●「せぱ通信 NO.24」より抜粋
 

家族の絆を深めるセパ


 お母さん、だいすき!

        三重県   I・Y


 初級講座を受けて一年。毎日「ほめ日記」を続けられているのは数々の良い自分と出会えたからだと思います。

 子どもたちをたくさんほめてあげられるようになったし、主人や子どもたちに素早く感謝できたり、マイナス思考からプラス思考になるスピードが早くなりました。

 人前でおしゃべりすることがとても苦手でしたが、今では自分の意見を主張できるようになって、生きていることが更に楽しくなってきています。

 先日、4才の子ども(女の子)に「お母さん、わたし、ほめられる事が大好きなの。たくさんほめて!」と急に言われ、びっくりしました。その時、私は、「うん、分ったよ。たくさんほめてあげるね」と言ってあげられて良かったなと思います。彼女は、その後、ニコニコ笑顔でした(少し照れながらの)。私は日ごろから子どもが望んでいる“ほめてもらいたい”ということを続けているのだと実感させられました。

 2才の子ども(女の子)は、ある日突然 「お父さん、だいーすき!」「お母さんだいーすき!」 と何度も言ってきたので、親の方も嬉しくなって、同じように「お母さんもだいーすきよ!」とムギュウしてあげました。それをみていた姉も真似して、家族中抱き合っていました。こんな親子、家族でいることを素敵だなぁと思います。

(四日市子育ち広場∴ドロップin セパチーム)


東京

   学校でほめ日記・保護者も参加

            小学校教諭 Y・E


 学級で「ほめ日記」の取り組みをはじめて数年になります。現在は2年生の担任。5時間目が終わると子どもたちが「ほめ日記」を書く。子どもが帰ってから私は子どもの「ほめ日記」に「〜〜をよくやっていたね、えらいね」など赤ペンでほめる。それを子どもは週末に家に持ち帰り、親に「子どものほめるところ」を書いてもらいます。

 学級の子どもたちは、友だち同士ほめることが多いし、とても素直です。

 親ごさんからも「今まで子どもをほめられなかったけど、書くことでほめられるようになり、ほめることの良さもわかった」「下の子の世話に追われているけど、あなたのことも大事にしているよ、と伝える時間になって良かった」「父親に書いてもらうと、ほめる視点が母親の私とはちがっていて、なるほどと思うことも・・」など喜ばれています。


 私自身も保護者から「うちの子のことを良く見てくれている」という信頼を示していただくことが多く、「ほめ日記」の取り組みは子どもの心を育てるだけではなく、親にも私にもプラスが多いと思います。



和歌山県

   「橋本にセパを広げる会」誕生

            柴田文美子


 今年2月に、「セパ神戸」で開催された初級リーダー養成講座を受けたのが、セパとの初めての出会いでした。


 自分の命の声を聴く、体と心にやさしい言葉をかける、自分のいい所を見つけ肯定的な言葉をかける、どれも初めての体験で、強烈に刺激的でした。

 その心地よさと効果にこれを自分のものだけにしておくのはもったいない、橋本に広めたいという気持ちが、帰りの電車の中で湧いてきました。そして、2ヶ月後、橋本で初級リーダー養成講座の開催が実現し、その時に急遽つけた名前が、この「橋本にセパを広める会」です。

 その後、中級リーダーを取得し活動を始めるに当たり、名称をどうしようとなった時に、この名前もいいのではと手塚先生に言っていただき、引き続き使っています。3人で始めた会ですが1人が転居し、現在は人見啓子さんと2人でやっております。息もぴったりの名(迷?)コンビと自負しております。トレーニングが終わる頃には、参加者の顔に柔らかな笑顔があふれるのを見て、あーよかったとホッとすると共に自分も元気になっているのを感じ、このトレーニングの良さを再認識しています。

 まだまだ、駆け出しの私たちですが、どうぞよろしくお願い致します。


北海道・登別市

   講演会「自分のいいところを見つけましょう」

            セパ登別 尾形千秋


主  催 : 市教育委員会

開催日時: 10月21日(水)

場  所 : 登別市民会館





 私がなぜ「命の声を聴く自己尊重トレーニング」をするようになったか、初めに私自身の体験談をさせていただき、そのあとに自他ほめトレーニングを行いました。

 私のプラスの変化はたくさんありますが、特に「子どもの話をさえぎらずにゆっくり聞けるようになったこと。自分の母親に対して不満を持っていたが、初めて感謝を伝えられたこと」など、参加された方々の心に届いたように思います。


 質疑応答の時間を長くとったことで、具体的な話をすることができたのもよかったと思いました。「相手に何か言われて、不快になることはないですか」「自分の子供に対して、まるで自分の嫌なところを見るようでイライラさせられるのですが、どうしたらいいでしょうか」などの質問がありました。参加された方の中には、私の中学の同級生がいたり、昔、別のセミナーで会ったことのある人がいたり、見えないつながりを感じて嬉しくなりました。この方々は、次回のワークにも参加してくれるそうです。


 全体を通して良かったことは、ほぼシナリオ通りにすすめることができたこと、そのための準備・打ち合わせをしっかりできたことです。

 会の終了後、アンケートをざっと見ると、一人は「自分を褒めるということは、今の自分には難しい」というコメントがありましたが、他はすべて、参考になった、良かったと書かれてありました。

 終了して私自身は、とても穏やかなゆるやかな気持ちでした。

 「言い忘れたことも、やり忘れたことも、次回につなごう」と、いう思いで自分を責めることもなく、自分に対してとても優しくいられた自分に嬉しくなっていました。


和歌山県

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年9月4日  講師:手塚 千砂子
 場所:橋本市内


 橋本市  F・S

 子どもが悪さをしたとき、感情的になり「も〜、何度言ったらわかるの!?」などと言っていたのですが「〜したいときは〜〜って言おうね」など具体的な指示に言い換えて自分自身が冷静になれたことも進歩ですが、子どももどうしたらよいのか分かってくれて嬉しくなりました。忘れかけていた自分らしさが少しずつ戻ってきたと思います。


北海道

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年10月18日  講師:手塚 千砂子
 場所:札幌市内


 札幌市  N・Y

 母親が心や体を置き去りにしていたら、子どもの心や体を優先して育てることはできないのだということがわかりました。「アタマ」で解決しようと思っていたときはなかなかうまくいかなかったのに、セパのトレーニングで心と体を喜ばせ、解放してあげたことによって、子育ての悩みが軽くなりました。


東京都

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年10月4日  講師:手塚 千砂子
 場所:東京・文京区


 栃木県  G・E

 参加した翌日の朝から、自分に対する思いが変化しているのに気づきました。自分の不完全な面を真正面から受け止める勇気がでて来たし、劣っている面もいとおしいと感じることができました。それから自分の感情を第三者的に見られるようになったと思います。将来が楽しみです。


三重県

 初級リーダー養成講座を行いました

 日時:2009年11月7日・8日  講師:手塚 千砂子
 場所:四日市市内


 四日市  I・M

 私は自分を責めるクセがありました。とてもつらかったです。これからは自分が気持ちよくなるイメージをして、ほめ日記を続けたいと思います。フィーリングトレーニングで「良くがんばってきたね、これからも一緒にやっていこうね」と体の中から聞こえました。

 緑の中にいるようでした。自然の風景の中に自分がいてずっとそこで過ごしたいと思いました。


資料の請求、お申し込みは…
こちらのHPのメールフォームからお願い致します☆

リーダー養成講座に関してはこちらのページもご覧下さい

ホームページ http://sepa-t.my.coocan.jp/

セパでは自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
せぱ通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、セパへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 24号