●「せぱ通信 NO.28」より抜粋 

NHKで「ほめ日記」の効果が紹介されました。

        代表理事  手塚 千砂子


 会員の皆さん、お久しぶりです。どのようにお過ごしでしょうか。
 

 昨年11月1日、NHKの朝の番組「あさイチ」で、自分をほめる「ほめ日記」の効果が紹介されました。具体的には、「セパ京都」を主催する山田容子さんの「セパに出会う前」の様子と、私の講座を受けて「ほめ日記」を始めてから変化してきた様子を、わかりやすく映像で紹介しています。“自分をほめて自分を変えていくメソッド”に期待するする心理学者のコメントもあって、見ている人にかなりのインパクトを与えたのではないかと思います。

 「ほめ日記」という言葉とその中身が、多くの人に伝わったことを私はとても嬉しく思っています。セパの講座の申し込みも増えました。


 現代のストレス社会にあって、多くの人は漠然とした不安をもち、苛立ち、うつっぽい症状、自己否定感などで悩んでいます。

 マジメに人生を考え一生懸命生きている普通の人たちが、気持ちよく自分らしく生きていくにはどうしたらいいのか・・・今から二十数年前、私は一人思いあぐねていました。

 まずは一人ひとりが「自己の持つ本来の意識や愛、命のもつ潜在力」を充分に表面化させるメソッド――しかも誰にでも簡単にできるものが必要だと考え、さまざまな経緯を経て考案したプログラムの一つが「ほめ日記」です。

 社会不安がますます増大している今こそ、老若男女、子どもにも大人にも、悩みのある人にもない人にも、すべての人に「ほめ日記」を活用してもらい、希望のある毎日を過ごしてもらいたいと思っています。


 自分を肯定し、尊重する意識を命に向けることで命はイキイキし、本来もっているプラスのものが引き出されてきます。同じ不安材料をもっていても、前向きに解決策を探す気持ちになるか、あるいはがっかりして落ち込んで絶望するか、人生は思い方一つで大きな開きが出てきます。


 「ほめ日記」を含め、セパのプログラムを活用する場は、子育て支援サークル、塾や学校、保護者会、企業内研修等など、人の集まるところならどこにでもあります。もちろん家庭の中での活用は効果がすぐに確認できて、喜びや幸せがダイレクトに戻ってくる場です。

 自分がまず自分をほめて自尊感を高め、それから子どもたちへ、家族へ、周囲の人たちへと、命を賛美する言葉、相手の良さをほめる言葉を広げましょう。

 会員の皆さんの小さな実践が、ストレス社会から生きやすい社会に変えていく強い力になるのだと、私は信じています。



各地のリーダーから報告

新潟県

看護大学でセパトレーニングを実践!

理事  藤崎 郁



 私は看護大学で教鞭をとるかたわら、臨床現場で働いている看護師さんたちの現任教育にもかかわっています。

 私は看護教育のなかにこそ、セパのトレーニング、とりわけ「ほめ言葉」と「ほめ日記」を取り入れるべきだと思って実践しています。

 「ほめ言葉」をまず自分に、そして自分の周囲の人たち(学生さんや同僚の教員や臨床で働く看護師さんたち、患者さん、自分の家族や友人など)にたくさん投げかける。ほめた相手の方に「ありがとう」といってもらう機会をできるだけ多くする――それだけで、それらの人たちとの関係がとてもよくなり、おのおのが持っている潜在的な能力がお互いに触発されてよい方向に行くのが実感できます。

 「ほめ日記」は当然のことならが、その威力を増幅します。まずは自分自身のからだと心に毎日「ほめ言葉」をかけてあげることを学生たちに教えています。



各地のリーダーから報告

沖縄県

夢が叶いました

インストラクター  新垣 英子



 インストラクターとして初めて講座を行なったのが昨年の4月。その後、あちらこちらからオファーをいただき、何回か講座を行なっています。

 初めは人前に立つのはものすごく勇気もいったし、緊張して心に余裕がありませんでしたが、一つ一つ経験を積み重ねることで自信も度胸もついてきたなと思います。積み重ねの大切さと同時に、インストラクターだからこそ「ほめ日記」等、日々の実践が大切だと思いました。自分自身でトレーニングの素晴らしさを実感してこそ、自信を持って伝えられるし、説得力も出てくると思います。私自身が一番に命の力、命の輝きを引き出す努力をしていくぞ〜!と思っています。

 いつか沖縄に手塚先生をお呼びしたい! という夢が、1月16日に叶うことになりました。私の講座を受けた方が「自分も学びたいので10名集めて先生に来ていただきましょう」と提案して下さったのです。こんなに早く夢が現実になるなんて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!

