●「せぱ通信 NO.32」より抜粋
 

皆さんの“ほめエネルギー”が社会を良くするチカラとつながります

                      代表理事 手塚千砂子

 
 

会員の皆さま、新しい年をどのような気持ちで迎えられたでしょうか。

 「今年はこういう自分でありたい」というイメージを描けているでしょうか。
 みなさんは、既にご自分の命に内在しているチカラを信じられるだけの体験をしていらっしゃるので、「自分の命の声」を無視している方はいないと思いますが、いかがでしょうか。
 自分の内なる声を聴きながら「こういう自分でありたい」という未来の自己像をもつことが、希望につながり実現へと進展していくモトになります。
  「もうわかったから、私は大丈夫」と、命への謙虚さを忘れていると、マイナス思考のエネルギーが忍び寄ってきますから、注意しましょう。

恐れもなく 増長もなく

 私たちの社会は、残念ながら政治的にも経済的にもかなり厳しい局面に来ていると思います。

 そういう時だからこそ、一人一人が社会にまん延する不安や恐れのエネルギーに取り込まれることなく、また逆に増長することもなく、調和のとれた命の核の意識=自己尊重感を高めて,プラスのエネルギーを心身に満たしましょう。

 肯定的な努力にたいしては、必ず目に見えない大きなエネルギーが働いて、「こうありたい」と希望する方向に導かれるものです。そうした生き方の中で、しぜんに周囲に放射される“あなたのエネルギー”は、同質のエネルギーとともに集合して、かたまりになって、社会をよりよい方向に変えていく大きなチカラを生み出していく――と私は信じています。


 今年も、「よいエネルギーをもっている言葉」「自分の脳が喜ぶ言葉」をたくさん使って、生きることを楽しみましょう。使う言葉によって、想念は無意識にコントロールされ、その想念のエネルギーは、イメージをリードし、行動に影響を与えます。

 自分も周りも幸せで、そして社会全体が平和であるように、強く願い、希望しながら今年も歩んで行きましょう。


自己尊重感を育てる幼稚園でありたい
大野クローバー幼稚園(岐阜県)が目指すもの

学校法人立木学園 立木央子(ついきちかこ)


「幼児を尊重する 幼児に自由を許すというだけではできない。保母その人が 自由の人でなければならない。人に真に自由を与え得る人は 彼自らが真の自由をもつ人でなければならい」

 日本のフレーベル・保育の父とも呼ばれた 倉橋惣三先生の言葉です。

 これは、手塚千砂子先生のおっしゃる「大人にできないことは子どもに教えられない」という言葉と同じ意味ですね。これを具現するのが大野クローバー幼稚園の経営に携わる私の夢です。私たち保育者が自ら自己尊重感を高め、子ども達の自己尊重感を育てる幼稚園でありたいと願っています。

 保護者の方々にとっても、入園から卒園までの間に自己尊重感の大切さに気付き、その後の人生が親子共により豊かなものになる――そんな幼稚園を目指しています。

 またこれらのことが、幼児教育の場だけで終わってしまうのではなく、学校教育につないでいけるよう、地域の皆さんと共に子どもたちを育てていきたいです。


 そのために、私は今日何をすればいいのか、夢に向かう道はどこにあるのか――イメージをもつこと、自分を信頼すること、「ほめ日記」を書くこと・・・。

 たくさんの人に支えられ、背中を押され、前に進めることに感謝しています。「ほめ日記」という夢への招待状を手に、私の人生の全ての景色を存分に味わい、楽しみ、成長していきたいです。


「セパつくばで」
インストラクターとして活動しています。

         茨城県つくば市 鳥取恵

 2013年10月にインストラクターの認定を受けました。

 その後、再受講や実習を繰り返し行ない、リードの力をつけて、 「セパつくば」の活動に参加し、インストラクターとして講座を行なっています。「ほめ日記」とフィーリングトレーニングは、私自身を目覚めさせてくれた宝ですので、今でも毎日続けていますが、講座を行なうことで、また違う自分発見をしています。

<大きな成長と自分新発見>

 インストラクターとして活動することで 大きな自分自身の成長や学びがあることがとても嬉しいです。

 ★自分のやりたいことをやるならば、家のこと・家族のこと両立させてメリハリつけようと思い、自然とスムーズにできていること。

 ★初めのうちは、参加者に「自分にはこれは合わない」と言われたり、参加者が今ひとつという時、不安になったり落ち込んだりすることもあったが、「自分がコレだ!と思い進もうと決めた道だから大丈夫!!」と思えるようになり、強くなった。(図太くなった(笑))

 ★少々のことでも、めげなくなり、めげても切り替えが早くなった。

 ★前日に参加者が増えることがあり、「プラスはプラスを呼ぶ」と身をもって体験し、自分のなかに定着してきた。

 ★たとえ一人の人でも、その人のために心をこめてやろうと思い、地道にやったことは、きっと花が咲くという思いがいつも心にあり、日常でも一つ一つを丁寧に向き合ってやれるようになった。

 ★いろんな体験をして、以前ならすぐ不安になったり自信なくなり立ち止まっていたが、それは自分の今後の学びになるのだと、前向きに切り替えられるようになった。(講座準備でも同様に思える。)

 ★回をかさねるごとにゆとり、やる気もアップ!している。

 ★家族もそれぞれいい方向にむかっている。家族のお互いを思う気持ちが深くなっている。

 ★夢・目標がつねにある!

