●「せぱ通信 NO.27」より抜粋
 

「ほめ日記」を続けて毎日が幸せ

        リーダー会員 N・Y

 
 昨年10月に初級講座を受講してから5ヶ月、再受講する機会に恵まれました。
 
 前回受講した頃は、ずいぶんと周りの目を気にしていたものでしたが、いつのまにかマイナスの口グセ、思いグセも減り、自分自身の変化に改めて、驚かされました。

 「ほめ日記」を続けたことによって、自分の気持ちを大事にすることができるようになり、周りに気持ちを伝えるのが上手になってきました。話がかみあわない時も、さらっと受け流すことができるようになっています。母や義母が、よく発するネガティブな言葉にも影響されることが少なくなりました。友人、知人との関係も身構えることがなくなってリラックスして接することができるようになりました。


苦しかったからこそ

 家族、特に長男(4歳)との関係が改善し、毎日幸せな気持ちで過ごせるようになっています。反抗し、反発してくる長男のことで悩み、その最中にいた時は、どうしたらよいのかわからず苦しくてしょうがなかったのですが、その悩み苦しみがあったからこそセパに出会え、自己尊重感を育てることの大切さに気づくことができたのだと思います。長男は私に 「大切なことを忘れているよ、気がついて」ということを伝えるために反抗し、暴れていたかもしれません。そのように思えば 猛反抗、猛反発していた長男に感謝の気持ちすら覚えます。

 その長男も、私が変わり、自分をほめ、子どもをほめるようになったらとても落ち着いてきました。今まではよく2歳の妹を泣かせていたのですが、この頃は自分のおやつを分けてあげたりしています。

 セパのトレーニングに時々友人を誘いますが、悩みを見せてくれた時が誘いやすいし、そういう時の方がトレーニングを受けてみようという気持ちになるようです。


新しい自分に出会えて

 最近、思ってもみなかった役目を受けたり、自らすすんで取りまとめ役をしたりすることがありました。そういった役目をすることがイヤではなく、気持ちよくつとめている自分をいいなーと思います。最初自信がなかった事がらも、終ってみればなんとかなっていたりします。周りに応援を求めることもできます。心も体も元気になって、「自己尊重感という根」が育ってきているな〜と感じます。だんだんと自信も育ってきました。そのようにして、どんどん新しい自分に出会っていけるのだなーと思います。とても楽しみです。

各地のリーダーから報告

和歌山県

ヘルシー大学で

セパ橋本  柴田文美子・人見啓子

 7月26日、橋本市のヘルシー大学(高齢の方の学びの場)でセパのトレーニングを行いました。参加者23名。ヘルシー大学・10回講座の一つとして取り上げていただいたものです。

 60歳〜79歳の皆さん、熱心に集中して受けて下さいました。「自分のことにこれだけ時間を割いて集中したことがなかったので、とてもいい時間でした」と喜んでくださった方が多かったです。

 「自分の体をこれでもかこれでもかと酷使していたなーと気づきました」

 「そうよ、そうよ、私もそうよ」「私たちの世代は(70代後半)休むことは罪みたいに思っているところがあるから」「休むのは、体を壊したときだけよ」などの声がありました。


鹿児島県

命が輝いた「セパ鹿児島」
 一泊二日の親子合宿


8月17日(火)

12:30 鹿屋市 ホテル太平温泉集合

13:00 子ども向け(保護者同伴)
「命の声を聴く自己尊重トレーニング」
  インストラクター 有園あつこ
  参加者 大人7人 小学生3人
       幼児6人 3歳未満児3人
 
☆「わたしは・ぼくは たいせつないのち」
 (手塚千砂子著)を家族ごとに音読
  「わたしは・・」を1ページずつ輪読
   P38を保護者と共に記入後 発表
   P12を保護者と共に記入後 発表
   P42〜全員で音読
   P38を保護者と共に記入後 発表

14:30 15時まで大人だけミーティング

15:15 大人だけの「命の声を聴く自己尊重トレーニング」
      インストラクター 坂之上綾乃

17:00〜18:30 温泉タイム
(運動浴場があるので、子どもたちも喜んで入ってくれました)

18:30 懇親会
 参加者 大人8名 子ども10名

   祝 インストラクター認定
    山崎さん 前村さん 迫田さん 

   祝 ファシリテーター認定
    Y・Sさん

   祝 明後日お誕生日 坂之上さん

料理と、皆の持込の飲み物で話ははずみ、広い畳の上を子どもたちは走り回り、かくれんぼに鬼ごっこ、すっかり仲良しになりました。

19:30 ミニ花火大会

22:00 1次会終了 子どもたちはお休みタイム
      2次会開始 大人だけのエンドレスタイム

24:30  就寝



8月18日(水)

朝風呂 朝食

   セパ合宿2010終了 解散


インストラクター  有園 あつこ

 セパ合宿大成功だったと思います。毎月の定例会では時間を気にして聞きたいこと話したいことが中途半端になりがちですが、今回、一晩時間をかけることができ、まだ知り合って間のない方々とも理解が深まった気がします。楽しく、深〜い話が一杯でした。

 「ぼくは わたしは たいせつないのち」を使って子ども向けワークは子どもたちがとても良く考え、発表してくれたので、とても温かい時間になりました。私の心も明るく温かいものに照らされているような心地よさを感じていました。



