●「せぱ通信 NO.25」より抜粋
 

厳しいときにも心豊かに

        リーダー会員 K・K


 6年ぶりの養成講座の再受講。なんとなく変わったな〜、楽になったな〜と感じていたものが、「ここまで!こんなにも!?プラスに変化しているんだ!!」と実感、体感できたことに本当に感謝です。命の愛おしさ、尊重感がちゃんと自分の中に存在しているんだ!と確信できました。

 以前受講した時には、自分や他人をほめることに違和感を感じたり、ほめ言葉を必死に頭でクルクルと考えていました。しかし今回それらの違和感は全くなく、とても自然に出来ていたし、私の中からマイナスの言葉、否定的表現がほぼなくなっていることも改めてわかりました。

 
 命の中から出てくるメッセージも今までは、「がんばっているよ」「これで良いんだよ」というものでしたが、初めて自分の体・心・命に対して「愛おしい!」というメッセージが体の中いっぱいに広がり、暖かくて究極に大切なものを全身で感じることができて嬉しかったです。

 一日受講して日常生活に戻ってからも、今の自分がちゃんとプラスに変化していることの嬉しさで気持ちが高揚し、今迄で最長期間体がポカポカしていました。

 手塚先生より、「自分を尊重すれば他人をも尊重することに繋がる」というお話と、「年齢に関係なく、いつでも人はプラスのスイッチが入れば一瞬で変われる」というお話にも、以前であれば年を取ったら難しいのでは?人なんかなかなか変われないのでは?と自然に否定的な発想をしていましたが、今は人はいつでも変われる!気持ち一つで一瞬にプラスへの道は開けると確信しています。


 実際に私は、職場で否定的・批判的な意見を言われても、自分を守るために相手を攻撃したり、反対に自信がなくなり人の評価を気にして行動するようなことがなくなりました。人がどう思おうが自分自身が正しい・やりたいと思ったことをすれば、いずれ理解してもらえる時はくるだろうと、穏やかな気持ちで相手と向き合っていられます。余計な気や頭を働かせる事がいらないのです。

 自己尊重感が高まるとともに、人の目や周りの声や雰囲気に影響されることなく、自分自身の心が平和に保たれているので、どんなに周囲が騒がしくても不安感がなく、とってもシンプルに生きて行かれるようになったことを嬉しく思い、これからもますますシンプルに、心軽やかに生きていきたいなと思っています。

 今の厳しい世界・日本の状況・情勢の中でも、自分は自分と言う部分をうまく切り分けて、心豊かに過ごせるだろうと思います。


三重県

セパ三重 立ち上げました

   担当事務局:子育ち広場∴ドロップin



「子育ち広場∴ドロップin」(四日市)では、リーダー会員のスタッフ数名でセパ・チームを作り、近隣の町で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を広めてきました。

 この活動を、3月からは所属する「三重県子どもNPOサポートセンター」(代表:田部眞樹子)の事業として位置づけることが決まり、「ドロップin」は「セパ三重」の担当事務局として、活動することになりました。

 県センターの方たちと共に、今まで以上に広く三重県全県に広めて行きたいと思います。皆さんも応援してください。よろしくお願いします。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   
 「子育ち広場∴ドロップin」(四日市)では、リーダー会員のスタッフ数名でセパ・チームを作り、近隣の町で「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を広めてきました。

 この活動を、3月からは所属する「三重県子どもNPOサポートセンター」(代表:田部眞樹子)の事業として位置づけることが決まり、「ドロップin」は「セパ三重」の担当事務局として、活動することになりました。

 県センターの方たちと共に、今まで以上に広く三重県全県に広めて行きたいと思います。皆さんも応援してください。よろしくお願いします。


京都府

チャイルドライン京都 受けての研修で

   京都子どもセンター T・T



2月7日  京都ひとまち交流館


 「チャイルドライン京都」では、毎年電話の受け手ボランティアの方を対象に研修を行っています。そのプログラムに使っている「命の声を聴く自己尊重トレーニング」は大きな力になっています。

 今回はインストラクターの田中貴子と鳥井洋子が担当しました。参加者は17名。

 チャイルドラインは「子どもの権利条約」に基づいて活動しています。したがって、電話の受け手が「子どもを尊重する気持ち」を持っていることが大事なポイントになります。対等に子どもと向き合い、尊重する気持ちで話を聞く姿勢がないと、自分の個人的な考えでお説教したり、指導するようになってしまいます。そうしないためには、受け手自身がしっかりと自尊感を持つことです。

 トレーニングのリードをするたびに思うことは、私の方が毎回教えられ、あたたかいものをいただいているということです。参加者の皆さんが命の中に在るものを感じていらっしゃるのを見ると「私の中にもあるんだなぁ」と改めて命への思いを深くします。


愛知県

初級リーダー養成講座を行いました

場所:名古屋市内
日時:2009年11月15日  


名古屋市  S・A


 言葉と想念とイメージの関係について――マイナスの言葉を使わないことがマイナスの思いグセ思考を持たないことにつながっていくこと――この考え方に目からうろこでした。発想の転換的、かつ実践的で、とても驚きました。「ほめ日記」を続けていくことで変われるんだと納得できました。心地よい言葉を聞いていると背中から頭にかけてシュワ〜〜ッと気持ちの良さがかけ抜けました。体って敏感なんだなぁと実感しました。