 受講者の方々が「命を大切にしよう」と思って下さったり、私への感謝の言葉をいただく時は私にとって最高の喜びの瞬間です。喜びをいただきながら自分も向上していけるインストラクター。これからもセパトレーニングの素晴らしさを届けられるようベストを尽くしていきたいと思います。


各地のリーダーから報告

千葉県

幸せの種まきは私の使命

セパちば主宰  竹本 統子



 初めて講座を開催したのが2008年3月。それから毎月講座を開催し続け、もうすぐ3年になります。初回は緊張のあまりごはんも喉を通らず、深い呼吸をしながら「大丈夫、私らしい講座ができるよ」と言葉をかけ、心を落ち着けてから会場に向かったことを覚えています。

 初めの頃のフィートレはテキストを読みながらリードするのに精一杯で参加者の状態を見るゆとりはありませんでした。

 そのうち、リードしながら私も体を動かしたり命の声を感じたりできるようになり、テキストの手塚先生のリードが自分のものになって、気持ちを込めてリードできるようになりました。講座のたびに自分に感謝し、ほめ、それらが自信となって私の心の根っこを太くしています。参加者のプラスの変化に立ち会えることも私の喜びとなり、またそれが自分への自信となって蓄積されていきます。

 振り返ってみると、講座を始めた頃から比べて何事にも動じない自分になっています。小さな出来事に一喜一憂するのではなく、その出来事を大きな視点で見て判断をしたり、人に左右されず、自分はどうなのかを考えながら選択・決定・行動するようになってきました。

 「セパちば」を立ち上げた行動力、信念を持って講座を続けている持続力はすばらしい! 講座を通じて幸せの種まきをすることは私の使命なのだと感じています。


一日集中講座(初級)を行いました

東京都

場所:東京都文京区
日時:2010年9月12日 
 

東京都  N・F

 (一ヵ月後)ほめ日記は電車の中でもどこでも書くようにしました。一つが二つ、三つとほめることがだんだん増え、ほめる連鎖に楽しくなりました。書くことで自分を感じ見つめることができ、気持ちが落ち着きます。自分の大切さを感じられると人をほめたくなり、しぜんと笑顔でいられ、感謝の想いが素直に湧いてきます。心の変化のほかに、体が軽く、動きやすくなるなど、ストレスが減ったためか体の変化もいろいろありました。


東京都  S・T

 自分をほめること、認めることがこんなにも気持ちのいいものだったのかと、実感、体感することができました。自分はこれでいい! すばらしい! と思いえるって最高! という発見。体にありがとうということで何とも言えないここちよさ。自然に笑顔になってしまう自分に気づきました。心にお花畑のあるイメージが浮かび、温かく、美しくきれい、気持ちいい、これが私の命のメッセージなのか・・・。ほめ日記も今日からつけます。


一日集中講座(初級)を行いました

三重県

場所:三重県四日市市
日時:2010年11月13日 
 

四日市市  I・T

 心臓の音を感じていると、「よく頑張っているね」「今までよく生きてきたね」「生きることはすばらしい」とたくさんメッセージがあふれてきて幸せでした。生きていることが嬉しいです。

 ほめ言葉のエネルギーは自己実現につながっていくということはすばらしいことですね。思い続ければ叶うということは私も実体験があるのでわかるのですが、理想やイメージも実現するんだと希望がわいてきました。ほめ日記を続けることで昨日より今日の自分をほめることが増えてきました。すごいです。それからマイナスの言葉に敏感になったことに気が付きました。マイナスを人から言われた時は、プラスに言い直したりして気分を沈めています。以前は泣くのをがまんしていたことにも気づき、素直に泣けるようになったのも良かったです。自己尊重という私の根が育つように、ほめまくり、プラスの回路を太くしていきたいです。自分で幸せをつかんで、まわりのみんなも幸せにしてあげたいと思いました。