<セパつくばを通してやりたいこと>

 ★今思っていることは、保育士として子どもとかかわってきて、子育てもいろんな経験・思いをしてきたので、それらのことを活かして、乳幼児学級・助産院・学校などにアタックして講座を行ないたい。先日、60代の方が参加されて、素晴らしい命の反応をキャッチされていてたので、その世代の方にも広めていきたいと思う。

 ★「セパ三重」で行われている小学生対象の講座も、いつかやれたらと思っている。

 ★「親子はぐくみヨガ」のインストラクター認定取得!!が、まずは目標です!!
命のささやきを感じられる自分

         特定社会保険労務士 佐藤克紀


一日集中(ファシリテータ)講座を受講して

 自分の命は生まれる前から活動していて、自分を生かそうと懸命に自分の仕事をしてくれていた。そこに、いたわりや感謝の気持ちを持つことなく、何となく過ごしていた、ということを実感しました。

 午前中のワークが終わり、外に出た時、空気や太陽の匂いを感じ、空を見上げると白い雲が龍のような形に見えたりしたことに、喜びを感じました。私の命が「空を見上げてみなさい」と教えてくれたような気がしました。

 そんな命のささやきを感じられる自分。その感覚は新たに得たのではなく、もともとあったものなのに、自分が注意をはらっていなかっただけ。この感覚を思い出させていただけたことに大感謝でした。


<最高の、最強のパートナーが>

 ほとんどの人は「人の話をよく聞きなさい」とは教えられますが「自分の命の声を聴きなさい」とは教えられないで生きていると思います。

 答えは外側にあると思い込み、地平線の彼方を目指し、途方もない思いを持ちながらも歩いていけば、きっと答えが見つかると思い、時には、邪魔者と戦う方法を学び教えられ、そんな旅をしているのだと思います。しかし、地球は丸いので、一周して自分にたどり着きます。

 旅路の途中で疲れ果てた時に、命の声を聞く人もいれば、一周めぐって自分が外側
にばかり目を向け、答えが足元にあったことに気づき、自分に呆れた時に命の声を聞く人もいると思います。

 自分をしっかり導いてくれる最高の最強のパートナーが毎日自分のなかにいるということを確信することができて大感謝、大満足でした。


<二か月が過ぎて>

 自分自身をしっかりほめていると、いい意味で周りが気にならなくなりました。人からほめられることが多くなり、自分もしぜんと周囲の人をほめることが多くなっています。
 
 さらに、常に自分自身に焦点が当たっている感じで、迷わなくなりました。自分の決めたことを尊重できる感じです。決めるまでのスピードも速くなり、その結果、次々にシンクロが起き続けています。

 自分に必要なものが向こうから飛んで来る感じです。一瞬、決めたことが自分の不利な状況で現象界に現れたとしても、私は、私と繋っている大いなる視点から決めたことだから、これも次なる適切なシナリオへの好転反応だと自分を信頼することができています。 余計な不安や恐れを自分自身が消してくれている感じがしています。周りの反応に振り回されず、自分の魂と大いなる源と繋がって、自分のやるべきことをやろうと、自分の天命使命を果たすことについてのコミットメントが強くなった気がします。




再受講のたびに新しい気づきが

        インストラクター 宮島雅美



たくさんのギフトをいただきました


 再受講を何回もさせていただき、その度に、新しい気づきがあることが喜びです。

 手塚先生の、脳科学や遺伝子のお話も、頭で理解するのではなく、自然に体に滲みこんで行くような感覚を受けます。

 「思考は言葉によって創られる。」再受講を重ね、その言葉の理解度が上がり、自分の意識が確実に変化してきました。抱え込んできたこだわりが、だんだん薄くなって消えていくのです。

 それは、私の内側から自然に湧き起ってきます。長年、私が求めていたものはこれだ!この感覚だ!改めて、講座の素晴らしさを身をもって実感した瞬間でした。

 私は、「ほめ日記」とセパの「命の声を聴く一日集中講座」で人生のかけがいのない宝物を授かったのです。私の命さん本当にありがとう! 


具体的な変化

 「ほめ日記」はわたしの命そのものです。どんなときも私を応援し励まし,勇気をくれます。心より「ほめ日記」に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

私の変化を具体的に言うと――

 ・確実に、集中力が増してきました。
 ・行動力が増してきました。
 ・自分を好きになり信頼できるようになりました。
 ・マイナスの思いぐせ、口ぐせに気づくのが早くなり、すぐ切り替えられるようになりました。
 ・自分をほめるのが上手になって、他の人の良いところに目が行くようになり、素直にほめ言葉が言えるようになりました。
 ・お相手の方が笑顔を返してくれるようになりました。

 毎日、温かい幸せな気持ちを頂いています。掛け替えのない本当の自分に出会うことができ、生きる力が湧き、前へ踏み出すことができました。

 くり返しになりますが「ほめ日記」に出合えたことに大感謝です。これは自分らしく生きるためのバイブルです。



セパでは自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!
せぱ通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、セパへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  



























































特定非営利活動法人 自己尊重プラクティス協会(略称セパ) セパ通信 32号