イントラクター  坂之上 綾乃

 坂之上家の子供たちの感想

 「セパ合宿どうだった?」「楽しかった。特に温泉と夜のパーティ、みんなと遊べたのが楽しかった。」
 
「自分の良いところをたくさん見付けてどうだった?」
(小学4年生の息子)「楽しかった」
(年長さんの娘)「嬉しかった」

 「昨日たくさん良いところ見付けたね!本の中で、怒られても失敗しても良いところはなくならない。いつも良いところをほめていると良いところがもっと増える、って書いてあったね」「うん、うん」


インストラクター  前村 美穂

 夜の大人タイムで、「セパのトレーニングで、自殺だって防げる!」と話しが出たときに、今までの私だったら何も出来ないし、かわいそうと思うことしかなかったですが、私にも少しでも救える力があるのかな?役に立てるかな? と思いました。なので、まずは「ほめ日記」。


インストラクター  迫田 律子

 自他ほめトレーニング(自分を10ほめる)10コ発表。人の発表を聞いて、表現の仕方、ほめ方など勉強になりました。大人タイムでは、夜遅くまで(ちゃんと子どもたちを寝かしつけて)飲んでました。有意義な合宿でした。


インストラクター  山崎 淳子

 インストラクター取ったものの、伝える力が備わっているのか不安でした。まずはほめ日記の積み重ねとセパのトレーニングの実践あるのみと、アドバイスを頂き、パワーを頂きました。


インストラクター  鈴木 かし子

 久しぶりに参加して、改めて強く感じたことは、ほっとする幸せな感じ。ああ幸せってこんなに身近な所にあったのね、こんなにシンプルなことだったのね、ということです。受講後もこの幸せ感は数日続きました。


インストラクター  下津 悦子


 太平温泉で子ども達と、志ある仲間達と過ごせたことが、この夏サイコーの思い出の一つとなりました。これからセパのインストラクターとしてどういう立ち位置で社会と接していったら良いか等、定例会だけでは話し足りないことが話せました。


インストラクター  木ノ上 七穂

 事情があり、合宿にフルでは参加できなくなりましたが、どうしても親子のセパのトレーニングだけは受けたくて、何とか時間をつくり往復3時間強の道のりをワクワクしながら駆け付けました。参加して良かったです。


一日集中講座(初級)を行いました

京都府

場所:京都市内
日時:2010年5月30日 
 

兵庫県  F・S

 ある遺伝学者が、「心のあり方が良い遺伝子をONにする→その人の才能が開花する」とテレビで話していましたが、今回この講座を受け、「セパの自尊トレーニングはまさにそうだ!」と腑に落ちました。このトレーニングによって私の良い遺伝子がどんどんONになっていくのがイメージできました。そしてONになった遺伝子たちが活性化し、眠っていたものが表に出てくるんだ、と感じました。


大阪府  M・M


 (一ヵ月後)マイナスの思いグセをプラスに切り替えることで、不安がほとんどなくなりました。以前は不安になっては自分の心を苦しめていたことに気がつきました。風邪をひいても体に「ありがとう、少し無理をしたね、今はゆっくり休むね」と言うと、以前よりずっと直りが早くなりました。この一ヶ月はいやなことはほとんどなく、楽しい人との出会い、付き合いができるようになりました。


滋賀県  K・M

 早朝ウォーキングの時、木や草花が語りかけてくれるような、守ってくれているような、交流を求めているように感じました。またスズメや小鳥たちも逃げずに近寄ってきてくれるような気がしました。なぜか太陽や月の存在も身近なもので、いつも見守ってくれている、応援してくれているように思えます。

 またシンクロニシティが立て続けに起こり「何だろう、これは?」と思っています。これからもどんな出会いがあるのか、またそこからどんなメッセージを受け取り、取り入れていくのか、本当に楽しみです。

 とても不思議な世界に一歩踏み入れたことを意識しています。

一日集中講座(初級)を行いました

場所:東京都文京区
日時:2010年6月27日  

神奈川県  S・K


 私の奥底にある命に出会えた感じ。出会えてうれしい。「ありがとう」と体と心に言うと、命が喜んでくれる、そのことが嬉しく思えて涙が出てきた。「ここに命があって存在している自分には価値がある」というメッセージ。

 帰りの電車でも命の声が聴けた感覚が残っていて「私は大丈夫」と元気が出てきた。私には帰る家がある。子どもたちが待っている・・その気持ちに感謝して、嬉しく思う。心が安定している。

 

埼玉県  H・H


 身体から返ってくる反応を感じることで、自分が身体という乗り物に乗った魂であることを改めて感じ取ることが出来ました。新鮮だったのが、昼休憩の時にはおしゃべりをしないで過ごす、ということ。外に出ると自分の背がぐっと伸びて視点が高くなったように世界が見え、また食事も一口ずつじっくりと味わうことで、命をいただくありがたさに涙が出ました。この講座の内容が日本中に広まるとすばらしい世界になりますね。

資料の請求、お申し込みは…
こちらのHPのメールフォームからお願い致します☆

リーダー養成講座に関してはこちらのページもご覧下さい

ホームページ http://sepa-t.my.coocan.jp/

セパでは自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
せぱ通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、セパへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 27号