●「せぱ通信 NO.29」より抜粋 


各地のリーダーから報告

東京都

仙台に移ります。「セパ葛飾」とお別れ。

インストラクター 松口 右知子 



 夫の転勤で今月末に仙台に引っ越すことになりました。

 札幌から東京に来て2年半。今までの転勤は本当に意味があり、それぞれの土地で素晴らしい経験をたくさんして来ました。

 せっかくここまで頑張って葛飾を離れるのは残念ですが、それ以上に素晴らしいことが待っているはずなので、仙台の生活を楽しみにしております。



やりきった日々に悔いなし

 娘の出産の経験から(まだまだマタニティーライフを楽しみたかったのに35週で突然生まれました)、いつ今の生活が終わってもいい(死んでもいい)ように、悔いのない生き方をしようと学びました。

 おかげで突然転勤を言い渡されても一つも後悔がないのです。

 東京での2年半でやりたいことをやって(時には勇気が必要なこともありましたが)、会いたい人に会い、行きたい所にも行って、小さい子がいても自分を大切によくこれだけやりきった!!と晴れ晴れとしています☆

 あれだけ嫌だった東京も今は素敵な所になり、感謝の気持ちで離れることが出来ます。何と有難いことでしょうか。

 札幌でセパに出合い、ほめ日記を書きながら体験を重ね、今は自分を心から愛し、尊重しています。

 とても頼もしい存在でもあります。私がいればどこへ行っても私は大丈夫です!

 仙台でもセパの素晴らしさを伝えて行きます。


  ☆    ☆    ☆

 東京都葛飾で行ってきた「セパ葛飾」は閉じることになりました。東京は杉並区で新たに「セパ東京・西」が立ち上がります。仙台で松口さんがまた活動の拠点を作って下さることを期待しています(手塚)



一日集中講座を受けました。

文京区 2月16日

千葉県 E・N



 小人数で、とてもていねいに教えていただいてありがたかったです。あっという間に時間が過ぎ気がついてみればもう夕方でした。

 フィーリングトレーニングでは、「生きる」「生きる」と聞こえてきました。「生きているんだ」という実感が湧いてきました。今まで、生きているという事はあたり前のことと思い、意識したことはなかったので、大きな感動でした。

 最近、ヒザが痛かったので、ヒザに「ありがとう」と言ったらヒザが、ピク、ピクと動き返事をしてくれました。ヒザの痛みがなくなり、その後もヒザは全く痛まないです。

 昼食の時には、ごはんを食べられる自分、噛める自分、ここにこうしていられる自分に、なんともいえない幸福な感じを味わいました。

 手塚先生と出会えて、私は「命を大切にすること、自分を大切にすること」を、何十年生きてきて初めて知ることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



一日集中講座を受けました。

京都市内 2月27日


滋賀県 W・K



 宇宙はプラスのエネルギーに満ちていて、プラスのエネルギーしかない。そのプラスのエネルギーをもらって生まれてきて、生きてきた私の命。

 自分が母となって、息子と娘の成長をみつめてきて、一番心に残ったのは、「何でこの子たちは、お金も力ももっていないのに、こんなにニコニコ元気いっぱいで心豊かで輝いているんやろう。」ということです。

 きっと宇宙からのプラスのエネルギーを体に、いっぱい満たしているからなんやなあと心から思います。

 私も小さい頃はこの子たちのように、何も持っていなくても、毎日生きているだけで、幸せいっぱいだったんだろうな〜と、午前中のフィーリングトレーニングを通して知らされました。

 わたしの命はたった一つで、すばらしい宝がつまってるんだと知らされ、これからは、その宝が表に出るように、光り輝くように、やさしい言葉とまなざしを自分に向けていこうと決めました。


セパでは自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
せぱ通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、セパへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 29号