●「セパ通信 NO3」より抜粋 


一人一人が本来 持っている力を
信頼感とともに引き出すのもインストラクターの仕事

〈初仕事、それから・・・〉
二之宮つもる

 娘の入学を機に、この春から本格的にSEPAのインストラクターとして活動しようと考え、まずは私がスタッフとして関わっているNPO法人自然育児友の会の仲間に呼びかけて、トレーニングのリードを実践しました。

 参加のみなさんは、自分の心と身体に集中し、真剣ですから、いやがおうにもこちらも真剣さが増し、力が入ってしまいます。いつもは饒舌な私も、のどがからからに渇きます。

 フィーリングトレーニングで身体を感じてもらった後は、自他ほめトレーニング。普段はあまりほめられないというみなさんは、お互い照れながらもほめられて嬉しそうです。その様子を見ながら私まで引き込まれて笑顔になっていきます。やはりほめ言葉でほめてもらうことは、理屈でなく心から嬉しいのですよね。お母さんたち、素敵! かわいいって抱きしめたくなりました。

 質問タイムでは、お子さんとの関わりで悩んでいる方の問いかけがありました。そんな状況をまず受け入れて自分をほめてみたら? とお話したら、彼女の眼には力がみなぎったように感じました。色んな問題の根っこは実はあまり複雑でなく、解決していく力はそれぞれが持っているのだと思います。

 SEPAのトレーニングは、それらの力を引き出してもくれます。リードした側の私も人への信頼感を強く感じ、元気をもらいました。

*  *  *

 個人的なことですが、「SEPA船橋」のゴム印も作り、前号のSEPA通信にも連絡先を載せていただいたのに、急な夫の転勤で鹿児島に転居することになりました。描いていた春からの計画は全てが音を立てて消えましたが、こちらに来て2ヶ月、不思議と落ち着いて生活しています。

 せっかく転勤族の妻なのだから、SEPAの種まきを行く先でしたらいいな、など前向きなのです! 以前の私なら、いままで築いたものにもっともっとこだわり、悔やんでいたと思うのですが、今回はどっしり落ち着いていられる事が、自分でも驚きです。それも、このトレーニングのお蔭。自然に自分を深いところで信じられるようになっていたというか、自己肯定できる体質に(!?)なっていたのがよくわかり、いい発見ができました。

 

* 二之宮さんのリードによる 命の声を聴く 自己尊重トレーニング(3月・船橋)参加者の感想から *

●ふだん意識していない体の様子を実感できたのは新鮮でした。子育てと家事に追われてイライラすることが多いのですが、リラックスできたことで、自分自身の体のことって案外ケアしてなかったということに気づきました。そして自分の体を一歩離れたところから見ることができ、他者に優しくするのと同様に、自分の体をいたわってあげようという気持ちになれました。(Iさん)

●自分の体をいたわる「ありがとう」を伝えたら、フツフツと「うれしい」気持ちがわきあがってきたのには驚きました。「自分に向き合う」って心だけでなく、身体とも向き合うことなんだ、とあらためて感じました。(Aさん)

●たくさん良い言葉でほめてあげ、自分をうーんと好きになったら自然に子育ても楽しくなっていく気がしました。今日からでもトレーニングして、毎日イキイキとした母でありたいと思いました。(Sさん)

※二之宮さんがSEPAインストラクターの活動を始めたきっかけについての記事が、『自然育児友の会』5月号(NO.212)に掲載されています。

 

船でのワークショップで SEPAのプログラムを体験

 3月、子どもの文化交流を目的とした全国規模のフェスティバルが開催されました。(主催は「子どもの文化交流体験事業」実行委員会) その企画のひとつ、春休みに各地から集まった親子が2泊3日のクルーズのなかでさまざまなワークショップを行う船上企画に、SEPAのプログラムがとりいれられました。

 子どもたちが文化体験ワークショップで頑張っている間、大人のためのワークショップも開かれ、セパ代表理事の手塚千砂子は「自己肯定ワークショップ」の講師を務めました。  クルーズ2日目の朝9時から4時まで。そのうちの2時間は「セパの命の声を聴く自己尊重トレーニング」を行いました。アシスタントはインストラクターの松井和子さんとファシリテーターの渡辺マキエさん。参加者は23名。

 日頃子育てや家事、仕事に追われ、自分に目を向ける余裕のないお母さんお父さんに、たっぷりと「自分の体や心のすばらしさ」に向き合ってもらいました。

 「信じるに足るステキな私に実っていると感じた」「自分にも夫や子どもにも今日からやさしくなれそう」「心と体の連動性が本を読んだレベルでなく体験したことで深く知ることができた」「自分の子どもを信じていく力が出てきた」「心のモヤモヤが晴れわたり、穏やかな自分を実感できて嬉しい」など、皆さんに「自己肯定」の気持良さや効能を心身の感覚を通して知って頂けたようです。

 

SEPA通信・原稿募集 トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!HPのメールフォームにてお願い致します

発行人 / 手塚千砂子  

戻る