンジでようやく眠らずに最後まで聴くことができたとき、「あぁ、私に足りなかったのはこれだ! やっと見つけた! 自分を大切にするということだったんだ!」と心の中で歓喜の声をあげ、大きな感動に胸がふるえ、涙が流れ出ました。

 それから3ヵ月後、札幌で「初級リーダー養成講座」を受講し、その後「セパ札幌」の藤盛さんが開催する講座にも数回参加させてもらいました。その場で温かで優しい心の皆さんとかかわれることが、私に大きな幸せを感じさせてくれました。

 「ほめ日記」を知った時は、“良い行い”だけでなく、“自分の考えも性格もすべてをほめて認める”という考えがとてもすばらしいと思いました。もちろん今の私は、自分のすべてをほめ、「こんな素敵な毎日を作り出している私はすばらしい!」と自分を絶賛しています。職場では、「いつもニコニコしているよね」と言われています。それはきっと「自分以上にも以下にもなることはない、そのままの私でいいんだ」と心から思えるようになったからだと思います。セパに出会えたおかげで、私の考え方は本当に変わったと思います。

 そして二人の子どもたちも、自分の思い通りに行動する、そんな習慣が身についてきたように思います。頼もしい高2と小5のわが子たちです。

 現在私は、登別市の「NPO法人 ゆめみ〜る」が経営する子育てサロンで、自他ほめトレーニングを月に1〜2回のペースで行っています。参加者全員がこぼれそうな笑顔を見せてくれることが、私にはこの上なく嬉しいことです。


 この9月には、和歌山に飛び、念願の「中級リーダー養成講座」を受講してきます。この登別の地でフィーリングトレーニングの心地よさを一人でも多くの人に感じてもらいたいと願ってきたのがもうすぐ叶うのです。胸が躍る思いです。


 東 京

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年7月19日  講師:手塚 千砂子・二之宮 つもる
 場所:東京・文京区



東京都  A・T

 勇気を持って再受講(二回目)できたことは本当に良かった。全国各地から自分の向上を願う人、よりステキな自分になりたいと純粋に思っている人たちと出会い、話を聞くことができた。一人ひとりの内面を開拓していこうとするエネルギーを感じ、心地よかった。また体の声を聴くためには本気で集中しないとキャッチできないのだと知った。返事がきたときはあまりに嬉しく涙が出た。

東京都  Y・A

 自分の声を聴くことの大切さを改めて確認した一日でした。頭さん、肩さん、足さん・・いつもありがとうと言っているうちに「もっと自分を大事にしてもよい」と言われている気がしました。ワーク中は手塚先生のお話を聞く度に、悲しくないのに涙が出てきました。講座が終わった今は、とてもおだやかで、夫に対しても優しく接することが出来るほどスッキリしています。


 東 京

 中級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年6月6・7日  講師:手塚 千砂子
 場所:東京・文京区



沖縄県  A・E


 二日間の講座を受けている間に、自分の感性が高まっていくのを体験することができました。自己尊重感というのは、いつからでも育てることができるし、高めていくことで幸せ感が増したり、心の穏やかさ、前向きな気持ち、感謝の気持ちなどが湧き出てきて、生きて行くのがラクになるのだと、身をもって知ることができたことに感謝しています。

 ここに導かれた奇跡に「これからも宇宙を信頼してみよう、委ねてみよう」という気持ちがますます強くなりました。


〜〜お便りから〜〜

   「財産はないけれど・・・」

       茨城県  O・Yさん

 私は娘に「お母さんはあなたに財産はのこしてあげられないけれど『ほめ日記』はのこしていくから、将来この先、何十年かして私がいなくなったら『ほめ日記』を読んで人生の参考にして・・・と言いました。

 娘は来年の7月に18才になるので、初級講座を受けるのを楽しみにしています。



   「今とても幸せです」

       大阪府  S・Sさん


 もう何年たったでしょうか? 自己尊重トレーニングの初級を受けさせていただいたのは・・・4〜5年前だと思います。当時は身体が本当にしんどくて、そのしんどさから解放するにもどうしたらいいのかまったく分からない辛い状態でした。京都の会場に行けただけで嬉しくて、手塚先生に会えて涙がポロポロ出てきました。

  今こうして思い出すと、そのときの頑張りとけなげな気持ちが愛おしく、抱きしめたくなります。おかげさまで、自分を否定せず前向きに認めていく作業を続ける中、いろいろとめぐり合わせがあり、今とても幸せで元気に過ごしております。思い描くことが実現していく幸せを感じています。あの時思い切って一歩を踏み出した私はよくがんばりました。

 その場を作っていただいたセパの皆さまに心から感謝しております。


資料の請求、お申し込みは…
こちらのHPのメールフォームからお願い致します☆

リーダー養成講座に関してはこちらのページもご覧下さい

ホームページ http://sepa-t.my.coocan.jp/

SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 23号