●「せぱ通信 No.30」より抜粋 


 「ほめ日記」で実現する意識変革
        代表理事  手塚 千砂子

 会員の皆さま、キラキラと元気な毎日をお過ごしでしょうか。

 私たちの社会は暗いニュースがますます増えて、社会は不安感とあきらめムードが漂っている感がありますが、そんな中で、「ほめ日記」を書いている方たちがキラキラしているのをとても嬉しく思っています。

 体罰、いじめ、生徒の自殺、スポーツ界の暴力的指導などについて騒がれていますが、これは以前からあったものがただ表面化してきたにすぎませんね。この国に昔からある「暴言、暴力によって人を育てる」風潮が、未だに変わらないということです。「命の大切さを教えよう」「自己尊重感を育てよう」という掛け声だけはあるのに、なかなか実践につながらないのは、人々の根本的な意識の変革が難しいからなのです。

 「ほめ日記」で自尊の意識を表面化させれば、意識変革は簡単ですね。皆さんが体得した通りです。お互いにこのことを周囲に伝え、幸せな自分と平和な社会の実現を目指していきましょう。


「子どもの悪口防止」のためのアンケート結果報告
        事務局長  二之宮 つもる


 2012年度の事業として、「子どもの悪口」についての現状を調査・把握するために、アンケート調査を行いました。各地のインストラクターの方々が、周囲の方に“対面で趣旨をお伝えした上で”、アンケートにご協力いただきました。集計結果は3〜6ページの通りです。

 「子どもの時に、親御さんから人前で悪く言われたことがありますか」の問いは、数十年を経て忘れている方が多いと思われますので、実際の数字はもっと高いと考えられます。また親の立場で、「子どものことを人に悪く言ったことがある」という数字の多さには驚かされます。

 集計結果から、「自分を含め、子どもや身内のことは悪く言うもの、言ってかまわない」という社会の“間違った意識”によって、多くの子どたちが傷つけられていることがよくわかります。私たちセパの会員は、「自分に否定的な言葉を向けず、プラス面に目を向けてほめること」を実践してきました。そして家族にもほめ言葉をかけることを実践しているはずですが、人前で子どもを悪く言っていないでしょうか。
今日から「子どもの悪口を言わない」ことを決めましょう。そして周りに提唱していきましょう。

 常にマスコミで騒がれている暴力やいじめ、体罰、子どもの自殺等の防止には、まず、「子どもに対して否定的なことを言わない習慣」から始めなくては、いつまでたっても社会からなくなることはないと思います。

※調査結果は紙媒体の「せぱ通信No.30」に記載


「被災地の子育てママに本を贈るキャンペーン」
お礼とご報告 & お願い

     
キャンペーン実行委員 セパ京都 山田容子

親も子もラクになる魔法の“ほめ”セラピー」を贈るキャンペーンを開始したのは昨年の7月。それから現在まで、延べ77人の会員や有志の皆様により、399,000円のカンパをいただきました。ご協力くださいました皆様には心よりお礼を申し上げます。

 また、現在カンパをご検討くださっている皆さま、3月末日までキャンペーンは続きます。目標の500冊まであと101冊分!! どうぞ引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。

 私は、昨年11月に岩手県の山田町「織笠子育て支援センター」と宮古市(「宮古子育て支援センター」に。手塚先生も同じく11月に、陸前高田市で行った講演会参加者と「子育て支援センター・あゆっこ」、大船渡市「子育てサポーター・スマイル」「末崎町婦人部の皆様に本をお届けしました。

 また山田町在住で会員の小笠原紀子さん(驫木小学校教員)には、保護者の方に配っていただきました。

 今年1月には、被災地から東京に避難してきている「避難ママネット」の方たちにお届けしました。

 被災地の復興は一向に進んでいません。もう2年になるというのに、まだまだ瓦礫の山が累々としていたり、破壊された建物が手つかずのまま残されている地域はたくさんあります。この冬も寒い仮設住宅で過ごさなければならなかった人たちが大勢います。

 その状況の中で懸命に子育てをするママたちに「ほめ日記」を通してプラスの気持ちを持っていただくことが当キャンペーンの一番の目的です。

 しかしそれだけではありません。もう一つ大切なことがあります。

 震災から1年11か月が経った今、私たち日本人の心の中で、震災が過去のものになりつつあるような気がします。当キャンペーンを通じて、「同じ日本人として変わらず復興を祈り続けています」「ママたちや子どもたちの幸せを願っています」というメッセージを送ることも重要な意義ではないかと思います。

 「ほめ日記」で自分を尊重することを体得した私たち全員の心を集結して、被災地の子育てママたち、そして子どもたちの未来を祈り、本をお届けしましょう。

 引き続きのご協力を重ねてお願い申し上げます。


セパでは自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
せぱ通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、セパへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 30号