一日集中講座(初級)を行いました

東京都

場所:東京都文京区
日時:2010年11月17日 
 


神奈川県  I・Y

 (再受講)ほめ日記を続けていて、スグにほめることが見つかるようになりました。内面的なものも見つかります。今までの自分と比べて日々成長していることを感じます。自分の周りの状況にも目が行くようになりました。以前は見ているようでまるっきり見ていなかったので、この変化は嬉しいです。いろいろありますが、ひどく落ち込むこともなく「今、私にできることは何か」と考え続けている私は強くなったと思います。


鹿児島県  Y・T

 自分自身を変えたいという気持ちと、設立を予定しているNPO(婚活事業)に活かせるのではないかという思いがあって参加しました。自分の体に感謝することで何かが生まれたような気がしました。それが自己尊重感につながるものなのか、続けていけば実感できるのかと思います。自分のいい所を書き出す時は気分が良かったです。改めて自分を認め、自分の存在を考えるいい時間になりました。東京まで講座を受けに来て本当に勉強になりました。


レベルアップ講座(中級)を行いました

北海道

場所:北海道札幌市
日時:2010年9月19・20日  


札幌市  S・Y


 この講座を受けてから、命にありがとうと言うと、言葉がスーッと吸収されて宇宙とつながるような気がしたり、体調が悪いときは「大丈夫よ」と返事がきたりするようになりました。成果があればそれをほめ、失敗したときは取り組んだプロセスをほめ、次からの改善点を出し、次はきっと良くなると思う前向きな所をほめ、何でもほめられるようになってきました。5歳の娘も、何もなくても「ママ美しい」とほめてくれます。


小樽市  F・S

 講座の翌日、ある友人と会いました。その翌日、友人は前日までのネガティブな思考から解放され、ステキな一日を過ごしていました。周囲の幸せそうな光景や色々なものが彼女をさらに幸せにしてくれたと聞き、私は自然にこんな言葉が出ていました。「それはあなたが幸せそうだから寄ってきてくれて、幸せそうなあなたによって周囲も幸せを感じているはずよ」と。頭で分かっていた理屈が、2日間の講座で、体感として私の中に強く入り込んでいたのです。


レベルアップ講座(中級)を行いました

京都府

場所:京都市内
日時:2010年10月2・3日 


大阪府  T・H

 (フィーリングトレーニングで)空、そして宇宙が見えた。ふーっと力が抜けて空高いところにいる。そんな感覚を初めて感じ驚きました。この大きな世界に自分が存在するということがすばらしい。私は可能性に満ちている。おびえることはない。どんな悩みも大きな世界から見ればちっぽけなもの。大丈夫。これからどんどん変わっていける。とても楽しみ。命に感謝。たくさんの人、自然の恵みをいただいて生かされている。それが具体的に実感できました。


大阪府  M・E

 (再受講)課題のフィーリングトレーニングは毎日集中してできたのでびっくり。すごく幸せでした。

 好きなものを好きと言えなかった。その前に何が好きかもわからなかった私が「私は私が大好き」と自分に言えるようになったことがうれしくてたまらないです。未来の自分を考えるのが大の苦手だった私が、これからもっとステキになるんだと想像してワクワクしている、それは命を信じて疑わない自分になれたのだと気づき、また嬉しくなっています。


レベルアップ講座(中級)を行いました

三重県

場所:三重県四日市
日時:2010年11月12・15日 

四日市市  H・Y


 フィーリングトレーニングのロールプレイで、自分に声を掛けて、自分に意識を集中させると、とても温かいやわらかいものが感じられ、これが私の命なんだと、涙が出てきました。「過去は今の、今は未来の土台」という手塚先生の言葉に目からウロコが落ちる思いでした。過去を引きずるのではなく、今を肯定できれば未来から見た過去はOKになると知り、安心しました。今の過去はOKじゃなくても今を変えれば大丈夫。強い励ましをいただきました。


四日市市  I・M

 
先生が言われたように、豊かな言葉で豊かなイメージを持ち、今の自分を好きになり、未来を、人生を作っていこうと強く思いました。ファシリテーターをつとめる時、「ラクになってもらおう」「リラックスしてもらおう」と参加者のことばかり気にしていましたが、本当は皆さんが楽になっていく姿をみて自分が喜び、自分もそれで変われる気持ちよさを味わっていたことに気がつき「ありがとう」という言葉が命の底から湧き上がってきました。


セパでは自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
せぱ通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、セパへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 28号