名古屋市  M・H


 一日6時間も集中して講座を受けられるか心配でしたが、あっという間に終わり、勇気を出してきて本当に良かったと心から思えました。自分の息子を、これからどんどんほめて、ほめて自信を持って生きていけるようにしたい。それにはまず私自身をほめて私を認めてあげなければ、と感じました。自分より年上の女性や母としても先輩の方々が熱心に受講されていた姿に感動しました。


鹿児島県

初級リーダー養成講座を行いました

場所:鹿児島市内
日時:2009年11月28日  


鹿児島市  M・M


 (二ヵ月後)以前はすごく疲れやすく、やる気があっても腰が動かないという感じでした。それが疲れにくくなり、風邪も引かなくなっています。親しい方も良さを見ることで新たな発見があり、会話も増え、さらに親しくなれてきているのを感じています。家族も同じで、笑うことが多くなり、事もスムーズに運んでいく感じになっています。



南さつま市  Y・J


 (二ヵ月後)仕事で残業が多く、毎晩遅く帰って子どもとお風呂に入って寝るという生活。布団に入り、頭から足まで、がんばったね、ありがとうと思っているうちに手足がポカポカしてくるのを感じ、疲れが取れるという日々で過ごし、忙しさの中、仕事、家事、育児をがんばれたと思います。自分で自分を守ることができるようになり良かったです。


東京都

初級リーダー養成講座を行いました

場所:東京都文京区
日時:2009年12月6日  


東京都  M・Y


 どんな自分でもOK。自分の気持ちに正直にすべての自分を受け入れてあげようと、フィーリングトレーニングで命の声を聴くことから行き着きました。ていねいに自分と向き合うことの奥の深さを実感しました。無限の自分に感謝です。
 (二ヵ月後)以前はすごく疲れやすく、やる気があっても腰が動かないという感じでした。それが疲れにくくなり、風邪も引かなくなっています。親しい方も良さを見ることで新たな発見があり、会話も増え、さらに親しくなれてきているのを感じています。家族も同じで、笑うことが多くなり、事もスムーズに運んでいく感じになっています。



東京都  Y・N


 自分をほめ、相手をほめた時、その場の雰囲気がほっとなごんだ感じが良く分かって、「ほめる」言葉、プラスのエネルギーがどれだけ人に良い作用を与えるかを身をもって実感しました。こんなにポジティブになり、また中級講座も受講しようと思ったワークは初めてでした。


京都府

初級リーダー養成講座を行いました

場所:京都市内
日時:2010年2月11日  

大阪府  T・H


 自分がどれだけ変われるか、豊かになれるか楽しみになってきました。自分が豊かになると同時に、家族や他の人々、全人類、生物、地球、宇宙まるごとすべて平和で愛がいっぱいの世の中にしたいです。頭でアレコレ考えるより実践。コツコツと「ほめ日記」をつけていきます。ありがとうございました。



兵庫県  S・N


 (講座を受けた後)気分がすぐれないと感じる時、ふと気づくと手足は冷たく首のあたりもコリコリしています。フィーリングトレーニングでやったように手足をブラブラし、首を回し、腹式呼吸をしてみました。すると緊張がほどけ、気分はすっきり。改めて心と体はつながっていると気づかされました。


和歌山県

中級リーダー養成講座を行いました

場所:橋本市内
日時:2009年11月28・29日
 


橋本市  U・H


 フィーリングトレーニングで、自分の体の存在が形としてはなくなっていき、存在として(形として)あると感じるのは両手の指くらい。体は温かいけれども存在としては無のよう。そのうち自分自身はどんどんと上に向かって伸びていくような、引っ張られているような感じがして、もう私にはできないことは何もないと。無限に伸びているような、すべて無限大であると感じた。悩んでいることなんて実に無駄な思いだと気づいた。自分を尊重するとクヨクヨするなんて本当にバカげていることだと思った。今ここに存在することはとてつもなく偉大なことなのだ。大切に生き、未来へつなごうと思う。



橋本市  T・K

 今回の講座を受けて心が希望で満たされてきました。特に今日「今現在、ここに生きている自分の命は、どれだけの人やもの、自然などに支えられてきたか」を考えていた時です。40年前の校長先生の言葉が思い出され「心に響く言葉は生き続けていく」ことが分かり、感動しました。それは私が、小さなこの街でセパのインストラクターとして活動を続けることは、それが小さな活動であっても受けた人の心に生き続け、大きな希望につながっていくのだ、ということです。今も心の中から暖かい何かが吹き出てくるこの感覚。体もすごく軽く心地良いのでこの状態が続けば病気もしないのではないかと思いました。


資料の請求、お申し込みは…
こちらのHPのメールフォームからお願い致します☆

リーダー養成講座に関してはこちらのページもご覧下さい

ホームページ http://sepa-t.my.coocan.jp/

セパでは自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
せぱ通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、セパへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 25号